Illustrator の 2019 年 9 月リリース(バージョン 23.1)の新機能と機能強化について説明します。
v1artboard_1_copy6

パスを単純化するより優れた方法

複雑なパスを単純化するための直観的で拡充されたユーザー操作性の向上

v1artboard_1_copy12

より短期間で迅速な効果の発現

画像やオブジェクトへの特殊効果適用時のパフォーマンスの向上

v1artboard_1_copy14

ファイルを開くときのよりスムーズな操作

ファイルに関する問題の回避とトラブルシューティングのためのファイル読み取りメカニズムの強化。問題の解決に焦点を合わせたアプリケーションメッセージの明確化。

v1artboard_1_copy15

安定性およびその他の機能強化

安定したパフォーマンスとユーザー操作の向上、円滑なワークフローの実現

v1artboard_1_copy13

ネットワークファイル処理の最適化

リモートネットワーク上のファイルを開く操作および保存する操作を最適化

パスを単純化するより優れた方法

アートワークに複雑なパスがあり、編集が困難な場合は、パス単純化 を使用して、パスの編集を容易にすることができます。この機能には、充実した直感的なユーザーインターフェイスが搭載されました。

この機能を使用する場合(オブジェクト > パス > 単純化)、基本的なダイアログボックスが表示され、パスを単純化するための主なオプションが表示されます。省略記号(...)のアイコンをクリックすると、単純化ダイアログボックスに詳細なオプションが表示されます。

詳しくは、「パスの単純化」を参照してください。

より短期間で迅速な効果の発現

画像およびオブジェクトに対する Illustrator の 効果 適用時のパフォーマンスを向上させたいと思っていた方は、このリリースで ぼかしドロップシャドウ、および 光彩 (内側/外側) 効果の実行が大幅に改善されたことをご確認ください。 これにより、従来よりも高速かつ迅速に実行できるようになりました。

こうした効果について詳しくは、「効果の操作」をご覧ください。

リモートネットワークでのファイル処理の機能強化

リモートネットワーク上のファイルに対しては、ファイルを開く操作や保存する操作でパフォーマンスが向上します。

ファイルを開く際の問題点の軽減

ドキュメントの破損の問題の回避、およびトラブルシューティングを行うために、Illustrator のファイル読み取りメカニズムが改良されました。自動回復が不可能な場合に、ファイルエラーとトラブルシューティングを自分で試す手順を示す効果的なメッセージが表示されるようになりました。

詳しくは、「ファイルの問題の特定とトラブルシューティング」をご覧ください。

安定性とその他の機能拡張

当社では、すべてのリリースにおいて安定した優れた製品を提供することを目指しています。

このリリースでは、アプリケーションのパフォーマンスの向上、安定性の向上、円滑なワークフロー、およびユーザー操作の強化が実現されています。 

詳しくは、「修正された問題」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー