光彩(内側)または光彩(外側)の適用

  1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

  2. 効果/スタイライズ/光彩(内側)または効果/スタイライズ/光彩(外側)を選択します。

  3. 描画モードメニューの横にあるカラープレビューボックスをクリックして、光彩のカラーを指定します。

  4. 以下に示すその他のオプションを設定して、「OK」をクリックします。

    モード

    光彩の描画モードを指定します。

    不透明度

    光彩の不透明度を指定します。

    ぼかし

    選択範囲の中心またはエッジからぼかしの開始点までの距離を入力します。

    中心(光彩(内側)のみ)

    選択範囲の中心から発する光彩を適用します。

    境界線(光彩(内側)のみ)

    選択範囲の境界線の内側から発する光彩を適用します。

    注意:

    光彩(内側)効果を使用したオブジェクトを分割・拡張すると、その光彩(内側)は不透明マスクとなり、光彩(外側)効果を使用したオブジェクトを分割・拡張すると、その光彩(外側)は透明ラスタライズオブジェクトとなります。

オブジェクトの境界のぼかし

  1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

  2. 効果/スタイライズ/ぼかしを選択します。

  3. 不透明から透明へとオブジェクトの色が薄くなる距離を設定し、「OK」をクリックします。

    選択した元のオブジェクト(左)とぼかし効果を使用したオブジェクト(右)
    選択した元のオブジェクト(左)とぼかし効果を使用したオブジェクト(右)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー