1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

  2. 効果/スタイライズ/ドロップシャドウを選択します。

  3. ドロップシャドウに関する以下のオプションを設定して、「OK」をクリックします。

    モード

    ドロップシャドウの描画モードを指定します。

    不透明度

    ドロップシャドウの不透明度を指定します。

    X 軸オフセットと Y 軸オフセット

    ドロップシャドウをオブジェクトからオフセットする距離を指定します。

    ぼかし

    影の端からぼかしの開始点までの距離を入力します。影をぼかすために、透明なラスターオブジェクトが作成されます。

    カラー

    影のカラーを指定します。

    濃さ

    ドロップシャドウに加えるブラックの割合を指定します。CMYK ドキュメントでは、ブラック以外のカラーの塗りや線が適用されたオブジェクトに 100 %の濃さでドロップシャドウを作成すると、マルチカラーのブラックの影が作成されます。ブラックのみの塗りや線が適用されたオブジェクトに 100 %の濃さでドロップシャドウを作成すると、100 %ブラックの影が作成されます。0 %の濃さでドロップシャドウを作成すると、選択したオブジェクトと同じカラーの影が作成されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー