ペイントの方法

Illustrator にはペイントの方法が 2 種類あります。

  • 塗り、線、またはこの両方をオブジェクト全体に割り当てます
  • オブジェクトをライブペイントグループに変換し、そのグループ内部のパスの輪郭線や面に個別に塗りや線を割り当てます

オブジェクトのペイント

オブジェクトを描画したら、塗り、線、または両方をそのオブジェクトに割り当てます。次に、同様にペイントできる他のオブジェクトを描き、以前のオブジェクトの上に新しい各オブジェクトのレイヤーを重ねることができます。これにより、色紙から切り取った様々な形状の紙を貼り合わせたコラージュのような結果が得られます。この場合、アートワークの外観は、レイヤーオブジェクトの重なりで最も上にあるオブジェクトに左右されます。

ブラシの使用に関するビデオについては、ブラシを使用するを参照してください。

ライブペイントグループのペイント

ライブペイントによる方法では、レイヤーまたは重なりの順序を気にすることなく、従来の彩色ツールと同じようにペイントでき、より自然なワークフローで作業できます。ライブペイントグループ内のすべてのオブジェクトは、まるで同じ平面に属するかのように処理されます。これにより、いくつかのパスを描いた後、パスによって囲まれた領域(面と呼びます)ごとに個別に色を塗ることができます。また、交点間のパス(輪郭線と呼びます)の部分に様々なカラーや線幅を付けることもできます。したがって、ぬり絵と同じ要領で、様々なカラーで各面を塗り、各輪郭線を描くことができます。ライブペイントグループ内のパスの移動および形状の変更を行うと、それに伴って面と輪郭線が自動的に調整されます。

ライブペイントの使用に関するビデオについては、ライブペイントを参照してください。

ライブペイントグループ
既存の方法でペイントした単一のパスから成るオブジェクトは、単一の塗りと単一の線を持ちます(左)。ライブペイントグループに変換した同じオブジェクトでは、面ごとに異なる塗り、輪郭線ごとに異なる線でペイントできます(右)。

ライブオブジェクトのペイント
オブジェクトをペイントすると、塗りつぶすことができない箇所が残ることがあります(左)。隙間の検出を使用してライブペイントグループをペイントする(中央)と、隙間やオーバープリントを回避できます(右)。

塗りと線について

塗りは、オブジェクト内部のカラー、パターンまたはグラデーションです。オープンパスオブジェクトおよびクローズパスオブジェクト、ライブペイントグループの面に塗りを適用できます。

線は、オブジェクトの表示されるアウトライン、パス、ライブペイントグループの輪郭線などです。線の幅や色を調整できます。また、パスオプションを使用して破線を作成したり、ブラシを使用してスタイル線をペイントしたりできます。

注意:ライブペイントグループを操作している場合は、アピアランスパネルを使用してグループに線を追加している場合にのみ、ブラシを輪郭線に適用できます。

現在の塗りおよび線のカラーがツールパネルに表示されます。

塗りと線のコントロール
塗りと線のコントロール

塗りと線のコントロール

塗りと線を設定するためのコントロールは、ツールパネル、コントロールパネルおよびカラーパネルにあります。

ツールパネルの次のいずれかのコントロールを使用してカラーを指定します。

塗りボタン 

ダブルクリックすると、カラーピッカーを使用して塗りのカラーを選択できます。

線ボタン 

ダブルクリックすると、カラーピッカーを使用して線のカラーを選択できます。

塗りと線を入れ替えボタン 

クリックすると、塗りと線の間でカラーを入れ替えることができます。

初期設定の塗りと線ボタン 

クリックすると、初期設定のカラー設定(白の塗りと黒の線)に戻すことができます。

カラーボタン 

クリックすると、グラデーションの塗りを持つオブジェクトまたは線や塗りを持たないオブジェクトに対して、最後に選択した単色を適用することができます。

グラデーションボタン 

クリックすると、選択中の塗りを、最後に選択したグラデーションに変更することができます。

なしボタン 

クリックすると、選択したオブジェクトの塗りまたは線を削除できます。

コントロールパネルの次のコントロールを使用して、選択したオブジェクトのカラーと線を指定することもできます。

塗りのカラー

クリックするとスウォッチパネルが開き、Shift キーを押しながらクリックするとカラーパネルが開くので、ここでカラーを選択します。

線のカラー

クリックするとスウォッチパネルが開き、Shift キーを押しながらクリックするとカラーパネルが開くので、ここでカラーを選択します。

線パネル

「線」という字をクリックすると線パネルが開くので、ここでオプションを指定します。

線幅

ポップアップメニューから線幅を選択します。

塗りのカラーのオブジェクトへの適用

カラー、パターン、グラデーションをオブジェクト全体に適用することも、ライブペイントグループを使用して、オブジェクト内部の様々な面に異なるカラーを適用することもできます。

  1. 選択ツール()またはダイレクト選択ツール()を使用してオブジェクトを選択します。
  2. 線ではなく塗りを適用するために、ツールパネルまたはカラーパネルの「塗り」ボックスをクリックします。

    「塗り」ボックス
    アクティブな「塗り」ボックス。「塗り」ボックスは「線」ボックスの上に表示されます。.

  3. 次のいずれかの操作を行って塗りのカラーを選択します。
    • コントロールパネル、カラーパネル、スウォッチパネル、グラデーションパネル、またはスウォッチライブラリでカラーをクリックします。

    • 「塗り」ボックスをダブルクリックし、カラーピッカーからカラーを選択します。

    • スポイトツールを使用し、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらオブジェクトをクリックすることで、現在の塗りおよび線を含めた属性をオブジェクトに適用できます。

    • なしボタン  をクリックし、オブジェクトの現在の塗りを削除します。

    注意:

    「塗り」ボックス、カラーパネル、グラデーションパネル、またはスウォッチパネルからオブジェクトにカラーをドラッグして、選択していないオブジェクトにカラーをすばやく適用することができます。ライブペイントグループではドラッグは機能しません。

ビデオチュートリアル:塗り属性や線属性の適用

ビデオチュートリアル:塗り属性や線属性の適用
Train Simple

塗りブラシツールを使用したパスの描画と結合

塗りが適用された形状を塗りブラシツールでペイントすることにより、同じカラーの別の形状と重ねて結合させることができます。

塗りブラシツールでは、カリグラフィブラシと同じ初期設定のブラシオプションが使用されます(カリグラフィブラシのオプションを参照してください)。

カリグラフィブラシ - 塗りブラシツール
カリグラフィブラシで作成されたパス(左)と塗りブラシツールで作成されたパス(右)

塗りブラシツールの使用方法に関するビデオについては、塗りブラシツールや消しゴムツールを使用する(英語)を参照してください。

塗りブラシツールのガイドライン

塗りブラシツールを使用する場合は、次のガイドラインに注意してください。

  • 結合するパスは、重なり順が隣接している必要があります。

  • 塗りブラシツールは線のパスではなく塗りのパスを作成します。塗りブラシのパスを既存のアートワークと結合する場合は、そのアートワークに同じ塗りカラーが使用されていて、線が含まれていないことを確認してください。

  • 塗りブラシツールを使用してパスを描画するとき、新しいパスは交差した最上位のパスと結合されます。新しいパスが同じグループまたはレイヤー内の複数の一致するパスと交差する場合、交差したパスはすべて結合されます。

  • 効果や透明などの塗りの属性を塗りブラシツールに適用するには、ブラシを選択し、描き始める前にアピアランスパネルで属性を設定します。

  • 塗りブラシツールを使用して、他のツールで作成したパスを結合します。そのためには、まず既存のアートワークに線が含まれていないことを確認します。次に、塗りブラシツールを同じ色の塗りカラーに設定して、結合するすべてのパスと交差する新しいパスを描画します。

結合されたパスの作成

注意:

線が含まれるパスは結合できません。

  1. 新しいパスを結合するパスを選択します。

  2. アピアランスパネルで、「新規アートに基本アピアランスを適用」の選択を解除します。これにより、塗りブラシツールに、選択したアートワークの属性が使用されます。

  3. 塗りブラシツール を選択し、選択したアートワークと同じアピアランスが使用されていることを確認します。

  4. アートワークと交差するパスを描画します。パスが結合されない場合は、塗りブラシツールの属性が既存のパスの属性と正確に一致し、いずれにも線が含まれていないことを確認します。

塗りブラシツールのオプション

ツールパネルで塗りブラシツールをダブルクリックし、次のいずれかのオプションを設定します。

選択を解除しない

パスを結合するときに、結合されたすべてのパスが選択され、描いている間中ずっと選択されたままになります。このオプションは、結合したパスに含まれているすべてのパスを表示する場合に便利です。

選択範囲のみ結合

新しい線は選択されている既存のパスとのみ結合されます。このオプションを選択した場合、新しい線は交差する選択されていない別のパスと結合しません。

精度

マウスまたはペンを移動したとき、新しいアンカーポイントをパスに追加する距離を指定します。例えば、「精度」を 2.5 にすると、ツールの移動距離が 2.5 ピクセル未満の場合は新しいアンカーポイントは追加されません。「精度」には 0.5 ~ 20 ピクセルまでの値を指定できます。大きい値を指定するほど、パスが滑らかで単純になります。

滑らかさ

ツールの使用時に適用される滑らかさを指定します。「滑らかさ」には 0 ~ 100 %の値を指定できます。大きい値を指定するほど、滑らかで単純なパスになります。

サイズ

ブラシのサイズを設定します。

角度

ブラシの回転角度を設定します。プレビューボックス内の矢印をドラッグするか、「角度」テキストボックスに値を入力します。

真円率

ブラシの丸みを設定します。プレビューボックス内で黒い点を外側または内側にドラッグするか、「真円率」テキストボックスに値を入力します。この値を大きくするほど、ペン先が丸くなります。

線から線幅のパスオブジェクトへの変換

パスのアウトラインコマンドを使用すると、選択したオブジェクトの線をその線幅で塗りのあるオブジェクトに変換することができます。例えば、様々な幅を持つ線を作成したり、変換した後に分割したりできます。

  1. オブジェクトを選択します。
  2. オブジェクト/パス/パスのアウトラインを選択します。

    この結果、グループ化された塗りと線に分割されます。複合パスを編集するには、塗りグループを塗りから解除するか、またはグループ選択ツールを使って選択します。

    注意:

    レイヤーパネルを使用してグループの内容を確認します。

オブジェクトからの塗りまたは線の削除

  1. オブジェクトを選択します。
  2. ツールパネルの「塗り」ボックスまたは「線」ボックスをクリックして、オブジェクトの塗りと線のどちらを削除するのかを指定します。

  3. ツールパネル、カラーパネル、またはスウォッチパネルのなしボタンをクリックします。

    注意:

    また、コントロールパネルで「塗り」または「線」カラーメニューのなしアイコンをクリックしても削除できます。

    「塗り」ボックスと「線」ボックス
    「塗り」ボックスと「線」ボックス

    A. 「塗り」ボックス B. 「線」ボックス C. なしボタン 

同じ塗りおよび線を持つオブジェクトの選択

塗りのカラー、線のカラー、線幅など、同じ属性を持つオブジェクトを選択できます。

注意:

選択/共通のカラー(塗り)、カラー(線)、および線幅コマンドは、ライブペイント選択ツールを使用して面または輪郭線を選択したときに、ライブペイントグループ内部で機能します。その他の選択/共通コマンドは機能しません。ライブペイントグループの内外で同時に同じオブジェクトを選択することはできません。

  • 同じ塗りと線を持つオブジェクトを選択するには、オブジェクトの 1 つを選択し、コントロールパネルの類似のオブジェクトを選択ボタン  をクリックして、選択の基準にするものを表示されるメニューから選びます。
  • 同じ塗りまたは線のカラーが適用されているすべてのオブジェクトを選択するには、その塗りまたは線のカラーが適用されているオブジェクトを 1 つ選択するか、カラーパネルまたはスウォッチパネルで該当するカラーを選択します。次に、選択/共通を選択し、サブメニューの「カラー(塗り)」、「カラー(線)」、または「塗りと線」をクリックします。
  • 同じ線幅が適用されているオブジェクトをすべて選択するには、その線幅が適用されているオブジェクトを 1 つ選択するか、線パネルで線幅を選択します。次に、選択/共通/線幅を選択します。
  • 選択/共通/カラー(塗り)を使用してレッドを含むすべてのオブジェクトを選択した後に、グリーンを含むすべてのオブジェクトを選択する場合など、直前に使用した選択オプションを他のオブジェクトに適用するには、新しいオブジェクトを選択してから、選択/再選択を選択します。

    ヒント:カラーに基づく選択でオブジェクトの濃度を考慮するには、編集/環境設定/一般(Windows)または Illustrator/環境設定/一般(Mac OS)を選択し、「同じ濃度を選択」を選択します。ここで、濃度 50 %の PANTONE Yellow C が適用されているオブジェクトを選択し、選択/共通/カラー(塗り)を選択すると、50 %の濃度でこのカラーの塗りが適用されているオブジェクトだけが選択されます。このオプションの選択を解除すると、濃度に関わりなく PANTONE Yellow C の塗りが適用されているオブジェクトが選択されます。

複数の塗りと線の作成

同じオブジェクトについて複数の塗りと線を作成するには、アピアランスパネルを使用します。オブジェクトに複数の塗りおよび線を追加することは、様々な効果を作成するための土台となります。例えば、太い線の上に細い線を重ねて作成できるほか、1 つの塗りには効果を適用し、別の塗りに適用しないことなどが可能です。

  1. 1 つ以上のオブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。
  2. アピアランスパネルメニューの「新規塗りを追加」または「新規線を追加」を選択します。または、アピアランスパネルで塗りまたは線を選択し、選択した項目を複製ボタン をクリックします。
  3. 新しい塗りまたは線のカラー、線幅などを設定します。

    注意:

    アピアランスパネルで新しい塗りまたは線の位置を調整することが必要になる場合があります。例えば、幅の異なる 2 本の線を作成する場合には、アピアランスパネルで細い線が太い線の上にあることを確認します。

可変線幅を持つ線の作成

ツールパネルから利用できる線幅ツールにより、可変線幅を持つ線を作成し、可変幅を他の線にも適用可能なプロファイルとして保存することができます。

線幅ツールを選択し線にカーソルを合わせると、パス上に菱形のハンドルが表示されます。線幅ポイントを調整したり、移動したり、複製したり、削除したりすることでできます。

複数の線がある場合、線幅ツールでは作業中の線のみを調整できます。線を調整する場合は、アピアランスパネルで調整する線を作業中の線として選択していることを確認してください。

線幅ツールの使用方法に関するビデオについては、可変線幅を持つ線の使用(英語)を参照してください。

線幅ポイントを編集ダイアログボックスを使用して線幅ポイントを作成または変更するには、線幅ツールで線をダブルクリックして線幅ポイントの値を編集します。「隣接する線幅ポイントを調整」チェックボックスを選択した場合、隣接する線幅ポイントも選択した線幅ポイントに変更されます。

「隣接する線幅ポイントを調整」チェックボックスが自動的に選択するには、Shift キーを押しながら線幅ポイントをダブルクリックします。

線幅ツールは、可変線幅の調整中に連続的な線幅ポイントと非連続的な線幅ポイントを区別します。

線幅ポイントを編集ダイアログボックス
連続的なポイントの線幅ポイントを編集ダイアログボックス

非連続的な線幅ポイントを作成するには、次の操作を行います。

  1. 異なる線幅を持つ線に 2 つの線幅ポイントを作成します。

    異なる線幅を持つ線上の 2 つの線幅ポイント
    作成された 2 つの線幅ポイント

  2. 一方の線幅ポイントをもう 1 つの線幅ポイントにドラッグして、線に非連続的な線幅ポイントを作成します。

    非連続的な線幅ポイント
    一方の線幅ポイントをもう 1 つの線幅ポイントにドラッグして作成した非連続的な線幅ポイント

非連続的なポイントの場合、線幅ポイントを編集ダイアログボックスはそれぞれの両端の線幅を表示します。

線幅ポイントを編集ダイアログボックス
非連続的なポイントの線幅ポイントを編集ダイアログボックス

「片幅のみ」チェックボックスは、単一の連続的な線幅ポイントまでの線幅、または線幅ポイントからの線幅のいずれかを使用できます。

線幅ツールのコントロール

次の表は、線幅ツールを操作するときのショートカットキーの一覧です。

線幅のコントロールタスク

キーボードのショートカットキー

縦横比を変更した線幅の作成

Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグ

線幅ポイントのコピーの作成

Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら線幅ポイントをドラッグ

パスに沿ってすべてのポイントをコピーして移動

Alt + Shift キー(Windows)または Option + Shift キー(Mac OS)を押しながらドラッグ

複数の線幅ポイントの位置の変更

Shift キーを押しながらドラッグ

複数の線幅ポイントの選択

Shift キーを押しながらクリック

選択した線幅ポイントの削除

Delete キー

線幅ポイントの選択解除

Esc キー

次のいずれかの操作を行います。

  • パスの場所でハンドルを外側または内側にドラッグして線幅を調整します。角または直接選択したアンカーポイントに作成した線幅ポイントは、パスの基本編集時にはアンカーポイントに属します。
  • 線幅ポイントの位置を変更するには、パスに沿ってポイントをドラッグします。
  • 複数の線幅ポイントを選択するには、Shift キーを押しながらクリックします。線幅ポイントを編集ダイアログボックスで、複数のポイントの側辺 1 および側辺 2 の値を指定します。線幅ポイントの調整は、選択したすべての線幅ポイントに影響します。
  • すべての線幅ポイントの線幅を一括して調整するには、線パネルの線幅ドロップダウンリストから線幅を指定します。

線幅プロファイルの保存

線幅を定義した後、線パネルまたはコントロールパネルを使用して、可変線幅のプロファイルを保存します。

「線幅プロファイル」オプションパネル
A. 「均等」線幅プロファイル B. 線幅プロファイルを保存アイコン C. プロファイルを削除 D. プロファイルを初期化 

次のいずれかの操作を行います。

  • 線幅プロファイルを選択したパスに適用するには、コントロールパネルまたは線パネルの線幅プロファイルドロップダウンリストから線幅プロファイル選択します。可変線幅のない線が選択されている場合は、リストに「均等」線幅プロファイルが表示されます。「均等」オプションを選択して、オブジェクトから可変線幅のプロファイルを削除します。
  • デフォルトの線幅プロファイルを復元するには、プロファイルドロップダウンリストの下部にあるプロファイルを初期化ボタンをクリックします。

注意:

ストロークオプションダイアログボックスでデフォルトの線幅プロファイルを復元すると、保存したカスタムプロファイルが削除されます。

線に可変線幅プロファイルを適用すると、アピアランスパネルにアスタリスク(*)付きで表示されます。

アートブラシおよびパターンブラシの場合、可変線幅ツールでブラシのパスを編集した後または線幅プロファイルプリセットを適用した後にストロークオプションダイアログボックスのサイズで「線幅ポイント / プロファイル」が自動的に選択された状態になります。線幅プロファイルの変更を削除するには、サイズから「固定」を選択するか、またはタブレットデータオプションを復元するタブレットデータチャンネル(「筆圧」など)を選択します。

可変線幅のプロファイルの作成方法に関するビデオについては、可変線幅のプロファイルの使用(英語)を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー