リアルタイムの描画と編集機能を有効にすることで、アートワークの描画と編集の操作性を向上させることができます。

リアルタイムの描画と編集機能を使用すると、オブジェクトの操作がライブで表示されます。これにより、オブジェクトを拡大縮小したり、オブジェクトに効果を適用したりすると、これらのタスクが遅延なく作業中に完全にレンダリングされます。

注意:

リアルタイム操作は、GPU プレビューモードが有効になっている場合にのみ使用できます。

リアルタイムの描画と編集

次の環境設定を実施して、この機能を有効または無効にします。

  • [Windows の場合] 編集環境設定パフォーマンスリアルタイムの描画と編集を選択します。
  • [macOS の場合] Illustrator環境設定パフォーマンスリアルタイムの描画と編集を選択します。

リアルタイムの描画機能を無効にすると、オブジェクトをドラッグしたときにバウンディングボックスだけが移動します。オブジェクトは、マウスボタンを離したときに後で移動されます。

注意:

Illustrator がオブジェクトのレンダリング時にパフォーマンスの問題をリアルタイムで検出した場合、操作が自動的に非リアルタイムに変更されます。

サポートされているツール

リアルタイムの描画と編集がサポートされているツールは、以下のとおりです。

  • 円弧ツール
  • コーナースムージングツール
  • 曲線ツール
  • 曲線ウィジェット
  • ダイレクト選択ツール
  • 楕円形ツール
  • グラデーションツール
  • ラインツール
  • ライブコーナーウィジェット
  • ライブシェイプウィジェット
  • 同心円グリッドツール
  • 多角形ツール
  • 長方形ツール
  • 長方形グリッドツール
  • リフレクトツール
  • 回転ツール
  • 角丸長方形ツール
  • 拡大縮小ツール
  • 選択ツールとバウンディングボックスに関連する変形
  • シアーツール
  • らせんツール
  • スターツール

注意:リアルタイム操作は、文字ツール、縦組み文字きツール、幅ツールではサポートされていません。

質問やアイデアがありますか?

Ask the community

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Illustrator コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー