ライブペイントについて

アートワークをライブペイントグループに変換すると、カンバスや紙の上に描く場合と同様に自由にカラーを適用できます。各パスセグメントに様々なカラーで線を描き、囲まれた個々のパス(クローズパスだけではなく)を、様々なカラー、パターン、グラデーションで塗ることができます。

ライブペイントは、カラーの描画を作成するための直感的な方法です。ライブペイントでは、Illustrator のすべてのベクター描画ツールを使用できますが、描いたパスはすべて同じ平面上にあるものとして処理されます。つまり、描いた順序でパスが前後に配置されることはありません。その代わりに、パスにより描画面が領域に分割されます。そして、単一パスまたは複数パスセグメントのどちらで領域が区切られているかに関わらず、どの領域でも色を塗ることができます。これにより、ぬり絵や、鉛筆で描いたスケッチに水彩絵の具でペイントするのと同じ要領でオブジェクトをペイントできます。

ライブペイントグループを作成した後も、各パスは引き続き完全に編集可能です。パスを移動し形状を調整すると、用紙に絵を描く場合や画像編集プログラムの場合とは異なり、カラーが塗られていた領域が、調整されて新しく形成されたパスの領域に対して自動的にそのまま再適用されます。

ライブペイントのパスの調整
ライブペイントのパスの調整

A. オリジナル B. ライブペイントグループ C. パスの調整後、ライブペイントが更新された状態 

ライブペイントグループのペイント可能な部分を輪郭線およびといいます。1 つの輪郭線は、パスとパスの交差する部分で区切られます。面は、1 つ以上の輪郭線によって囲まれた領域です。輪郭線を描き、面を塗りつぶすことができます。

例えば、円とそれを横切るパスを考えます。これらのオブジェクトがライブペイントグループになると、円を分割するパス(輪郭線)により、円内に 2 つの面が作成されます。ライブペイントツールを使用して、異なるカラーで各面を塗りつぶし、各輪郭線を描くことができます。

円および輪郭線(左)と、ライブペイントグループに変換して面を塗りつぶして輪郭線を描いた円とライン(右)の比較
円および輪郭線(左)と、ライブペイントグループに変換して面を塗りつぶして輪郭線を描いた円とライン(右)の比較

注意:

ライブペイントでは、Illustrator がより迅速に操作をおこなう上で役立つ汎用プロセッサーを利用しています。

ライブペイントの使用に関するビデオについては、www.adobe.com/go/vid0042(英語)を参照してください。

ライブペイントの制限

塗りとペイントの属性は、他の Illustrator オブジェクトの場合とは異なり、属性を定義する実際のパスではなく、ライブペイントグループの面および輪郭線に関連付けられています。このために、ライブペイントグループの内部パスに対しては、一部の機能およびコマンドの動作が異なったり、適用できない場合があります。

個別の面や輪郭線ではなく、ライブペイントグループ全体に使用できる機能とコマンド

  • 透明

  • 効果

  • アピアランスパネルの複数の塗りおよび線

  • オブジェクト/エンベロープ

  • オブジェクト/隠す

  • オブジェクト/ラスタライズ

  • オブジェクト/スライス/作成

  • 不透明マスクを作成(透明パネルメニュー)

  • ブラシ(アピアランスパネルを使用してライブペイントグループに新しい線を追加する場合は、グループ全体にブラシを適用できます)

ライブペイントグループに対して使用できない機能

  • グラデーションメッシュ

  • グラフ

  • シンボルパネルのシンボル

  • フレア

  • 線パネルの「線の位置」オプション

  • 自動選択ツール

ライブペイントグループに対して使用できないオブジェクトコマンド

  • パスのアウトライン

  • 分割・拡張(代わりにオブジェクト/ライブペイント/分割・拡張コマンドを使用できます)

  • ブレンド

  • スライス

  • クリッピングマスク/作成

  • グラデーションメッシュを作成

ライブペイントグループに対して使用できないその他のコマンド

  • パスファインダーコマンド

  • ファイル/配置

  • 表示/ガイド/ガイドを作成

  • 選択/共通/描画モード、塗りと線、不透明度、スタイル、シンボルインスタンス、または一連のリンクブロック

  • オブジェクト/テキストの回り込み/作成

ライブペイントグループの作成

各輪郭線または交点に異なるカラーを使用してオブジェクトにカラーを適用する場合は、アートワークをライブペイントグループに変換します。

文字、ビットマップ画像、ブラシなど、ある種のオブジェクトは、ライブペイントグループに直接変換できません。これらのオブジェクトはまずパスに変換する必要があります。例えば、ブラシまたは効果を使用するオブジェクトの変換をおこなった場合、ライブペイントへの変換により複雑なアピアランスが失われます。しかし、最初にオブジェクトを通常のパスに変換し、その結果得られたパスをライブペイントに変換することにより、アピアランスの多くを維持できます。

注意:アートワークをライブペイントグループに変換すると、アートワークを元の状態に戻すことはできません。グループをその個々の構成要素に分割することや、グループを解除して、塗りのない 0.5 ポイントの黒の線を持つ元のパスに戻すことはできます。

ライブペイントの使用に関するビデオについては、www.adobe.com/go/vid0042(英語)を参照してください。

ライブペイントグループの作成

  1. パスまたは複合パス、あるいはその両方を選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクト/ライブペイント/作成を選択します。

    • ライブペイントツール を選択し、選択したオブジェクトをクリックします。

注意:

透明度や効果など、一部の属性はライブペイントグループに変換すると失われます。また、一部のオブジェクト(文字、ビットマップ画像、ブラシなど)はライブペイントグループに変換できません。

オブジェクトのライブペイントグループへの変換

  • ライブペイントグループに直接変換しないオブジェクトに対して、次の操作をおこないます。
    • テキストオブジェクトの場合、書式/アウトラインを作成を選択します。作成されたパスをライブペイントグループにします。

    • ビットマップ画像の場合、オブジェクト/ライブトレース/作成してライブペイントに変換を選択します。

    • 他のオブジェクトの場合、オブジェクト/分割・拡張を選択します。作成されたパスをライブペイントグループにします。

ライブペイントグループの拡張または解除

ライブペイントグループを解除すると、塗りのない 0.5 ポイントの黒い線による 1 つ以上の通常のパスに変更されます。ライブペイントグループを拡張すると、視覚的にはライブペイントグループに似ていても、個別に塗りと線を持つ 1 つ以上の通常のパスで囲まれたオブジェクトに変更されます。グループ選択ツールを使用してこれらのパスを個別に選択、変更することもできます。

分割・拡張し、ドラッグして面と輪郭線を分割する前のライブペイントグループ(左)と、後のライブペイントグループ(右)
分割・拡張し、ドラッグして面と輪郭線を分割する前のライブペイントグループ(左)と、後のライブペイントグループ(右)

解除コマンドの適用前のライブペイントグループ(左)と適用後のライブペイントグループ(右)
解除コマンドの適用前のライブペイントグループ(左)と適用後のライブペイントグループ(右)

  1. ライブペイントグループを選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクト/ライブペイント/拡張を選択します。

    • オブジェクト/ライブペイント/解除を選択します。

ライブペイントグループの項目の選択

ライブペイント選択ツール を使用して、ライブペイントグループ内の個々の面と輪郭線を選択します。選択ツール を使用してライブペイントグループ全体を選択し、ダイレクト選択ツール を使用して、ライブペイントグループ内部のパスを選択します。複雑なドキュメントを操作している場合は、希望する厳密な面や輪郭線を簡単に選択できるように、ライブペイントグループを分離することができます。

注意:

ライブペイントグループでの操作の対象に応じて選択ツールを選びます。例えば、ライブペイントグループ内の各面に異なるグラデーションを適用するにはライブペイント選択ツールを使用し、ライブペイントグループ全体で同じグラデーションを適用するには選択ツールを使用します。

面と輪郭線の選択

ライブペイント選択ツールのポインターは、面の上に置くと面ポインター に、輪郭線の上に置くと輪郭線ポインター に、ライブペイントグループ外部に置くと X ポインター に変化します。

  • ライブペイント選択ツールを選択し、次の操作をおこないます。
    • 個々の面または輪郭線を選択するには、面または輪郭線をクリックします。

    • 複数の面と輪郭線を選択するには、選択する項目を囲むようにドラッグします。部分的な選択も含まれます。

    • ペイントされた輪郭線によって分離されていない、連続したすべての面を選択するには、面をダブルクリックします。

    • 同じ塗りまたは線を持つ面または輪郭線を選択するには、項目をトリプルクリックします。または 1 回クリックして、選択/共通を選択し、サブメニューの「カラー(塗り)」、「カラー(線)」、または「線幅」を選択します。

    • 現在の選択内容に項目を追加したり、項目を削除したりするには、Shift キーを押しながらクリックするか、Shift キーを押しながらその項目を囲むようにドラッグします。

ライブペイントグループの選択

  • 選択ツールを使用してグループをクリックします。

ライブペイントグループ内部のオリジナルのパスの選択

  • ダイレクト選択ツールを使用して、ライブペイントグループ内部のパスをクリックします。

アートワークからのライブペイントグループの分離

  • 選択ツールで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • グループをダブルクリックします。

    • グループを選択し、コントロールパネルの選択グループ編集モードボタン をクリックします。

ライブペイントグループの変更

ライブペイントグループでパスを変更すると、変更した、または新しい面と輪郭線には、既存のグループの塗りと線が適用されます。結果が予想と異なる場合は、ライブペイントツールを使用して希望のカラーを再び適用できます。

パスの調整前のライブペイントグループ(左)と調整後のライブペイントグループ(右)
パスの調整前のライブペイントグループ(左)と調整後のライブペイントグループ(右)

輪郭線を削除すると、新たに拡張された面に塗りが広がります。例えば、円を半分に分割するパスを削除すると、その円は以前の分割されていた円内のどちらかの塗りにより塗りつぶされます。ただし、意図する結果になるように誘導することもできます。例えば、円を分割するパスを削除する前に、続けて適用したい塗りの方が削除する塗りよりも大きくなるように削除する前にパスを移動しておきます。

パスの選択および削除前のライブペイントグループ(左)と選択および削除後のライブペイントグループ(右)
パスの選択および削除前のライブペイントグループ(左)と選択および削除後のライブペイントグループ(右)

注意:

スウォッチパネルで、ライブペイントグループで使用されている塗りと線のカラーを保存します。この後、面を分割するパスの削除などで、維持する必要があるカラーが失われた場合に、そのカラーのスウォッチを選択し、ライブペイントツールを使用して塗りまたは線に再び適用することができます。

ライブペイントグループへのパスの追加

ライブペイントグループにさらにパスを追加すると、それに伴って作成される新しい面および輪郭線の塗りつぶしおよび描画をおこなうことができます。

パスを追加する前のライブペイントグループ(左)と新しいパスを追加し、それによって作成された新しい面および輪郭線にペイント後のライブペイントグループ(右)
パスを追加する前のライブペイントグループ(左)と新しいパスを追加し、それによって作成された新しい面および輪郭線にペイント後のライブペイントグループ(右)

  • 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 選択ツールを使用して、ライブペイントグループをダブルクリックするか、コントロールパネルの選択オブジェクト編集モードボタンをクリックして、そのグループを編集モードにします。次に、別のパスを描くとライブペイントグループに新しいパスが追加されます。新しいパスの追加が終了したら、編集モードを終了ボタン をクリックします。

    • ライブペイントグループと、それに追加するパスを選択します。次にオブジェクト/ライブペイント/結合を選択するか、コントロールパネルの「ライブペイント結合」をクリックします。

    • レイヤーパネルで、パスをライブペイントグループにドラッグします。

      注意:ライブペイントグループ内のパスは、ライブペイントグループ外の類似または同一のパスに正確に一致しない場合があります。

個別のオブジェクトまたはパスのサイズ変更

  • 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ダイレクト選択ツールを使用し、パスまたはオブジェクトをクリックして選択します。次に選択ツールを選択し、パスまたはオブジェクトを再び選択して編集します。

    • 選択ツールを使用して、ライブペイントグループをダブルクリックし、このグループを編集モードにします。パスまたはオブジェクトをクリックして編集します。

ライブペイントツールを使用したペイント

ライブペイントツールでは、現在の塗りと線の属性でライブペイントグループの面および境界線(輪郭線)をペイントできます。ツールポインターは、1 つまたは 3 つのカラーの正方形として表示されます。これは、選択した塗りまたは線のカラーを表します。また、スウォッチライブラリのカラーを使用している場合は、ライブラリで選択したカラーに隣接した 2 つのカラーも表します。左右の矢印キーを押すと、隣接したカラーと、その隣のカラー、さらにその隣のカラーのように、順にアクセスできます。

  1. ライブペイントツール を選択します。ライブペイントツールは、シェイプ形成ツールをクリックし、そのまま押し続けると表示されます。その他のツール選択の方法について詳しくは、ツールの選択を参照してください。すべてのツールの場所については、ツールパネルの概要を参照してください。
  2. 必要な塗りまたは線のカラーやサイズを指定します。

    注意:

    スウォッチパネルからカラーを選択する場合は、ポインターが 3 色の表示 に変わります。選択したカラーが中央に、2 つの隣接するカラーが両側に表示されます。隣接するカラーを使用するには、左向きまたは右向き矢印キーを使用します。

  3. 面をペイントするには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 面をクリックして、面を塗りつぶします(ポインターを面の上に置くと、半分塗られたペイントバケツ に変わり、塗りの内部を囲むラインが強調表示されます)。

    • 複数の面の上をドラッグして、一度に複数の面をペイントします。

    • 面をダブルクリックして、閉じられていない線の隙間を超えて隣接する面を塗りつぶします(塗りのオーバーフロー)。

    • 面をトリプルクリックして、現時点で同じ塗りを持つすべての面を塗りつぶします。

      ヒント:スポイトツールに切り替えて塗りまたは線を抽出するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、目的の塗りまたは線をクリックします。

  4. 輪郭線をペイントするには、ライブペイントツールをダブルクリックして「線をペイント」を選択するか、Shift キーを押して「線をペイント」オプションに一時的に切り替え、次のいずれかの操作を実行します。
    • 輪郭をクリックして、輪郭に線を描きます(ポインターを輪郭の上に合わせると、ポインターがペイントブラシ に変わり、輪郭が強調表示されます)。

    • 複数の輪郭線の上をドラッグして、一度に複数の輪郭線にペイントします。

    • 輪郭線をダブルクリックして、パスで結ばれた隣接する輪郭線に同じカラーでペイントします(線のオーバーフロー)。

    • 輪郭線を 3 回クリックすると、接続するすべての輪郭線に共通のカラーで線が描かれます(ただし、適用する線が異なるカラーのときには使用できません)。

      注意:Shift キーを押すと、線だけのペイントと塗りだけのペイントをすばやく切り替えることができます。これらの変更は、ライブペイントのオプションダイアログボックスで指定することもできます。現在「塗りをペイント」オプションおよび「線をペイント」オプションの両方を選択している場合は、Shift キーを押すと、「塗りをペイント」のみに切り替わります(この機能は、パスで描かれた輪郭線に囲まれた小さな面を塗りつぶす場合に便利です。ただし、適用する面が異なるカラーのときには使用できません)。

ライブペイントのオプション

ライブペイントのオプションでは、ライブペイントツールの動作を指定します。このオプションでは、塗りのみまたは線のみを選択およびペイントするか、塗りと線の両方を選択およびペイントするかを指定します。さらにツールで面および輪郭線をポイントしたときに、面および輪郭線を強調表示する方法を設定します。これらのオプションは、ライブペイントツールをダブルクリックすると表示されます。

塗りをペイント

ライブペイントグループの面をペイントします。

線をペイント

ライブペイントグループの輪郭線をペイントします。

カーソルスウォッチプレビュー

スウォッチパネルからカラーを選択すると表示されます。ライブペイントツールのポインターが 3 つのカラースウォッチ(選択した塗りまたは線のカラーと、スウォッチパネルでそのカラーの左右にあるカラー)として表示されます。

強調表示

カーソルが現在ある面のアウトラインまたは輪郭線を表示します。面は太い線で強調表示され、輪郭線は細い線で強調表示されます。

カラー

強調表示のカラーを設定します。カラーは、メニューから選択するか、カラーボックスをクリックしてカスタムカラーを指定します。

ハイライト表示の太さを指定します。

ライブペイントグループの隙間を閉じる

隙間とは交差していないパスの小さな空間です。ペイントが漏れ、意図しない面がペイントされた場合、おそらくアートワークに隙間があります。隙間を閉じる新しいパスを作成するか、既存のパスを編集して隙間を閉じるか、ライブペイントグループの隙間オプションで調整します。

注意:

パスを余分に描画する(相互に越えるまで延長する)ことにより、ライブペイントアートワークでの隙間を防止できます。次に、生じた余分な輪郭線を選択して削除するか、余分な輪郭線に「なし」の線を適用します。

ライブペイントグループの隙間の強調表示

  • 画面/ライブペイントの隙間を表示を選択します。

このコマンドは、現在選択しているライブペイントグループ上の隙間オプションの設定に基づいて、そのライブペイントグループで検出されたすべての隙間を強調表示します。

ライブペイントの隙間のオプションの設定

  • オブジェクト/ライブペイント/隙間オプションを選択し、次のいずれかを指定します。

    隙間の検出

    これを選択すると、ライブペイントのパスの隙間が認識され、その隙間へのペイントの流し込みが防止されます。これを選択すると、大きく複雑なライブペイントグループの処理が遅くなる場合があります。この場合は、「パスで隙間を閉じる」を選択することで、再び処理を早くすることができます。

    塗りの許容サイズ

    ペイントを流し込むことができない隙間のサイズを設定します。

    カスタム

    「塗りの許容サイズ」にカスタムの隙間サイズを指定します。

    隙間のプレビューカラー

    ライブペイントグループ内の隙間をプレビューするためのカラーを設定します。メニューからカラーを選択するか、隙間のプレビューカラーメニュー横のカラーボックスをクリックしてカスタムカラーを指定することもできます。

    パスで隙間を閉じる

    このオプションを選択すると、隙間へのペイントの流れ込みが防止されるのではなく、ペイントされていないパスがライブペイントグループに挿入されて隙間が閉じます。これらのパスはペイントされないので、閉じられても隙間は残っているように見えます。

    プレビュー

    選択したプレビューカラーに基づいた色付きの線として、ライブペイントグループ内で現在検出されている隙間を表示します。

結合されたライブペイントグループの隙間のルール

隙間の設定が異なるライブペイントグループを結合すると、次の規則に従って隙間が処理されます。

  • 選択したすべてのグループで隙間の検出をオフにすると、「塗りの許容サイズ」が「狭い隙間」に設定され、隙間の検出がオンになります。

  • 隙間の検出がオンで、選択したすべてのグループについて同じ場合は、隙間が閉じられ、隙間の設定が保持されます。

  • 選択箇所で隙間の検出のオンとオフを混在させると、隙間は閉じられ、最も下のライブペイントグループの設定が保持されます(そのグループについて隙間の検出がオンになっている場合)。最も下のグループで隙間の検出がオフになっている場合は、隙間の検出はオンになり、「塗りの許容サイズ」が「狭い隙間」に設定されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー