プリフライトのフィックスアップについて

プリフライトツールを使用して、文書内の多くのエラーを修正できます。これを行うには、フィックスアップと呼ばれるエラー修正をプロファイルに追加します。可能な場合は、フィックスアップによって自動的に問題点が修正されます。自動的に修正できない場合は、ユーザーがソースファイル内の問題点を修正するための情報が提供されます。フィックスアップがあるプロファイルには、横にグレーのレンチアイコンが付きます。縁取りのみのレンチアイコンは、プロファイルに関連付けられたフィックスアップがないことを意味します。

プリフライトには、プロファイルに追加できる定義済みのフィックスアップが含まれています。これらのフィックスアップは、色、フォント、画像、印刷工程、PDF/X や PDF/A などの国際標準への準拠、その他の領域に影響する様々なエラーに対応しています。プリフライトには、単独のフィックスアップを独自に作成するためのツールキットも含まれています。

注意:

フィックスアップを実行すると、文書は完全に変更されます。

例えば、フィックスアップは次のアクションを実行してエラーを修正することができます。

  • 色を置換機能と同じように、カラースペースを変換します。

  • PDF の最適化と同じように、文書を修復したり不要なコンテンツを除去したりしてファイルサイズを縮小します。

  • PDF を別のバージョンに変換します。

  • ヘアラインを太くします。

  • 透明を分割・統合します。

  • 仕上がりサイズや裁ち落としサイズの外側のオブジェクトを削除します。

  • PDF/X、PDF/E または PDF/A 変換用の PDF を準備します。

  • 文書情報を設定します。

プロファイルへのフィックスアップの追加

プリフライトツールには、プロファイルに追加できるフィックスアップのコレクションが含まれています。いずれのフィックスアップも、各プロファイルの「フィックスアップ」セクションから利用できます。

  1. プリフライトダイアログボックスを開いて、プロファイルを選択し、プロファイル名の横にある「編集」リンクをクリックします。
  2. 目的のプロファイルを含むカテゴリを展開し、プロファイルを展開します。
    プリフライトプロファイルの編集
  3. 必要に応じてプロファイルのロックを解除し、修正を行います。上部のポップアップメニューから「ロック解除」を選択します。
  4. プロファイルの下の項目から「フィックスアップ」を選択します。
    フィックスアップは、各プロファイルの「フィックスアップ」セクションから利用できます。
    フィックスアップは、各プロファイルの「フィックスアップ」セクションから利用できます。

  5. 右側の列からフィックスアップを選択し、左向きの矢印をクリックしてフィックスアップを左側の列に移動します。

    フィックスアップは必要な数だけ追加できます。

    注意:

    プロファイルからフィックスアップを削除するには、左側の一覧からフィックスアップを選択し、右向きの矢印をクリックします。

フィックスアップを編集ダイアログボックスについて

フィックスアップを編集ダイアログボックスには、プロファイルに追加するための定義済みのフィックスアップの種類と、各フィックスアップに関連付けられた値が一覧表示されます。フィックスアップを編集ダイアログボックスを使用して、フィックスアップに関連付けられた値を変更したり、既存のフィックスアップに基づいてカスタムフィックスアップを作成できます。チェックと同様、フィックスアップはカテゴリ別に構成されています。

フィックスアップを編集ダイアログボックス
フィックスアップを編集ダイアログボックス

A. フィックスアップ名 B. フィックスアップのカテゴリ C. フィックスアップの条件 D. フィックスアップを使用するプロファイルを表示するボタン E. 検索 F. フィックスアップの変更できる領域 

フィックスアップの作成または変更

特定のジョブまたは出力デバイスに応じてカスタムフィックスアップを作成できます。指定する設定によって、使用する出力インテント、実行する色変換、画像を圧縮およびサンプリングする方法、PDF がサポートする必要がある PDF の互換性レベルなどを指定できます。ロックが解除されていれば、定義済みのフィックスアップを変更することができますが、既存のフィックスアップを複製してその値を変更することをお勧めします。この手法は、フィックスアップが複数のロックされたプロファイルに属している場合に便利です。すべての該当するプロファイルを検索してロック解除する必要がありません。複製されたフィックスアップは、まだプロファイルに属していないので、デフォルトでロック解除されています。プロファイルの一部としてではなく、すばやく実行できる単独のフィックスアップを作成することもできます。

プロファイルのフィックスアップの作成

  1. プリフライトダイアログボックスのプロファイルパネルで、「プロファイルを表示」ボタン をクリックします。
  2. プロファイルを選択し、プロファイル名の横の「編集」ボタンをクリックします。
  3. ダイアログボックスの左側で、プロファイルの下の「フィックスアップ」を選択します。
  4. 必要に応じて、ポップアップメニューから「ロック解除」を選択します。
  5. 「このプロファイルのフィックスアップ」で、新規作成アイコン  をクリックします。
  6. フィックスアップに名前を付けて、条件を指定します。

既存のフィックスアップをもとにしたフィックスアップの作成

  1. プロファイルのフィックスアップを作成する手順 1 ~ 4 を実行します。
  2. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、変更するフィックスアップを選択し、右側の複製ボタン   をクリックします。
  3. フィックスアップを複製ダイアログボックスで、必要に応じて情報を変更するか、新しい列を作成します。
  4. 現在このフィックスアップを使用しているプロファイルを確認するには、「使用状況」をクリックします。フィックスアップを変更する前に、他のプロファイルのロックを解除することが必要になる場合があります。
  5. 次のいずれかの操作を実行して「OK」をクリックします。
    • フィックスアップの名前を変更するには、上部の「名前」ボックスに入力します。

    • エラーを処理する方法を変更するには、オプションまたは選択した各フィックスアップオプションの値を指定します。

単独のフィックスアップの作成

  1. プリフライトダイアログボックスのプロファイルパネルで、単独のフィックスアップを表示ボタン をクリックします。
  2. オプション/プリフライトフィックスアップを新規作成を選択します。
  3. フィックスアップに名前を付けて、条件を指定します。

    新しいフィックスアップが、選択したカテゴリとプロパティに対応するグループに表示されます。

単独のフィックスアップの複製

  1. プリフライトダイアログボックスのプロファイルパネルで、単独のフィックスアップを表示ボタン をクリックします。
  2. 既存のフィックスアップを選択し、オプション/プリフライトフィックスアップを複製を選択します。

お気に入りの単独のフィックスアップの設定

  1. プリフライトダイアログボックスのプロファイルパネルで、単独のフィックスアップを表示ボタン をクリックします。
  2. 必要に応じてグループを展開します。
  3. 単独のフィックスアップを選択し、名前の横のフラグをクリックして「お気に入りに設定」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー