セグメントリシェイプワークフローとタッチ操作への対応

パスセグメントリシェイプワークフローの機能が強化され、タッチベースのデバイスにおけるタッチ入力によってセグメントをリシェイプできます。

Illustrator の以前のリリースでは、曲線セグメントはダイレクト選択ツールを使用してリシェイプできましたが、セグメントのハンドルは常に元の角度に固定されていました。今回のリリースでは、セグメントのリシェイプ時にハンドルの角度が変わるようになりました。また、直線セグメントをドラッグするだけで曲線に変換できます。パスセグメントをリシェイプするには、次の 3 つの方法があります。

ペンツール

  1. ペンツールを使用している状態で、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押します。

  2. ポインターをパスセグメントの上に置くと、カーソルがセグメントリシェイプカーソルに変わります。

  3. セグメントをドラッグすると、パスセグメントがリシェイプします。

    ReshapeWorkflow
    ペンツールを使用して、結合したパスセグメントをリシェイプ

    A. 元のシェイプ B. セグメントリシェイプカーソルがリシェイプ可能なセグメントを表示 C. セグメントリシェイプカーソルが表示されている場合、クリック&ドラッグでセグメントのシェイプを変更 D. 必要な数だけセグメントをリシェイプ E. リシェイプが完了して完成したシェイプ 
  4. ペンツールによる描画を続けるには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を放します。

  5. 半円セグメントを作成するには、Shift キーを押しながらセグメントをリシェイプします。Shift キーを押すことで、ハンドルは垂直方向に固定されて同じ長さになります。

アンカーポイントの切り換えツール

  1. アンカーポイントの切り換えツールを選択し、ポインターをパスセグメントの上に合わせます。

  2. セグメントリシェイプカーソルが表示されたら、パスセグメントをドラッグしてリシェイプします。

    ReshapeWorkflow_AnchorTool
    アンカーポイントツールで線セグメントをリシェイプしてアートワークを編集

    A. 元のアートワーク B. アンカーポイントツールでセグメントをリシェイプ C. 編集後のシェイプ 
  3. パスセグメントのコピーを作成するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら手順 2 を実行します。

  4. 半円セグメントを作成するには、Shift キーを押しながらセグメントをリシェイプします。Shift キーを押すことで、ハンドルは垂直方向に固定されて同じ長さになります。

ダイレクト選択ツール

ダイレクト選択ツールを直線セグメントで使用すると、セグメントを移動できます。ただし、ダイレクト選択ツールで曲線セグメントをリシェイプすると、アンカーポイントの切り換えツールやペンツールと同様、ハンドルの角度が変わります。

ハンドルを垂直方向に固定

DirSelTool_ShiftKeyBehaviour_ai_1402055792290

Shift キーを押しながらペンツール、アンカーポイントの切り換えツール、ダイレクト選択ツールでセグメントをリシェイプすると、ハンドルは垂直方向に固定されます。これにより、曲線セグメントを半円シェイプにリシェイプできます。また、ハンドルは同じ長さになります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー