Illustrator 10 およびそれ以前のバージョンで作成したテキストオブジェクトを、それより後のバージョンの Illustrator で編集するには、テキストオブジェクトを更新する必要があります。更新すると、段落スタイルと文字スタイル、オプティカルカーニング、OpenType® フォントの完全サポートなど、Illustrator CS5 以降のリリースのテキスト機能をすべて使用できるようになります。

Illustrator 10 で作成した文字の更新

Illustrator 10 およびそれ以前のバージョンで作成したテキストオブジェクトを、それより後のバージョンの Illustrator で編集するには、テキストオブジェクトを更新する必要があります。更新すると、段落スタイルと文字スタイル、オプティカルカーニング、OpenType® フォントの完全サポートなど、Illustrator CS5 以降のリリースのテキスト機能をすべて使用できるようになります。

編集する必要がない場合は、テキストを更新する必要はありません。 更新されていないテキストをレガシーテキストと呼びます。 レガシーテキストは、表示、移動、プリントは可能ですが、編集することはできません。レガシーテキストを選択すると、バウンディングボックス全体に「x」が表示されます。

レガシーテキストの更新後、テキストの表示が若干変わる場合があります。 これは自分で簡単に再調整することができます。元のテキストをコピーして再調整の参考にすることもできます。 初期設定では、以前のバージョンのファイルを開くと、ファイル名の末尾に自動的に [更新済み] という文字が追加されます。そのため、ファイルのコピーが作成されることになり、元のファイルはそのまま残ります。 元のファイルを後で更新することも、更新した場合は、元のバージョンに戻ることもできます。

注意:Illustrator でファイル名に文字を追加しない場合は、編集/環境設定/一般(Windows)または Illustrator/環境設定/一般(Mac OS)を選択し、「以前のバージョンファイルを開くときに [更新済み] をファイル名に追加」の選択を解除します。

 

ドキュメント内のすべてのレガシーテキストの更新

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ドキュメントを開くときに表示される警告メッセージで「更新」をクリックします。

    • ドキュメントを開いた後に、書式/テキストを更新/すべてのテキストを更新を選択します。

選択したレガシーテキストの更新

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • コピーを作成せずにテキストを更新するには、テキストオブジェクトを選択して、書式/テキストを更新/選択したテキストを更新を選択します。 または、文字ツールを選択して更新するテキスト内をクリックするか、選択ツールを使用して更新するテキストをダブルクリックします。 次に、「更新」をクリックします。

    • 更新したテキストの下のレイヤーにレガシーテキストのコピーを保持するには、まず文字ツールを選択して更新するテキスト内をクリックします。 または、選択ツールを使用して更新するテキストをダブルクリックします。 次に、「テキストオブジェクトをコピー」をクリックします。 この操作により、更新したテキストとレガシーテキストのレイアウトを比較できます。

    レガシーテキストの更新時にコピーを作成した場合は、以下のコマンドを使用できます。

    • 書式/テキストを更新/コピーを表示またはコピーを隠すを使用して、コピーしたレガシーテキストの表示と非表示を切り替えます。

    • 書式/テキストを更新/コピーを選択を使用して、コピーしたレガシーテキストを選択します。

    • 書式/テキストを更新/コピーを削除を使用して、コピーしたレガシーテキストを削除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー