Creative_Cloud_mnemonic_RGB_48px
<p><strong><em>Illustrator CS6 のアップデートが利用可能です</em></strong></p><p><em>詳しくは、<a href="/content/help/jp/ja/illustrator/using/whats-new.html" shape="rect" ><strong>新機能の概要</strong></a>を参照してください。</em></p>

HiDPI 対応

高解像度ディスプレイの性能を活かすために、Illustrator は高解像度ディスプレイにネイティブ対応しています。この機能は、現在 Mac OS(例えば、Retina ディスプレイ搭載の MacBook Pro)で使用できます。高解像度ディスプレイのデバイスなら、よりシャープで鮮明なユーザーインターフェイスで作業できます。パネルのサムネールもさらにはっきりと表示されます。

テキストや複雑なアートワークもくっきりと、色彩や色相もさらに豊かになります。

HiDPI に対応したため、高解像度ディスプレイでアートワークがより鮮明に表示されます
HiDPI に対応したため、高解像度ディスプレイでアートワークがより鮮明に表示されます

A. HiDPI 対応の Illustrator B. HiDPI 非対応の Illustrator 

Adobe Creative Cloud 限定

ファイルのパッケージ

リンクされたグラフィック、フォントなど、作成したドキュメントに使用されているすべてのファイルを 1 つのフォルダーに収集して、ハンドオフに必要なファイルを簡単に揃えることができます。ファイルパッケージを選択して、すべてのアセットを 1 か所にまとめます。詳しくは、ファイルのパッケージを参照してください。

画像の埋め込み解除

埋め込まれた画像を抽出して、抽出された PSD または TIFF ファイルへのリンクとして置き換えることができます。埋め込み画像を選択するには、リンクパネルメニューから埋め込みを解除を選択するか、コントロールパネルで「埋め込みを解除」をクリックします。詳しくは、画像の埋め込み解除を参照してください。

リンクパネルの強化

配置されたアートワークの追加情報をリンクパネルで直接確認したり、トラックすることができます。詳しくは、リンク情報を参照してください。

Adobe Mercury Performance System

Adobe Mercury Performance System は、Illustrator で処理速度と応答速度を向上させ、より大きいファイルを扱うためのソリューションの組み合わせです。

64 ビットネイティブサポート

Macintosh と Windows の 64 ビット版オペレーティングシステムで一般的な処理が高速化されます。Illustrator で 3 GB を超える RAM を利用できるようになりました。

扱えるファイルのサイズ増加

サイズの大きいファイルの同時処理でメモリ不足の例外などのエラーが発生する可能性が低くなりました。パッケージデザイン、大判グラフィック、地図の作成など複雑な作業で処理が向上しています。

メモリハンドリングの向上

ラスタライズ、書き出し、サイズの大きいファイルの同時処理などの操作でメモリ不足エラーが発生する可能性が低くなりました。

詳しくは、Lynda.com による Mercury Performance System のビデオを参照してください。

ユーザーインターフェイスの強化

ユーザーインターフェイスが効率化および簡略化され、細かい設定が可能になったため、Illustrator の作業でより優れた体験が可能になりました。ユーザーインターフェイスの強化された点について詳しくは、ユーザーインターフェイスの強化を参照してください。

ユーザーインターフェイスの機能強化の例:設定が可能な明るさのレベルおよび対応するカンバスカラー
ユーザーインターフェイスの機能強化の例:設定が可能な明るさのレベルおよび対応するカンバスカラー

ワークフローの簡素化

パターン

パターンの作成と編集が簡素化され、繰り返し作業にかかる時間を短縮できます。新しいパターンオプションパネルには、手軽に試せるオプションセットがあります。好みのパターンを適用して、デザインを編集してみてください。

パターンオプションパネルとワークフローについて詳しくは、パターンの作成と編集を参照してください。

詳しくは、Lynda.com による パターンの作成のビデオを参照してください。

新しいパターンパネルでのパターンの作成または編集
パターンの作成

線のグラデーション

線のグラデーション機能で、3 種類のグラデーションを線に適用できます。線を拡張して塗りに変換してからグラデーションを適用する必要はなくなりました。グラデーションパネル(ウィンドウグラデーション)を使用してグラデーションを線に適用します。

線にグラデーションを適用:線を拡張して塗りに変換してからグラデーションを適用させたように機能します。

パスに沿ってグラデーションを適用:線の長さの方向にグラデーションを適用します。

パスに交差してグラデーションを適用:線の幅の方向にグラデーションを適用します。

詳しくは、Lynda.com による線へのグラデーションの適用のビデオを参照してください。

線へのグラデーションの適用
線へのグラデーションの適用

画像トレース

ラスタライズ画像のベクトル化のためのワークフローで、よりきれいなトレースを行えるようになりました。以前のバージョンのライブトレース機能と比べると、出力のパスとアンカーポイントが少なくなり、色認識の精度が高くなっています。 

新しい画像のトレースワークフローについて詳しくは、この記事を参照するか、または Adobe TV の新しい画像トレース機能のビデオをご覧ください。

ぼかし(ガウス)

新しいぼかし(ガウス)効果(効果ぼかしぼかし(ガウス))は、すばやく効率的に適用できるようになりました。「プレビュー」チェックボックスを選択した場合、アートワークに適用されるぼかし(ガウス)がリアルタイムで表示されます。

新規または強化されたプロファイルとコンポーネント

改良されたプロファイルと追加のコンポーネントライブラリを使用して、アートプロジェクトをすばやく開始できるようになりました。

  • デバイスという名前の新しいプロファイルが新規ドキュメントダイアログボックス(ファイル新規)に追加されました。新しいプロファイルには、iPad、iPhone、Xoom、Fire、Nook、Galaxy デバイス用のプリセットが含まれています。
  • Web プロファイルに新しいデフォルトサイズ(960px x 560px)が追加されました。
  • 新しいパターンおよび新しい Pantone Plus™ カラーライブラリが追加されています。

詳しくは、Lynda.com によるドキュメントプロファイルの強化とその他の変更のビデオを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー