マニュアル キャンセル

描画の基本

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Illustrator のもっと知るパネルで学習を高速化
      3. ドキュメントの作成
      4. ツールバー
      5. デフォルトのショートカットキー
      6. ショートカットキーのカスタマイズ
      7. アートボード入門
      8. アートボードの管理
      9. ワークスペースのカスタマイズ
      10. プロパティパネル
      11. 環境設定の指定
      12. タッチワークスペース
      13. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      14. 編集の取り消しとデザインヒストリーの管理
      15. ビューを回転
      16. 定規、グリッド、ガイド
      17. Illustrator でのアクセシビリティ
      18. セーフモード
      19. アートワークの表示
      20. Illustrator での Touch Bar の使用
      21. ファイルとテンプレート
    3. Illustrator のツール
      1. ツール一覧
      2. 選択ツール
        1. 選択
        2. ダイレクト選択
        3. グループ選択
        4. 自動選択
        5. 投げ縄
        6. アートボード
      3. ナビゲートツール
        1. 手のひら
        2. ビューを回転
        3. ズーム
      4. ペイントツール
        1. グラデーション
        2. メッシュ
        3. シェイプ形成
      5. テキストツール
        1. 文字
        2. パス上文字
        3. 縦書き文字
      6. 描画ツール
        1. ペン
        2. アンカーポイントの追加
        3. アンカーポイントの削除
        4. アンカーポイント
        5. カーブ
        6. 直線セグメント
        7. 長方形
        8. 角丸長方形
        9. 楕円形ツール
        10. 多角形
        11. スター
        12. ペイントブラシ
        13. 塗りブラシ
        14. 鉛筆
        15. Shaper
        16. スライス
      7. ツールを変更
        1. 回転
        2. リフレクト
        3. 拡大/縮小
        4. シアー
        5. 自由変形
        6. スポイト
        7. ブレンド
        8. 消しゴム
        9. はさみ
    4. クイックアクション
      1. レトロテキスト
      2. ネオン光彩テキスト
      3. オールドスクール テキスト
      4. アートワークを再配色
      5. スケッチをベクターに変換
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリ設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. テキスト編集とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. ドキュメントをレビュー用に共有
      4. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      5. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. Web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D オブジェクトおよびマテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトへのアートワークのマッピング
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトのコピーと複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
      9. オブジェクトのクロスと重なり
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの追加とテキストオブジェクトの操作
      2. ブレットリストおよび番号リストの作成
      3. テキストエリアの管理
      4. フォントとタイポグラフィ
      5. 書式設定の種類
      6. テキストの読み込みと書き出し
      7. 段落の書式設定
      8. 特殊文字
      9. パステキストの作成
      10. 文字スタイルと段落スタイル
      11. タブ
      12. テキストと文字
      13. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      14. Illustrator 10 からのテキストの更新
      15. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      16. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      17. 3D テキスト効果を作成
      18. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      19. 文字の拡大・縮小と回転
      20. 行間と字間
      21. ハイフネーションと改行
      22. テキストの機能強化
      23. スペルチェックと言語の辞書
      24. 日本語の書式設定
      25. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      26. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      27. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. 複数ファイルの配置
      2. リンクされたファイルと埋め込みファイルの管理
      3. リンク情報
      4. 画像の埋め込み解除
      5. Photoshop からのアートワークの読み込み
      6. ビットマップ画像の読み込み
      7. Adobe PDF ファイルの読み込み
      8. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. 書き出し
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. サポートされるファイル形式
    5. GPU デバイスドライバーの問題
    6. Wacom デバイスの問題
    7. DLL ファイルの問題
    8. メモリの問題
    9. 環境設定ファイルの問題
    10. フォントに関する問題
    11. プリンターの問題
    12. クラッシュレポートをアドビと共有
    13. Illustrator のパフォーマンスの改善
iPhone や iPad で起動し、加工や仕上げはデスクトップで行う
iPhone や iPad で起動し、加工や仕上げはデスクトップで行います。

デザインのワークフローの始めに、iPad や iPhone 上でイメージを膨らませたり、トレースしたり、プロトタイピングしたりすることをおすすめします。

iPad や iPhone で利用可能な Adobe Illustrator Draw をお試しください。Draw にお気に入りのベクター描画ツールや機能を取り込んで、合理化された最新のインターフェイスに組み入れることができます。線やシェイプ、フリーフォームのイラストレーションを描画できるほか、10 の描画レイヤーと 1 つの写真レイヤーを使用できます。デスクに戻り Creative Cloud の接続性を利用して、場所を変えることなく Illustrator や Photoshop で簡単に仕上げを加えることができます。

重要なお知らせ:

Adobe Illustrator Draw は、2021 年 7 月 19 日以降、App Store および Google Play Store からダウンロードできなくなります。このアプリを既にインストールしている場合は、2022 年 1 月 10 日まで引き続きご利用いただけます。同様の機能や強化機能を中断なく利用するには、無料の Adobe Fresco をお試しください。お持ちの Draw アセットは、Fresco の初回ログイン時に、自動的に移行されます。

ベクターグラフィックについて

ベクターグラフィック(ベクターシェイプまたはベクター画像とも呼ばれる)は、幾何学的特性によって画像を記述するベクターと呼ばれる数学的オブジェクトで定義された直線と曲線で構成されます。

細部を損なうことなく自由に移動したり変更したりできます。これは、ベクターシェイプが解像度に依存しないためです。したがって、サイズ変更、PostScript プリンターへのプリント、PDF ファイルへの保存またはベクター形式を使用するグラフィックアプリケーションへの読み込みを行う際にも、鮮明なアウトラインを維持できます。そのため、様々なサイズや出力メディアで使用されるロゴなどのアートワークに最適です。

Adobe Creative Cloud の描画ツールやシェイプツールを使用して作成するオブジェクトは、ベクターグラフィックの一例です。コピー&ペーストコマンドを使用すると、CreativeCloud コンポーネント間でベクターグラフィックをコピーできます。

パスの概要

描画すると、パスと呼ばれる線が作成されます。パスは、直線または曲線のセグメントで構成されます。各セグメントの始点と終点はアンカーポイントで示され、ワイヤーを固定するピンのような働きをします。パスには、クローズパス(例えば、円)と離れた端点をもつオープンパス(例えば、波形線)とがあります。

パスの形状を変更するには、パスのアンカーポイント、アンカーポイントに表示される方向線の先端にある方向点、またはパスセグメント自体をドラッグします。

パスの構成要素
パスの構成要素

A. 選択されている(黒い正方形)端点 B. 選択されているアンカーポイント C. 選択されていないアンカーポイント D. 曲線のパスセグメント E. 方向線 F. 方向点 

パスには、コーナーポイントとスムーズポイントという 2 種類のアンカーポイントが作成されます。コーナーポイントでは、パスの方向が大きく変わります。スムーズポイントでは、パスセグメントは連続する曲線として連結されます。コーナーポイントとスムーズポイントを自由に組み合わせてパスを作成できます。不適切な種類のポイントを作成した場合は、いつでも変更できます。

パス上のポイント
パス上のポイント

A. 4 つのコーナーポイント B. 4 つのスムーズポイント C. コーナーポイントとスムーズポイントの組み合わせ 

コーナーポイントでは、2 つの直線セグメントまたは曲線セグメントを連結できますが、スムーズポイントでは 2 つの曲線セグメントだけを連結できます。

コーナーポイントでは、直線セグメントと曲線セグメントの両方を連結できます。
コーナーポイントでは、直線セグメントと曲線セグメントの両方を連結できます。

注意:

コーナーポイント、スムーズポイントを直線セグメント、曲線セグメントと混同しないように注意してください。

は、パスのアウトラインを指します。塗りはオープンパスまたはクローズパスの内側の領域に適用されるカラーまたはグラデーションを指します。線には、太さ、色および破線パターン(Illustrator および InDesign)、または定型化された線のパターン(InDesign)を指定できます。線と塗りの属性は、パスやシェイプを作成した後でも変更できます。

InDesign では、各パスにセンターポイントも表示されます。これは、シェイプの中央を示しますが、パスの一部ではありません。センターポイントを使用してパスをドラッグしたり、パスを他の要素に整列させたり、パス上のすべてのアンカーポイントを選択したりすることができます。センターポイントは常に表示され、非表示にしたり削除したりすることはできません。

方向線と方向点

曲線セグメントを連結するアンカーポイントを選択すると(またはセグメント自体を選択すると)、セグメントを連結するアンカーポイントに方向ハンドルが表示されます。方向ハンドルは、方向線で構成され、その先端には方向ポイントがあります。方向線の角度と長さによって、曲線セグメントの形状とサイズが決まります。方向点を移動すると、曲線の形状が変化します。方向線は、最終出力には表示されません。

スムーズポイントには、常に同時に動く一直線上の 2 本の方向線があります。スムーズポイント上の方向線を移動すると、そのアンカーポイントで連結されたセグメントは連続する曲線を維持したまま、両側の曲線セグメントが同時に調整されます。

これに対して、コーナーポイントには、結合されている曲線セグメントの数(2 つ、1 つまたはなし)と同じ数の方向線(2 本、1 本またはなし)があります。コーナーポイントの方向線の角度はそれぞれ異なります。コーナーポイント上の方向線を移動すると、そのポイントに対して方向線と同じ側の曲線だけが調整されます。

アンカーポイントを選択した状態(左)と、アンカーポイントで連結されている曲線セグメント上に方向線が表示された状態(右)
アンカーポイントを選択した状態(左)と、アンカーポイントで連結されている曲線セグメント上に方向線が表示された状態(右)

スムーズポイント上(左)とコーナーポイント上(右)の方向線の調整
スムーズポイント上(左)とコーナーポイント上(右)の方向線の調整

方向線は、アンカーポイントの位置で、曲線の半径に対して常に垂直に接しています。各方向線の角度によって曲線の弧が決定され、長さによって曲線の高さと深さが決定されます。

方向線を移動したり、長さを変更したりすると、曲線の弧が変わります。
方向線を移動したり、長さを変更したりすると、曲線の弧が変わります。

注意:

Illustrator では、表示/境界線を表示を選択するか、表示/境界線を隠すを選択することにより、アンカーポイント、方向線および方向点を表示するか、非表示にするかを指定できます。

方向線と方向点のアピアランスの指定

方向線(ハンドル)を表示すると、操作の邪魔になることがありますが、ポイントとパスを操作する際は、この方向線を表示する必要が生じる場合があります。方向線は、選択した複数のアンカーポイントに対して表示したり、非表示にしたりできます。アンカーポイントが 1 つの場合、方向線は常に表示されます。

方向線の表示と非表示は、個別に指定することも、環境設定で指定することもできます。

選択したアンカーポイントに対する方向線の表示または非表示

  1. ダイレクト選択ツールを使用して、目的のアンカーポイントを選択します。

  2. コントロールパネルで、「選択した複数のアンカーポイントのハンドルを表示」 または「選択した複数のアンカーポイントのハンドルを隠す」 をクリックします。

アンカーポイント、ハンドル、バウンディングボックスの表示サイズの調整

  1. 編集環境設定選択範囲・アンカー表示(Windows)または Illustrator環境設定選択範囲・アンカー表示(macOS)を選択します。

  2. 「アンカーポイントとハンドルの表示」エリアで、以下のいずれかを指定します。

    サイズ

    アンカーポイント、ハンドル、バウンディングボックスの表示サイズを変更するには、スライダーを調整します。

    カーソルを合わせたときにアンカーを強調表示

    マウスのカーソルのすぐ下にあるアンカーポイントを強調表示します。

    ハンドルスタイル

    ハンドルの端点(方向点)の表示を以下のように指定します。

    • 方向点を青い塗りつぶし円として表示

    • 方向点を白い塗りつぶし円として表示

    複数アンカーを選択時にハンドルを表示

    ダイレクト選択ツールまたはグループ選択ツールを使用してオブジェクトを選択する場合に、選択したすべてのアンカーポイント上で方向線を表示します。このオプションを選択しない場合、アンカーポイントの方向線が表示されるのは、アンカーポイントがそのパスで選択されている唯一のアンカーポイントであるとき、または方向線の曲線セグメントが選択され、その始点であるアンカーポイントが選択されていないときです。

描画方法

Illustrator には、次の描画方法があります。

  • 標準描画() 

  • 背面描画(

  • 内側描画(

内側描画モードが有効なオブジェクトには、開いた破線の長方形が表示されます。
内側描画モードが有効なオブジェクトには、開いた破線の長方形が表示される(図 C)

デフォルトの描画方法は標準描画です。描画方法は、ツールパネル下部の描画方法パネルから選択できます。

描画方法パネル
描画方法パネル

描画方法を切り替えるには、ツールパネルの描画方法パネルをクリックして、描画方法を選択します。描画方法は、ショートカットキーの Shift + D キーを使用して切り替えることもできます。

注意:

「ペースト」、「同じ位置にペースト」および「すべてのアートボードにペースト」オプションは、描画方法の違いを認識します。ただし、「前面へペースト」と「背面へペースト」コマンドは、描画方法による影響を受けません。

背面描画モード

背面描画モードでは、アートワークを選択していない場合、選択されているレイヤーのすべてのアートワークの背面に描画できます。アートワークを選択している場合、新しいオブジェクトは選択したオブジェクトの真下に描画されます。

背面描画は、次の場合に便利です。

  • 新しいレイヤーを作成する場合

  • シンボルを配置する場合

  • ファイルメニューからファイルを配置する場合

  • Alt キーを押しながらドラッグしてオブジェクトを複製する場合

  • 「同じ位置にペースト」および「すべてのアートボードにペースト」オプションを使用する場合

内側描画モード

内側描画モードを使用すると、選択したオブジェクトの内側に描画できます。内側描画では、描画、スタック順序の変更、選択、クリッピングマスクなどの多くのタスクを行う必要がありません。

内側描画モードは、オブジェクト(パス、複合パス、テキストなど)を 1 つだけ選択しているときにのみ有効です。

内側描画モードを使用してクリッピングマスクを作成するには、内側での描画を行うパスを選択し、描画方法を内側描画に切り替えます。以降のパスは、標準描画に切り替えるまで、内側描画に切り替えたとき(Shift + D キーまたはダブルクリック)に選択したパスにクリップされます。

注意:

内側描画を使用して作成されたクリッピングマスクでは、オブジェクト/クリッピングマスク/作成の場合と異なり、クリッピングパスのアピアランスが維持されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン