マニュアル キャンセル

Illustrator での 3D グラフィックの作成

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Illustrator のもっと知るパネルで学習を高速化
      3. ドキュメントの作成
      4. ツールバー
      5. デフォルトのショートカットキー
      6. ショートカットキーのカスタマイズ
      7. アートボード入門
      8. アートボードの管理
      9. ワークスペースのカスタマイズ
      10. プロパティパネル
      11. 環境設定の指定
      12. タッチワークスペース
      13. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      14. 編集の取り消しとデザインヒストリーの管理
      15. ビューを回転
      16. 定規、グリッド、ガイド
      17. Illustrator でのアクセシビリティ
      18. セーフモード
      19. アートワークの表示
      20. Illustrator での Touch Bar の使用
      21. ファイルとテンプレート
    3. Illustrator のツール
      1. ツール一覧
      2. 選択ツール
        1. 選択
        2. ダイレクト選択
        3. グループ選択
        4. 自動選択
        5. 投げ縄
        6. アートボード
      3. ナビゲートツール
        1. 手のひら
        2. ビューを回転
        3. ズーム
      4. ペイントツール
        1. グラデーション
        2. メッシュ
        3. シェイプ形成
      5. テキストツール
        1. 文字
        2. パス上文字
        3. 縦書き文字
      6. 描画ツール
        1. ペン
        2. アンカーポイントの追加
        3. アンカーポイントの削除
        4. アンカーポイント
        5. カーブ
        6. 直線セグメント
        7. 長方形
        8. 角丸長方形
        9. 楕円形ツール
        10. 多角形
        11. スター
        12. ペイントブラシ
        13. 塗りブラシ
        14. 鉛筆
        15. Shaper
        16. スライス
      7. ツールを変更
        1. 回転
        2. リフレクト
        3. 拡大/縮小
        4. シアー
        5. 自由変形
        6. スポイト
        7. ブレンド
        8. 消しゴム
        9. はさみ
        10. Dimension
    4. 生成 AI(中国本土ではご利用いただけません)
      1. テキストプロンプトを使用してベクターグラフィックを生成
      2. テキストプロンプトを使用してアートワークを再配色
    5. クイックアクション
      1. レトロテキスト
      2. ネオン光彩テキスト
      3. 学校の古いテキスト
      4. アートワークを再配色
      5. スケッチをベクターに変換
  3. Illustrator web 版(Beta)
    1. Illustrator web 版(Beta)の概要
    2. Illustrator web 版(Beta)FAQ
    3. トラブルシューティングに関する FAQ
    4. Illustrator web 版(Beta)のキーボードショートカット
    5. web 上でのシェイプの作成と組み合わせ
    6. web 上でのテキストの追加と編集
    7. web 上でのカラーとグラデーションの適用
    8. web 上でのパスの描画と編集
    9. web 上でのクラウドドキュメントの操作
    10. web 上での編集への共同編集者の招待
  4. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリ設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. テキスト編集とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  5. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. ドキュメントをレビュー用に共有
      4. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      5. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  6. コンテンツの追加と編集
    1. 描画と寸法記入
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 長方形グリッドと同心円グリッドの描画
      7. フレアの描画と編集
      8. 画像トレース
      9. パスの単純化
      10. シンボルツールとシンボルセット
      11. パスセグメントの調整
      12. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      13. 遠近グリッドの作成と編集
      14. 遠近法グリッド上でのオブジェクトの描画と変更
      15. 繰り返し使用するためのシンボルとしてのオブジェクトの使用
      16. Web ワークフローのピクセル整合パスの描画
      17. 寸法を測定して入力
    2. 3D オブジェクトおよびマテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトへのアートワークのマッピング
      4. 3D テキストの作成
      5. 3D オブジェクトの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトのコピーと複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
      9. オブジェクトのクロスと重なり
      10. 写実的なアートのモックアップを作成
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの追加とテキストオブジェクトの操作
      2. 箇条書きの作成
      3. テキストエリアの管理
      4. フォントとテキスト編集
      5. 画像内のテキストを編集可能なテキストに変換
      6. テキストへの基本的な書式の追加
      7. テキストへの詳細フォーマットの追加
      8. テキストの読み込みと書き出し
      9. 段落の書式設定
      10. 特殊文字
      11. パステキストの作成
      12. 文字スタイルと段落スタイル
      13. タブ
      14. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      15. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      16. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      17. 3D テキスト効果を作成
      18. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      19. 文字の拡大・縮小と回転
      20. 行間と字間
      21. ハイフネーションと改行
      22. スペルチェックと言語の辞書
      23. 日本語の書式設定
      24. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      25. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      26. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. アピアランス属性
      4. スケッチとモザイクの作成
      5. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      6. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. スライスと画像マップ
  7. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. 複数ファイルの配置
      2. リンクされたファイルと埋め込みファイルの管理
      3. リンク情報
      4. 画像の埋め込み解除
      5. Photoshop からのアートワークの読み込み
      6. ビットマップ画像の読み込み
      7. Adobe PDF ファイルの読み込み
      8. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. 書き出し
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ドキュメント情報パネル
  8. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  9. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  10. トラブルシューティング 
    1. 既知の問題
    2. クラッシュの問題
    3. クラッシュ後のファイルの回復
    4. ファイルの問題
    5. サポートされるファイル形式
    6. GPU デバイスドライバーの問題
    7. Wacom デバイスの問題
    8. DLL ファイルの問題
    9. メモリの問題
    10. 環境設定ファイルの問題
    11. フォントに関する問題
    12. プリンターの問題
    13. クラッシュレポートをアドビと共有
    14. Illustrator のパフォーマンスの改善

Adobe Substance から供給された 3D 効果、照明、およびマテリアルを適用して、Illustrator でリアルなオブジェクトを作成する方法を学びます。

Adobe Illustrator ディープリンク

アプリで試す
プロジェクトに沿って、いくつかの簡単な手順で 3D グラフィックスを作成します。

様々なライトのシナリオで表示されるリアルなテクスチャを使用して、3D 効果、ライト、およびマテリアルを 2D ベクターグラフィックスに適用できます。次に、レイトレーシングを使用してレンダリングすると、リアルな 3D グラフィックを簡単に作成できます。

このデザイン例に示されているように、3D 効果を適用したベクターアートのサンプルを再現する方法をご紹介します。

結果
サンプルの 3D ベクターデザイン

3D アートワーク作成の 3 ステップ

紙にお気に入りのアートを描き、それを Illustrator にトレースし、押し出し、回転、Substance マテリアルなどの 3D 効果を適用することから始めます。適切なライトとシャドウでデザインを仕上げてから、アートワークをレンダリングします。

ベクターアートを作成

紙に鉛筆で描いたスケッチの画像は、画像トレース機能を使ってベクターアートワークに変換できます。サンプル 2D アートワークをダウンロードしていろいろと試してみることもできます。

ベクターアート
2D アートワークのサンプル

  1. 好きなアートを紙に描いてください。例えば、Flora という文字を使います。 
  2. ドキュメントのラスタライズ画像の読み込みには llustrator でファイル/配置を使用します。  
  3. オブジェクト/画像トレース/作成を選択して、画像トレースのデフォルトオプションを実行します。

アートワークに 3D 効果を適用

ベクターアートワークに 3D 効果を適用する前に、3D とマテリアルパネルで利用可能な「オブジェクト」、「マテリアル」、または「ライト」オプションとプリセットを調べてください。3D とマテリアルパネルはウィンドウ/3D とマテリアルをクリックすると表示されます。

オブジェクト

3D タイプ
3D およびマテリアルパネルの 3D タイプ

A. 平面    

オブジェクトを平面上に平らにします。 

A. 押し出し

2D オブジェクトを拡張して奥行きを追加します。 

A. 回転体    

パスまたはプロファイルを円方向にスイープします。 

A. 膨張

平らなオブジェクトを膨らませます。 

B. 奥行き

オブジェクトの奥行きを 0 から 2000 まで設定します。 

C. ねじり

オブジェクトに最大 360° のねじりを適用します。

D. テーパー

オブジェクトを 100%から 1%まで先細にします。

E. キャップ

オブジェクトが立体または空洞のどちらで表示されるかを指定します。 

F. ベベル

オブジェクトの奥行きに沿ってベベルのエッジを適用します。 

G. プリセット

方向、軸、およびアイソメトリック法に基づいて回転プリセットを適用します。 

H. 垂直回転

オブジェクトを -180° から 180° まで垂直に回転させます。

I. 水平回転

オブジェクトを -180° から 180° まで水平に回転させます。

J. 円回転

オブジェクトを -180° から 180° まで円周上で回転させます。

K. 遠近感

オブジェクトの遠近感を 0° から 160° まで変更します。

マテリアル

Substance マテリアル
3D およびマテリアルパネルのマテリアル

A. ベースマテリアル   

デフォルトのプリセットマテリアルを適用します。 

B. Adobe Substance マテリアル

Adobe Substance マテリアルの一部を適用できます。

C. Substance 3D アセット

Adobe Substance アセットからマテリアルを追加します。

D. Substance コミュニティのアセット

Adobe Substance コミュニティのマテリアルを追加します。

E. 新規マテリアルとグラフィックの追加

マテリアルの追加:パネルに新しいマテリアルを追加します。

グラフィックの追加:アートワークをグラフィックとして追加します。グラフィックスを使用して、3D オブジェクト上にアートワークをマッピングすることができます。

F. マテリアルプロパティ

基本マテリアルに 0 から 1 までの粗さとメタリックのプロパティを適用します。プロパティは、Adobe Substance マテリアルごとに異なります。

ライト

3D とマテリアルパネルの「ライト」タブには、ライトのプリセット、ライトのウィジェット、およびその他のライトのコントロールがあります。
3D およびマテリアルパネルのライト

A. プリセット   

標準、拡散、左上、右面などの事前設定されたライト効果をアートワークにすばやく適用します。

B. ライトのウィジェット

光源をドラッグしてライトの角度を調整できます。

C. 光源

複数の光源で、3D オブジェクトがよりよく照らされます。

D. 選択したライトをオブジェクトの前面/背面に移動

選択したライトをオブジェクトの前面にある場合は背面に移動します。その逆も同様です。

E. 強度

選択したライトの明るさを 0%から 100%の値に変更します。

F. 回転

オブジェクトの周りの光の焦点を -180° から 180 までの値で回転させます。

G. 高さ

オブジェクトが低い位置にあり影が短い場合は、ライトを近づけ、0° から 90° では逆にします。

H. 柔らかさ

ライトがどのように広がるかを決定します。拡散プリセットを 0% から 100% の値でオーバーライドします。

I. 環境光強度

0%~ 200%の範囲で、全体的なライトの強度をコントロールします。

J. シャドウ

トグルボタンがオンの時、アートワークにシャドウを適用します。

K. 位置

シャドウを適用する位置をオブジェクトの後ろまたはオブジェクトの下のいずれかから選択します。

L. オブジェクトからの距離

オブジェクトとシャドウの距離を、0% ~ 100% の値で調整します。

M. シャドウの境界

10% ~
400%までの値でシャドウの境界を適用します。

押し出し、マテリアル、ライト、シャドウ効果の適用

上記のセクションで利用可能なすべての 3D 効果とマテリアルオプションについて説明しましたので、読み込みしたベクターアートワークに押し出しと回転Adobe Substance マテリアルライト、強さ、シャドウ効果を適用できます。

これらの制限事項とエラーメッセージを理解した上で、3D 効果を適用してください。

  • レイトレーシングが有効になっている場合、オブジェクトの複雑さやサイズに応じて遅延が発生します。複雑なパスを持つオブジェクトには、3D 効果は部分的に適用されます。 
  • 3D 効果は、すべてのオブジェクトタイプでサポートされているわけではありません。例えば、ラスターイメージやアンカーポイントが一つのオブジェクトなどです。 

押し出しと回転

押し出し効果を 2D アートワークへ適用する方法を学ぶには、この 17 秒のビデオをご覧ください。 

  1. ベクターアートの作成で作成したアートワークを選択します。  

  2. 効果/3D とマテリアル/押し出し・ベベルをクリックします。3D とマテリアルパネルが表示されます。

  3. 奥行きねじりテーパーを設定します。

  4. 回転/プリセット/オフアクシス法 - 前面を選択し、X 軸と Y 軸の値を 0° ~ 360° の間の適切な値に設定します。

回転と遠近感

またオブジェクトの回転や、オブジェクトを見る視点を設定することができます。

 

遠近感を調整するには、3D とマテリアルオブジェクト3D の種類遠近感スライダーで、0 〜 160 の範囲内の値を選択します。

角度を小さくするとカメラの望遠レンズで見たような遠近感になり、大きくすると広角レンズで見たような遠近感になります。

パースカメラ
オブジェクトに遠近感を追加

Adobe Substance マテリアル

押し出し効果をベクターアートワークへ適用後、3D マテリアルを適用する方法を学ぶことができます。 

3D マテリアル
マテリアル適用後の 3D アートワーク

  1. 押し出し適用後にベクターアートワークを選択します。

  2. 3D 効果パネルから「マテリアル」を選択します。リストからマテリアルを選択するか、 アイコンをクリックして独自のマテリアルを追加します。

    独自のマテリアルを追加することも、無料のコミュニティAdobe のマテリアルから選択することもできます。サブスクリプションプランを使用して、多数の Adobe Substance 3D マテリアルを追加することもできます。

  3. マテリアルのプロパティ」をクリックして、パラメーターを適用し、または位置、チャネル、フィルターを変更します。

ライト、強度、シャドウ

3D オブジェクトにマテリアルの適用後、ライトと影を追加できます。

3D とマテリアルパネルの「ライト」タブには、反対方向からの 2 つの光源が表示されます。
3D オブジェクトにライトを追加する

  1. ライト」を 3D とマテリアルパネルから選択します。

  2. ライトを追加するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 単一のライト:標準」、「拡散」、「」、または「右面」などのデフォルトのプリセットを選択します。ライトの角度を調整するには、ライトのウィジェット内でライトをドラッグするか、回転スライダーと高さスライダーを使用します。
    • 複数のライト: を使用して、最大 10 個のライトを追加できます。複数のライトの角度を調整するには、ライトのウィジェット内でそれらをドラッグするか、リストでライトを選択して回転スライダーと高さスライダーを使用します。

    選択したライトをオブジェクトの背面に移動」を選択して、オブジェクトの後ろにライトを配置します。

  3. 必要に応じて、カラー強度柔らかさを調整します。複数のライトがある場合は、リストからライトを選択して、カラー強度柔らかさを調整します。

  4. 環境光/強度」を選択し、0 ~ 200%の値を設定します。

  5. シャドウ」切り替えスイッチボタンを選択してシャドウを適用します。位置オブジェクトからの距離シャドウの境界などのパラメーターを使用して、シャドウ効果をカスタマイズできます。 

    複数のライトを追加してシャドウを有効にしても、リアルタイムのプレビューでは 1 つのシャドウしか表示されません。すべてのライトのシャドウを表示するには、「レイトレーシングでレンダリング」に切り替えます。

アートワークをレンダリング

ベクターアートに 3D 効果を適用した後、レイトレーシングでレンダリングを用いてより効率的に、より高品質でリアルな 3D グラフィックアートワークを作成できます。レイトレーシングを使用すると、光線がオブジェクト上で跳ね返るときのパスをトレースすることで、リアルな 3D グラフィックスを作成できます。

レイトレーシングとレンダリングを有効または無効にするには、3D とマテリアルパネルの右上隅にあるレイトレーシングでレンダリングアイコンを選択します。

3D とマテリアルパネルでレイトレーシングを選択してレンダリングします。
レイトレーシングを使用してレンダリングし、3D オブジェクトにリアルなライトを作成します。

レイトレーシング設定

レイトレーシングの品質、ノイズ、ラスターオプションを変更することもできます。レンダリング設定を、右上隅の 3D とマテリアルパネルから選択します。

  • レイトレーシング」切り替えスイッチボタンを選択して有効または無効にします。
  • ラスタライズ設定」を選択して、ラスター画像の解像度、カラー、背景を変更することもできます。
  • 品質」で「」を選択し、「レンダリング」をクリックすると、業界最高レベルの品質でアートワークがレンダリングされます。

アートワークをレンダリング際に CPU 使用率を最適化する方法については、いくつかのベストプラクティスを参照してください。

3D オブジェクトをワイヤフレームとしてレンダリングまたは拡張

ワイヤフレームを使用し、3D オブジェクトの基礎となる構造を表示して、正確かどうかを確認できます。次のいずれかの操作を行います。

  • ワイヤフレームとしてレンダリング:レンダリング設定ワイヤフレーム」を選択して、奥行きテーパーねじりなどのオブジェクトの 3D プロパティを編集します。
  • ワイヤフレームとして拡張:オブジェクト」タブの「クイックアクション」セクションをクリックし、「ワイヤフレームとして拡張」を選択して、オブジェクトを 2D オブジェクトに変換します。

最終デザイン

Illustrator の 3D 効果の威力を学んだところで、サンプルファイルを使って、クリエイティブなデザインをワンランクアップさせてみてください。

最終的なデザインをダウンロードして、3D グラフィックアートワークを表示することもできます。

最終的なデザインをダウンロード

3D オブジェクトの書き出し

3D オブジェクトを GLTF や USD ファイル形式に書き出した後、他の 3D アプリケーションで開いて、素材やグラフィックを使用して 3D オブジェクトをさらに編集し、向上させることができます。Illustrator は、3D オブジェクトをカラー設定とともに OBJ ファイルとして書き出すこともできます。

複数のオブジェクトを書き出すときは、各オブジェクトを変更可能な個別のオブジェクトとして表示することができます。

3D オブジェクトを書き出すには、次の手順に従います。

  1. 3D とマテリアルパネルで、「3D オブジェクトを書き出し」を選択します。

    「3D オブジェクトの書き出し」を選択して、アセットの書き出しパネルを開く
    「3D オブジェクトの書き出し」を選択して、アセットの書き出しパネルを開く

  2. アセットの書き出しパネルで、3D アセットを選択し、「形式」ドロップダウンリストから「GLTF」、「USDA」、または「OBJ」を選択します。

    注意:

    アセットの書き出しパネルでは、書き出し対象として選択した 3D オブジェクトの「形式」オプションが、デフォルトで「USDA」に設定されています。

  3. 書き出し」を選択します。

アセットの書き出しパネルを使用してオブジェクトを書き出す方法について詳しくは、「アセットの収集と一括書き出し」を参照してください。

書き出したファイルを Adobe Substance 3D Stager やその他の 3D アプリケーションに読み込んで、3D オブジェクトをさらに改良することができます。 

 Substance 3D Stager を取得         


次は:3D テキスト効果の作成

ここでは、Illustrator で 3D 効果を使用する方法を説明しました。次のステップでは、基本的なツールと機能を使用して、3D テキスト効果を作成する方法について説明します。または テキストと 3D オブジェクトにクロスと重なりを適用する方法に進んでください。

アドビへのお問い合わせ

ご質問がある場合や、共有するアイデアをお持ちの場合は、Adobe Illustrator コミュニティにご参加ください。 ご意見をお待ちしております。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合