セキュリティには、通常、アプリケーション(ソフトウェア)のセキュリティとコンテンツのセキュリティがあります。

アプリケーションのセキュリティには、脆弱性や悪意のある攻撃などのリスクから Acrobat および Reader を保護するためにセキュリティ機能をカスタマイズすることが含まれます。上級ユーザーであれば、ユーザーインターフェイスからアプリケーションをカスタマイズできます。また、企業の管理者はレジストリを設定できます。詳しくは、次の記事を参照してください。

コンテンツのセキュリティには、PDF コンテンツの整合性を保護するために製品の機能を使用することが含まれます。製品の機能を使用して、PDF に望ましくない改変が行われないよう保護したり、機密情報を保護したり、PDF が印刷されないよう保護したりできます。詳しくは、次の記事を参照してください。

電子署名もセキュリティに関係しています。電子署名は、PDF の送信者と受信者の ID を保証するために使用します。電子署名に関するトピックのリストについては、電子署名と直筆署名についてを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー