Illustrator の 2020 年 3 月リリース(バージョン 24.1(macOS)および 24.1.1(Windows))の新機能と機能強化について説明します。
リアルタイムの描画と編集

リアルタイムの描画

現在、オブジェクトの拡大/縮小とオブジェクトのアプリケーションエフェクトはアウトラインとして表示されていません。そのため、これらのタスクは作業中に完全にレンダリングされます。

アートボードのカット、コピー、およびペースト

アートボードのカットおよびコピー

「カット」、「コピー」、「ペースト」オプションを使用して、開いている別のドキュメントにアートボードの多重コピーを作成します。

自由変形

自由変形機能の強化機能

自由変形機能を使用すると、バウンディングボックスを使用して、再設定することなくシェイプを自由に修正できます。

環境設定とドキュメントに関する問題

ドキュメントの破損の問題が減少

Illustrator で、破損したドキュメントを可能な限り自動的に修復して、復元するようになりました。

ツールバーの機能強化

ツールバーの強化機能

ツールバーとドロワー間のドラッグ&ドロップが容易になりました。

v1artboard_1_copy15

安定性とパフォーマンス

安定したパフォーマンスの向上および円滑なワークフロー等が強化されました。

リアルタイムの描画と編集

この機能を使用することで、オブジェクトの拡大/縮小とオブジェクトに適用されるエフェクトアプリケーションはアウトラインとして表示されなくなります。そのため、これらのタスクは作業中に完全にレンダリングされます。

この機能を有効にするには、以下のいずれかの環境設定を行います。

  • [Windows の場合] 編集環境設定パフォーマンスリアルタイムの描画と編集を選択します。
  • [macOS の場合] Illustrator環境設定パフォーマンスリアルタイムの描画と編集を選択します。
リアルタイムの描画と編集

詳しくは、リアルタイムの描画と編集を参照してください。

ドキュメント間でのアートボードのカット、コピー、ペースト

アートボード全体をコピーして、開いている別のドキュメントにペーストできるようになりました。次のいずれかのオプションを選択します。

  • 開いている 2 つのドキュメント間で、アートボードをドラッグ&ドロップする。
  • 編集メニューで、「カット」、「コピー」、「ペースト」のオプションを使用する。
  • キーボードショートカットを使用する。
アートボードのカット、コピー、およびペースト

詳しくは、アートボードのコピーと移動を参照してください。

自由変形機能の強化機能

自由変形機能では、バウンディングボックスを使用してシェイプを自由に修正できるようになります。これにより、バウンディングボックスの操作が容易になりました。また、再設定することなく、オブジェクトをシームレスに編集できるようになります。

自由変形

アプリケーション内のトラブルシューティングサポート

このリリースでは、破損ファイルおよび環境設定に関する問題を解決するためのサポートが強化されます。

詳しくは、こちらを参照してください。

ツールバーの強化機能

ツールバーとドロワー間でツールを直接ドラッグ&ドロップする機能で、より直観的に操作できるようになります。 

安定性とパフォーマンス

当社では、すべてのリリースにおいて安定した優れた製品を提供することを目指しています。

このリリースでは、アプリケーションのパフォーマンスの向上、安定性の向上、円滑なワークフローの強化が実現されています。 

詳しくは、修正された問題を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー