透明について

透明は、Illustrator を使用する上で欠くことのできない機能です。このため、気付かないうちにアートワークに透明効果が加わることがあります。次のいずれかの操作を行うと、アートワークに透明効果が追加されます。

  • 背面のアートワークを表示するために、オブジェクトの不透明度を下げる。

  • 不透明マスクを使用して、透明度を変化させる。

  • 描画モードを使用して、重なり合うオブジェクト間でカラーが相互作用する方法を変更する。

  • 透明部分を含むグラデーションおよびメッシュを適用する。

  • ドロップシャドウなど、透明を含む効果またはグラフィックスタイルを適用する。

  • 透明部分を含む Adobe Photoshop ファイルを読み込む。

透明パネルの概要

透明パネル(ウィンドウ/透明)を使用して、オブジェクトの不透明度と描画モードを指定したり、不透明マスクを作成したり、あるオブジェクトが透明オブジェクトと重なり合っている部分を抜いたりすることができます。

透明パネルのすべてのオプションの表示

  • パネルメニューから「オプションを表示」を選択します。

透明パネルで選択したオブジェクトのサムネールを表示

  • パネルメニューから「サムネールを表示」を選択します。パネルタブの上下の三角形をクリックして、オプション表示を順番に切り替えることもできます。

アートワークの透明の表示

透明が使用されているアートワークをプリントしたり保存したりするときには特別なオプションを設定する必要があるので、透明を使用しているかどうかを認識しておく必要があります。アートワークで使用されている透明を表示するには、格子状の背景グリッドを表示して、アートワークの透明領域を識別します。

  1. 画面/透明グリッドを表示を選択します。
  2. (オプション)ファイル/ドキュメント設定を選択して、透明のグリッドオプションを設定します。

    注意:

    また、アートボードのカラーを変更して、カラー紙にアートワークをプリントした場合にどのような結果になるかをシミュレートできます。

アートワークの不透明度の変更

単一のオブジェクトの不透明度、グループまたはレイヤー内の全オブジェクトの不透明度、オブジェクトの塗りまたは線の不透明度を変更できます。

  1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

    塗りまたは線の不透明度を変更するには、オブジェクトを選択してからアピアランスパネルで塗りまたは線を選択します。

  2. 透明パネルまたはコントロールパネルで「不透明度」オプションを設定します。

    注意:

    指定の不透明度を使用するオブジェクトをすべて選択するには、その不透明度を持つオブジェクトを選択するか、すべての選択を解除した上で透明パネルに不透明度値を入力します。次に、選択/共通/不透明度を選択します。

    レイヤー内の複数のオブジェクトを選択して不透明度を設定する場合、選択したオブジェクトの重なり合っている部分では、不透明度は他のオブジェクトを基準とした累計値になります。一方、1 つのレイヤーまたはグループをターゲットとして選択して不透明度を変更する場合、レイヤーまたはグループ内のオブジェクトは 1 つのオブジェクトとして扱われます。この場合、レイヤーまたはグループの外側の下にあるオブジェクトだけが、透明オブジェクトから透けて見えます。オブジェクトをレイヤーまたはグループ内に移動すると、そのレイヤーまたはグループの不透明度がオブジェクトに適用されます。オブジェクトを外に移動すると、オブジェクトの不透明度は保持されません。

    不透明度オプション
    オブジェクトを個別に選択して不透明度を 50 %に設定した状態(左)とレイヤーをターゲットにして不透明度を 50 %に設定した状態(右)

透明なグループの抜きの作成

透明なグループの抜きでは、グループの要素が相互に透けることがありません。

透明なグループの抜き
「グループの抜き」オプションの選択を解除したグループ(左)と選択したグループ(右)

  1. レイヤーパネルで、グループの抜きに変換するグループまたはレイヤーをターゲットとして指定します。
  2. 透明パネルで、「グループの抜き」を選択します。このオプションが表示されない場合は、パネルメニューの「オプションを表示」を選択します。

    「グループの抜き」オプションを選択するたびに、オン(選択)、オフ(選択解除)、中間(線が中央に通った正方形)の 3 つの状態が切り替わります。中間の抜きオプションを使用すると、アートワークを囲むレイヤーまたはグループに設定されている抜きを変更せずに、アートワークをグループ化できます。オフのオプションを使用すると、透明オブジェクトのレイヤーまたはグループで、オブジェクトがお互いを抜かないようにできます。

不透明マスクを使用した透明の作成

不透明マスクでは、マスクオブジェクトを使用して背面のアートワークの透明度を変化させます。不透明マスク(マスクされたアートワークとも呼ばれる)は、その形状を通じて他のオブジェクトが見える形状を提供します。マスクオブジェクトは、透明な領域と透明度を定義します。任意の色付きのオブジェクトやラスタライズ画像をマスクオブジェクトとして使用できます。Illustrator では、マスクオブジェクトのカラーに対応するグレースケールをマスクの不透明度のレベルを表すために使用しています。不透明マスクがホワイトの部分は、アートワークは完全に表示されます。不透明マスクがブラックの部分は、アートワークは非表示になります。マスクにグレーの階調があると、アートワークの透明度が変化します。

不透明マスク
不透明マスクの作成

A. 背面のオブジェクト B. 不透明マスクアートワーク C. 白黒のグラデーションで塗りつぶされたマスクオブジェクト D. C を B の部分に移動させ、B をマスクした状態 

不透明マスクを作成すると、透明パネルでは、マスクされたオブジェクトのサムネールの右側にマスクオブジェクトのサムネールが表示されます。サムネールが表示されない場合は、パネルメニューの「サムネールを表示」を選択します。初期設定では、マスクされたアートワークとマスクオブジェクトがリンクされます(パネル上のサムネール間のリンクアイコンにより示されます)。マスクされたオブジェクトを移動すると、マスクオブジェクトも同時に移動します。しかし、マスクオブジェクトを移動しても、マスクされたオブジェクトは移動しません。透明パネルでマスクのリンクを解除してマスクをロックし、マスクされたオブジェクトだけを移動することもできます。

透明オプションパネル
透明パネルには不透明マスクのサムネールが表示されます。左のサムネールはマスクされたオブジェクト、右のサムネールはマスクオブジェクトを示しています。

マスクは、Photoshop と Illustrator の間で移動できます。Illustrator の不透明マスクは、Photoshop のレイヤーマスクとの間で相互に変換されます。

注意:

マスク編集モードで操作している場合は編集モードにすることができず、編集モードで操作している場合はマスク編集モードにすることができません。

不透明マスクの使用方法に関するビデオについては、不透明マスクの使用方法を参照してください。

不透明マスクの作成

  1. 1 つのオブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。
  2. 透明パネルを開き、必要に応じて「オプションを表示」を選択してサムネール画像を表示します。
  3. 透明パネルでサムネールの右側を直接ダブルクリックします。

    空のマスクが作成され、自動的にマスク編集モードに切り替わります。.

  4. 描画ツールを使用して、マスクの形状を描画します。
  5. 透明パネルでマスクされたアートワークのサムネール(左側のサムネール)をクリックして、マスク編集モードを終了します。

注意:

「クリップ」オプションを使用すると、マスクの背景はブラックになります。したがって、「クリップ」オプションが選択された状態で、黒い文字のような黒いオブジェクトを使用して不透明マスクを作成すると、オブジェクトは表示されません。オブジェクトを表示するには、別のカラーを使用するか、「クリップ」オプションの選択を解除します。

既存のオブジェクトの透明マスクへの変換

  • 少なくとも 2 つのオブジェクトまたはグループを選択し、透明パネルメニューから「不透明マスクを作成」を選択します。選択した最前面のオブジェクトまたはグループがマスクとして使用されます。

マスクオブジェクトの編集

マスクオブジェクトを編集することにより、マスクの形状または透明度を変更できます。

  1. 透明パネルでマスクオブジェクトのサムネール(右のサムネール)をクリックします。
  2. ドキュメントウィンドウでその他のアートワークをすべて非表示にするには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらマスクのサムネールをクリックします(サムネールが表示されない場合は、パネルメニューの「サムネールを表示」を選択します)。
  3. Illustrator の編集ツールを使用してマスクを編集します。
  4. 透明パネルでマスクされたアートワークのサムネール(左側のサムネール)をクリックして、マスク編集モードを終了します。
  • マスクのリンクを解除するには、マスクされたアートワークをレイヤーパネルでターゲットとして指定し、透明パネルで、サムネールの間にあるリンクシンボル をクリックします。または、透明パネルメニューの「不透明マスクをリンク解除」を選択します。

    マスクオブジェクトはそのままの位置とサイズでロックされ、マスクされたオブジェクトを、マスクとは無関係に移動したりサイズ変更したりできます。

  • マスクを再リンクするには、マスクされたアートワークをレイヤーパネルでターゲットとして指定し、透明パネル内のサムネール間の領域をクリックします。または、透明パネルメニューの「不透明マスクをリンク」を選択します。

透明マスクの無効化または有効化

マスクを無効化して、作成した透明を削除することができます。

  • マスクを無効化するには、マスクされたアートワークをレイヤーパネルでターゲットとして指定し、透明パネルでマスクオブジェクトのサムネール(右側のサムネール)を、Shift キーを押しながらクリックします。または、透明パネルメニューの「不透明マスクを無効にする」を選択します。不透明マスクが無効になると、透明パネルメニューでマスクのサムネールに赤い X 印が表示されます。
  • マスクをもう一度有効にするには、マスクされたアートワークをレイヤーパネルでターゲットとして指定し、透明パネル内でマスクのサムネールを Shift キーを押しながらクリックします。または、透明パネルメニューの「不透明マスクを有効にする」を選択します。

不透明マスクの削除

  • マスクされたアートワークをレイヤーパネルでターゲットとして指定し、透明パネルメニューから「不透明マスクを解除」を選択します。

    マスクされたオブジェクトの上にマスクオブジェクトが表示されます。

不透明マスクのクリップまたは反転

  1. レイヤーパネルで、マスクされたアートワークをターゲットとして設定します。
  2. 透明パネルで次のいずれかのオプションを選択します。

    クリップ

    マスクにブラックの背景を設定します。これにより、マスクされたアートワークがマスクオブジェクトの境界に合わせて切り抜かれます。「クリップ」オプションの選択を解除すると、クリップの効果がオフになります。初期設定で新しい不透明マスクのクリッピングを選択するには、透明パネルメニューから「新規不透明マスクにクリッピングを適用」を選択します。

    マスクを反転

    マスクオブジェクトの輝度の値を反転します。これにより、マスクされたアートワークの不透明度が反転されます。例えば、90 %の透明度が設定されている領域は、マスクが反転すると 10 %の透明度になります。「マスクを反転」オプションの選択を解除して、マスクを元の状態に戻します。初期設定ですべてのマスクを反転するには、透明パネルメニューから「新規不透明マスクに反転を適用」を選択します。

    これらのオプションが表示されない場合は、パネルメニューの「オプションを表示」を選択します。

透明度を使用した抜きの形状の決定

「不透明マスクで形状の抜きを定義」オプションを使用することにより、オブジェクトの不透明度に比例した抜きの効果が得られます。マスクの不透明度が 100 %に近いエリアでは抜きの効果が強くなり、不透明度が低いエリアでは抜きの効果が弱くなります。例えば、グラデーションでマスクされたオブジェクトを抜きとして使用すると、背面のオブジェクトはグラデーションの影が付いているかのように徐々に抜かれます。オブジェクトの抜きは、ベクトルオブジェクトでもラスタライズオブジェクトでも作成できます。この手法は、「通常」以外の描画モードを使用するオブジェクトで最も有効です。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 不透明マスクを使用して抜きの形状を決定するには、マスクされたアートワークを選択してから、抜くオブジェクトと共にグループ化します。

    • ビットマップオブジェクトのアルファチャンネルを使用して抜きの形状を決定するには、透明を含むビットマップオブジェクトを選択してから、抜くオブジェクトと共にグループ化します。

  2. グループを選択します。
  3. 透明パネルで、「グループの抜き」オプションを何度かクリックして、チェックマークが表示された状態にします。
  4. レイヤーパネルで、グループ化されたオブジェクトの中からマスクオブジェクトまたは透明画像をターゲットに設定します。
  5. 透明パネルで、「不透明マスクで形状の抜きを定義」を選択します。
    オブジェクトの抜き
    ビットマップオブジェクトを使用した形状の抜き

    A. 元のアートワーク B. 単語「PEARS」に暗めの描画モードを適用し、「グループ」オプションを選択した状態 C. 「不透明マスクで形状の抜きを定義」オプションを単語に適用した状態 

描画モードについて

描画モードでは、重なり合うオブジェクトのカラーをブレンドする方法を選択できます。描画モードをオブジェクトに適用すると、オブジェクトのレイヤーまたはグループの背面にあるすべてのオブジェクトに描画モードの効果が表れます。

描画モードの効果を実際に利用する場合、次の用語を理解しておくと便利です。

  • ブレンドカラーは、選択したオブジェクト、グループまたはレイヤーの元のカラーです。

  • ベースカラーは、アートワークの背面のカラーです。

  • 最終カラーは、ブレンドの結果生成されるカラーです。

描画モード
最前面のオブジェクトに「通常」描画モードが適用された状態(左)と「ハードライト」描画モードが適用された状態(右)

Illustrator には、次の描画モードがあります。

通常

選択範囲をブレンドカラーでペイントします。ベースカラーと影響し合うことはありません。これは初期設定のモードです。

比較(暗)

アートワークのカラーコンポーネントに基づいて、ベースカラーとブレンドカラーのどちらか暗い方を最終カラーにします。ブレンドカラーより明るい部分は置き換えられます。ブレンドカラーより暗い部分は変化しません。

乗算

ベースカラーにブレンドカラーを掛け合わせます。最終カラーは、常に暗いカラーになります。カラーにブラックを掛け合わせると常にブラックになります。カラーにホワイトを掛け合わせても、カラーは変化しません。複数のマーカーを使用して描画したような効果が得られます。

焼き込みカラー

ベースカラーを暗くしてブレンドカラーに反映します。ホワイトとブレンドしても変化しません。

比較(明)

アートワークのカラーコンポーネントに基づいて、ベースカラーとブレンドカラーのどちらか明るい方を最終カラーにします。ブレンドカラーより暗い部分は置き換えられます。ブレンドカラーより明るい部分は変化しません。

スクリーン

ベースカラーとブレンドカラーを反転して掛け合わせます。最終カラーは、常に明るいカラーになります。ブラックでスクリーンを適用しても、カラーは変化しません。ホワイトでスクリーンを適用するとホワイトになります。複数のスライド画像を重ねて投影したような効果が得られます。

覆い焼きカラー

ベースカラーを明るくしてブレンドカラーに反映します。ブラックとブレンドしても変化しません。

オーバーレイ

ベースカラーに応じて、カラーを乗算するかカラーにスクリーンを適用します。ベースカラーのハイライトと影を保持しながら、パターンまたはカラーを既存のアートワークに重ね合わせます。ベースカラーは置き換えられず、ブレンドカラーと混ぜ合わされて元のカラーの明るさを反映します。

ソフトライト

ブレンドカラーに応じて、カラーの明るさを変化させます。アートワークに拡散スポットライトを当てたような効果が得られます。

ブレンドカラー(明るい光源)が 50 %グレーより明るい場合、アートワークは覆い焼きをしたように明るくなります。ブレンドカラーが 50 %グレーより暗い場合、アートワークは焼き込んだように暗くなります。純粋な黒または白でペイントすると、その部分の明暗ははっきりしますが、純粋な黒または白にはなりません。

ハードライト

ブレンドカラーに応じて、カラーを乗算するかカラーにスクリーンを適用します。アートワークに強いスポットライトを当てたような効果が得られます。

ブレンドカラー(明るい光源)が 50 %グレーより明るい場合、アートワークはスクリーンを適用したように明るくなります。このモードは、アートワークにハイライトを追加するときに便利です。ブレンドカラーが 50 %グレーより暗い場合、アートワークは乗算を適用したように暗くなります。このモードは、アートワークに影を追加するときに便利です。純粋なホワイトまたはブラックでペイントすると、純粋なホワイトまたはブラックになります。

差の絶対値

ベースカラーとブレンドカラーの明度の高いほうから明度の低いほうを引きます。ホワイトとブレンドするとベースカラー値が反転します。ブラックとブレンドしても変化しません。

除外

差の絶対値モードと同様の効果が得られますが、コントラストは低くなります。ホワイトとブレンドするとベースカラー部分が反転します。ブラックとブレンドしても変化しません。

色相

ベースカラーの輝度と彩度、およびブレンドカラーの色相を持つ最終カラーが作成されます。

彩度

ベースカラーの輝度と色相、およびブレンドカラーの彩度を持つ最終カラーが作成されます。このモードで彩度のない(グレーの)領域をペイントした場合は、何も変更されません。

カラー

ベースカラーの輝度、およびブレンドカラーの色相と彩度を持つ最終カラーが作成されます。このモードでは、アートワークのグレーレベルが保持されるので、モノクロアートワークにカラーを適用したり、カラーアートワークの濃度を調整したりするときに便利です。

輝度

ベースカラーの色相と彩度、およびブレンドカラーの輝度を持つ最終カラーが作成されます。このモードでは、カラーモードとは逆の効果を作成できます。

注意:差の絶対値、除外、色相、彩度、カラー、輝度の各モードでは特色はブレンドされません。また、ほとんどの描画モードでは、100 % K のブラックは背面のレイヤーのカラーを抜きます。100 %ブラックの代わりに、CMYK 値を使用してリッチブラックを指定してください。

アートワークの描画モードの変更

  1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

    塗りまたは線の描画モードを変更するには、オブジェクトを選択してからアピアランスパネルで塗りまたは線を選択します。

  2. 透明パネルのポップアップメニューから描画モードを選択します。

    背面のオブジェクトに影響が及ばないように、ターゲットのレイヤーまたはグループの描画モードを分離できます。このためには、レイヤーパネルで、描画モードを使用するオブジェクトを含むグループまたはレイヤーの右側にあるターゲットアイコンを選択します。透明パネルで「描画モードを分離」を選択します(「描画モードを分離」オプションが表示されない場合は、透明パネルメニューの「オプションを表示」を選択します)。

    描画オプションの分離
    「描画モードを分離」オプションの選択を解除した星と円のグループ(左)と選択したグループ(右)

    注意:

    共通の描画モードを使用するオブジェクトをすべて選択するには、その描画モードを持つオブジェクトのいずれか 1 つを選択するか、すべての選択を解除した後、透明パネルで描画モードを選択します。次に、選択/共通/描画モードを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー