iPhone や iPad で起動し、加工や仕上げはデスクトップでおこなう
iPhone や iPad で起動し、加工や仕上げはデスクトップで行います。

デザインのワークフローの始めに、iPad や iPhone 上でイメージを膨らませたり、トレースしたり、プロトタイピングしたりしていますか?

iPad や iPhone で利用可能な Adobe Illustrator Draw をお試しください。Draw にお気に入りのベクター描画ツールや機能を取り込んで、合理化された最新のインターフェイスに組み入れることができます。線やシェイプ、フリーフォームのイラストレーションを描画できるほか、10 の描画レイヤーと 1 つの写真レイヤーを使用できます。デスクに戻ったら、Creative Cloud の接続性を利用して、Illustrator CC や Photoshop CC で簡単に仕上げを加えることができます。

Adobe Illustrator Draw アプリについて詳しくは、こちらを参照してください。

魅力満載の Adobe Illustrator Draw アプリは iTunes App ストアからダウンロードできます(iPhone と iPad に対応)。

ベクターグラフィックについて

ベクターグラフィック(ベクターシェイプまたはベクター画像とも呼ばれる)は、幾何学的特性によって画像を記述するベクターと呼ばれる数学的オブジェクトで定義された直線と曲線で構成されます。

細部を損なうことなく自由に移動したり変更したりできますこれは、ベクターシェイプが解像度に依存しないためです。したがって、サイズ変更、PostScript プリンターへのプリント、PDF ファイルへの保存またはベクター形式を使用するグラフィックアプリケーションへの読み込みをおこなう際にも、鮮明なアウトラインを維持できます。そのため、様々なサイズや出力メディア使用されるロゴなどのアートワークに最適です。

Adobe Creative Cloud の描画ツールやシェイプツールを使用して作成するオブジェクトは、ベクターグラフィックの一例です。コピー&ペーストコマンドを使用するとCreativeCloud コンポーネント間でベクターグラフィックをコピーできます。

パスの概要

描画すると、パスと呼ばれる線が作成されます。パスは、直線または曲線のセグメントで構成されます。各セグメントの始点と終点はアンカーポイントで示され、ワイヤーを固定するピンのような働きをします。パスには、クローズパス(例えば、円)と離れた端点をもつオープンパス(例えば、波形線)とがあります。

パスの形状を変更するには、パスのアンカーポイント、アンカーポイントに表示される方向線の先端にある方向点、またはパスセグメント自体をドラッグします。

パスの構成要素
パスの構成要素

A. 選択されている(黒い正方形)端点 B. 選択されているアンカーポイント C. 選択されていないアンカーポイント D. 曲線のパスセグメント E. 方向線 F. 方向点 

パスには、コーナーポイントとスムーズポイントという 2 種類のアンカーポイントが作成されます。コーナーポイントでは、パスの方向が大きく変わります。スムーズポイントでは、パスセグメントは連続する曲線として連結されます。コーナーポイントとスムーズポイントを自由に組み合わせてパスを作成できます。不適切な種類のポイントを作成した場合は、いつでも変更できます。

パス上のポイント
パス上のポイント

A. 4 つのコーナーポイント B. 4 つのスムーズポイント C. コーナーポイントとスムーズポイントの組み合わせ 

コーナーポイントでは、2 つの直線セグメントまたは曲線セグメントを連結できますが、スムーズポイントでは 2 つの曲線セグメントだけを連結できます。

コーナーポイントでは、直線セグメントと曲線セグメントの両方を連結できます。
コーナーポイントでは、直線セグメントと曲線セグメントの両方を連結できます。

注意:

コーナーポイント、スムーズポイントを直線セグメント、曲線セグメントと混同しないように注意してください。

は、パスのアウトラインを指します。塗りはオープンパスまたはクローズパスの内側の領域に適用されるカラーまたはグラデーションを指します。線には、太さ、色および破線パターン(Illustrator および InDesign)、または定型化された線のパターン(InDesign)を指定できます。線と塗りの属性は、パスやシェイプを作成した後でも変更できます。

InDesign では、各パスにセンターポイントも表示されます。これは、シェイプの中央を示しますが、パスの一部ではありません。センターポイントを使用してパスをドラッグしたり、パスを他の要素に整列させたり、パス上のすべてのアンカーポイントを選択したりすることができます。センターポイントは常に表示され、非表示にしたり削除したりすることはできません。

方向線と方向点

曲線セグメントを連結するアンカーポイントを選択すると(またはセグメント自体を選択すると)、セグメントを連結するアンカーポイントに方向ハンドルが表示されます。方向ハンドルは、方向線で構成され、その先端には方向ポイントがあります。方向線の角度と長さによって、曲線セグメントの形状とサイズが決まります。方向点を移動すると、曲線の形状が変化します。方向線は、最終出力には表示されません。

スムーズポイントには、常に同時に動く一直線上の 2 本の方向線があります。スムーズポイント上の方向線を移動すると、そのアンカーポイントで連結されたセグメントは連続する曲線を維持したまま、両側の曲線セグメントが同時に調整されます。

これに対して、コーナーポイントには、結合されている曲線セグメントの数(2 つ、1 つまたはなし)と同じ数の方向線(2 本、1 本またはなし)があります。コーナーポイントの方向線の角度はそれぞれ異なります。コーナーポイント上の方向線を移動すると、そのポイントに対して方向線と同じ側の曲線だけが調整されます。

アンカーポイントを選択した状態(左)と、アンカーポイントで連結されている曲線セグメント上に方向線が表示された状態(右)
アンカーポイントを選択した状態(左)と、アンカーポイントで連結されている曲線セグメント上に方向線が表示された状態(右)

スムーズポイント上(左)とコーナーポイント上(右)の方向線の調整
スムーズポイント上(左)とコーナーポイント上(右)の方向線の調整

方向線は、アンカーポイントの位置で、曲線の半径に対して常に垂直に接しています。各方向線の角度によって曲線の弧が決定され、長さによって曲線の高さと深さが決定されます。

方向線を移動したり、長さを変更したりすると、曲線の弧が変わります。
方向線を移動したり、長さを変更したりすると、曲線の弧が変わります。

注意:

Illustrator では、表示/境界線を表示を選択するか、表示/境界線を隠すを選択することにより、アンカーポイント、方向線および方向点を表示するか、非表示にするかを指定できます。

方向線と方向点のアピアランスの指定

方向線(ハンドル)を表示すると、操作の邪魔になることがありますが、ポイントとパスを操作する際は、この方向線を表示する必要が生じる場合があります。方向線は、選択した複数のアンカーポイントに対して表示したり、非表示にしたりできます。アンカーポイントが 1 つの場合、方向線は常に表示されます。

方向線の表示と非表示は、個別に指定することも、環境設定で指定することもできます。

選択したアンカーポイントに対する方向線の表示または非表示

  1. ダイレクト選択ツールを使用して、目的のアンカーポイントを選択します。

  2. コントロールパネルで、「選択した複数のアンカーポイントのハンドルを表示」 または「選択した複数のアンカーポイントのハンドルを隠す」 をクリックします。

アンカーポイント、ハンドル、バウンディングボックスの表示サイズの調整

  1. 編集環境設定選択範囲・アンカー表示(Windows)または Illustrator環境設定選択範囲・アンカー表示(Mac OS)を選択します。

  2. 「アンカーポイントとハンドルの表示」エリアで、以下のいずれかを指定します。

    サイズ

    アンカーポイント、ハンドル、バウンディングボックスの表示サイズを変更するには、スライダーを調整します。

    adjust-anchor-point-display-size_1

    カーソルを合わせたときにアンカーを強調表示

    マウスのカーソルのすぐ下にあるアンカーポイントを強調表示します。

    ハンドルスタイル

    ハンドルの端点(方向点)の表示を以下のように指定します。

    • 方向点を青い塗りつぶし円として表示します。

    • 方向点を白い塗りつぶし円として表示します。

    複数アンカーを選択時にハンドルを表示

    ダイレクト選択ツールまたはグループ選択ツールを使用してオブジェクトを選択する場合に、選択したすべてのアンカーポイント上で方向線を表示します。このオプションを選択しない場合、アンカーポイントの方向線が表示されるのは、アンカーポイントがそのパスで選択されている唯一のアンカーポイントであるとき、または方向線の曲線セグメントが選択され、その始点であるアンカーポイントが選択されていないときです。

描画方法

Illustrator には、次の描画方法があります。

  • 標準描画(

  • 背面描画(

  • 内側描画(

内側描画モードが有効なオブジェクトには、開いた破線の長方形が表示されます。
内側描画モードが有効なオブジェクトには、開いた破線の長方形が表示される(図 C)

デフォルトの描画方法は標準描画です。描画方法は、ツールパネル下部の描画方法パネルから選択できます。

描画方法パネル
描画方法パネル

描画方法を切り替えるには、ツールパネルの描画方法パネルをクリックして、描画方法を選択します。描画方法は、ショートカットキーの Shift + D キーを使用して切り替えることもできます。

注意:

「ペースト」、「同じ位置にペースト」および「すべてのアートボードにペースト」オプションは、描画方法の違いを認識します。ただし、「前面へペースト」と「背面へペースト」コマンドは、描画方法による影響を受けません。

様々な描画モードの使用方法に関するビデオについては、www.adobe.com/go/lrvid5209_ai_jp を参照してください。

背面描画モード

背面描画モードでは、アートワークを選択していない場合、選択されているレイヤーのすべてのアートワークの背面に描画できます。アートワークを選択している場合、新しいオブジェクトは選択したオブジェクトの真下に描画されます。

背面描画モードは、次の場合に便利です。

  • 新しいレイヤーを作成する場合

  • シンボルを配置する場合

  • ファイルメニューからファイルを配置する場合

  • Alt キーを押しながらドラッグしてオブジェクトを複製する場合

  • 「同じ位置にペースト」および「すべてのアートボードにペースト」オプションを使用する場合

内側描画モード

内側描画モードを使用すると、選択したオブジェクトの内側に描画できます。内側描画では、描画、スタック順序の変更、選択、クリッピングマスクなどの多くのタスクをおこなう必要がありません。

内側描画モードは、オブジェクト(パス、複合パス、テキストなど)を 1 つだけ選択しているときにのみ有効です。

内側描画モードを使用してクリッピングマスクを作成するには、内側での描画をおこなうパスを選択し、描画方法を内側描画に切り替えます。以降のパスは、標準描画に切り替えるまで、内側描画に切り替えたとき(Shift + D キーまたはダブルクリック)に選択したパスにクリップされます。

注意:

内側描画を使用して作成されたクリッピングマスクでは、オブジェクト/クリッピングマスク/作成のメニューコマンドを使用する場合と異なり、クリッピングパスのアピアランスが維持されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー