メッシュオブジェクトは、カラーを様々な方向に流し込み、ポイント間でのスムーズなカラーの移行を可能にするマルチカラーオブジェクトです。オブジェクトをメッシュオブジェクトに変換すると、メッシュラインと呼ばれる網状のラインがオブジェクト上に作成され、複数のカラーを自由に移行させたグラデーションを定義することができます。メッシュライン上のアンカーポイントを移動または編集すると、カラーの移行量や、カラーを適用する範囲を変更できます。

メッシュラインの交点は、メッシュポイントと呼ばれる特殊なアンカーポイントになっています。メッシュポイントは菱形で表示され、通常のアンカーポイントと同様に移動または編集できるほか、カラーを適用することができます。メッシュポイントを追加、削除、編集したり、各メッシュポイントのカラーを変更したりすることができます。

メッシュオブジェクトには通常のアンカーポイントも表示されます(菱形ではなく正方形で表示されます)。このアンカーポイントは他のアンカーポイントと同様に、追加、削除、編集、移動することができます。アンカーポイントは、任意のメッシュライン上に追加できます。アンカーポイントを編集するには、クリックしてから方向線をドラッグします。

4 つのメッシュポイントに囲まれた網目の部分をメッシュパッチと呼びます。メッシュパッチのカラーは、メッシュポイントと同様の方法で変更できます。

メッシュオブジェクトの図
メッシュオブジェクトの図

A. メッシュライン B. メッシュパッチ C. メッシュポイント D. アンカーポイント 

メッシュオブジェクトの作成

メッシュオブジェクトは複合パスやテキストオブジェクト以外のベクターオブジェクトから作成できます。しかし、リンクした画像からメッシュオブジェクトを作成することはできません。

メッシュオブジェクトのサイズを最小限に抑えると、編集やプリントのパフォーマンスを向上させることができます。複雑なメッシュオブジェクトを作成すると、画面表示やプリントのスピードが大幅に低下する場合があります。複雑なメッシュオブジェクトを 1 つ作成するより、単純で小さいメッシュオブジェクトを複数作成する方が、パフォーマンスへの影響は少なくなります。複雑なオブジェクトを変換する場合は、グラデーションメッシュを作成コマンドを使用すると便利です。

注意:

メッシュオブジェクトをプリントすると、EPS、PDF、PostScript の出力では特色が保持されます。

グラデーションメッシュオブジェクトの作成について詳しくは、グラデーションメッシュを使用したリアル表現のチュートリアル www.adobe.com/go/learn_ai_tutorials_gradientmesh_en を参照してください。

不規則なパターンのメッシュポイントを使用したメッシュオブジェクトの作成

  1. メッシュツール を選択し、メッシュポイントの塗りのカラーを選択します。
  2. メッシュポイントを置く位置をクリックします。

    オブジェクトは、最小数のメッシュラインを含むメッシュオブジェクトに変換されます。

  3. さらにクリック操作を続けてメッシュポイントを追加します。現在の塗りのカラーを適用しないでメッシュポイントを追加するには、Shift キーを押しながらクリックします。

規則的なパターンのメッシュポイントを使用したメッシュオブジェクトの作成

  1. オブジェクトを選択し、オブジェクト/グラデーションメッシュを作成を選択します。
  2. 「行数」と「列数」のテキストボックスでオブジェクト上に作成するメッシュラインの行と列の数を設定し、種類ポップアップメニューからハイライトの方向を選択します。

    フラット

    オブジェクトの元のカラーが表面に均等に適用されます。ハイライトはありません。

    中心方向

    オブジェクトの中央にハイライトを作成します。

    エッジ方向

    オブジェクトの輪郭線にハイライトを作成します。

  3. メッシュオブジェクトに適用するホワイトのハイライトのパーセント値を入力します。値が 100 %の場合は、最大のホワイトのハイライトがオブジェクトに適用され、0 %の場合はホワイトのハイライトはオブジェクトに適用されません。

グラデーションの塗りが適用されたオブジェクトのメッシュオブジェクトへの変換

  1. オブジェクトを選択し、オブジェクト/分割・拡張を選択します。
  2. 「グラデーションメッシュ」を選択して「OK」をクリックします。

    選択したオブジェクトはメッシュオブジェクトに変換され、円形のグラデーションの場合は円形の、線形のグラデーションの場合は長方形のメッシュが作成されます。

メッシュオブジェクトのパスオブジェクトへの変換

  1. メッシュオブジェクトを選択し、オブジェクト/パス/パスのオフセットを選択して、オフセット値に 0 を入力します。

メッシュオブジェクトの編集

メッシュオブジェクトは、メッシュポイントを追加、削除、移動したり、メッシュポイントやメッシュパッチのカラーを変更することで編集できます。さらに、メッシュオブジェクトを変換し、通常のオブジェクトに戻すこともできます。

  1. 次のいずれかの操作をおこなって、メッシュオブジェクトを編集します。
    • メッシュポイントを追加するには、メッシュツール を選択し、新しいメッシュポイントの塗りのカラーを選択します。次に、メッシュオブジェクト内のどこかをクリックします。

    • メッシュポイントを削除するには、メッシュツールを使用して Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらメッシュポイントをクリックします。

    • メッシュポイントを移動するには、メッシュツールまたはダイレクト選択ツールでそのメッシュポイントをドラッグします。メッシュライン上にメッシュポイントを保つ場合は、Shift キーを押しながらメッシュツールでメッシュポイントをドラッグします。これは、メッシュラインを変形させずに曲線のメッシュラインに沿ってメッシュポイントを移動する便利な方法です。

    ドラッグしてメッシュポイントを移動した状態(左)と Shift キーを押しながらドラッグしてメッシュポイントをメッシュライン上で移動した状態(右)
    ドラッグしてメッシュポイントを移動した状態(左)と Shift キーを押しながらドラッグしてメッシュポイントをメッシュライン上で移動した状態(右)

    • メッシュポイントまたはメッシュパッチのカラーを変更するには、メッシュオブジェクトを選択し、カラーパネルまたはスウォッチパネルのカラーをメッシュポイントまたはメッシュパッチ上にドラッグします。または、すべてのオブジェクトを選択解除した上で、塗りのカラーを選択します。次にメッシュポイントまたはメッシュパッチを選択し、スポイトツールを使用してメッシュポイントまたはメッシュパッチに塗りのカラーを適用します。

    メッシュポイントにカラーを適用した状態(左)とメッシュパッチにカラーを適用した状態(右)
    メッシュポイントにカラーを適用した状態(左)とメッシュパッチにカラーを適用した状態(右)

グラデーションメッシュの透明度の設定

グラデーションメッシュ内で透明および不透明度の値を設定できます。透明および不透明度の値は、個々のメッシュノードに割り当てることができます。透明度の値を割り当てるには次の操作をおこないます。

  1. 1 つ以上のメッシュノードまたはメッシュのパッチを選択します。
  2. 透明パネル、コントロールパネルまたはアピアランスパネルの不透明度スライダーを設定します。

    注意:

    以前の形式または EPS または PDF でオブジェクトを保存する場合、メッシュオブジェクトの透明度は不透明度マスクを作成することで維持されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー