Adobe® PDF または PDF ポートフォリオに対しておこなった変更は、元の PDF または PDF のコピーに保存できます。個々の PDF をテキスト、XML、HTML、Microsoft Word などの他のファイル形式で保存することもできます。PDF をテキスト形式で保存すると、スクリーンリーダーや拡大鏡などの支援テクノロジーを活用してコンテンツを使用できるようになります。

Adobe PDF の作成元のソースファイルにアクセスできない場合でも、PDF から画像やテキストをコピーして別の場所で使用できます。また、PDF を再利用可能な形式で書き出したり、PDF の画像を別の形式で書き出したりすることもできます。

文書の作成者が使用権限を有効にしている場合は、Adobe Reader® のユーザーは PDF または PDF ポートフォリオのコピーを保存できます。追加機能の使用権限または制限付きの使用権限が文書に設定されている場合、許可されている権限または制限されている権限についてツールバーの下の文書メッセージバーに表示されます。

PDF の保存

この方法を使用して、PDF ポートフォリオを含む PDF や、注釈、フォームフィールドの入力内容、電子署名を追加した PDF を保存します。

注意:

電子署名された PDF を保存すると、署名は無効になります。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 現在のファイルへの変更を保存するには、ファイル/上書き保存を選択します。

    • PDF のコピーを保存するには、ファイル/名前を付けて保存(Windows)または別名で保存(Mac OS)を選択します。

    • Reader で、ファイル/名前を付けて保存(Windows)または別名で保存(Mac OS)、またはファイル/その他の形式で保存/テキストを選択します。

    • PDF ポートフォリオのコピーを保存するには、ファイル/その他の形式で保存PDF ポートフォリオを選択します。

    注意:

    Web ブラウザーで PDF を表示している場合、Adobe Acrobat XI のファイルメニューは使用できません。Acrobat ツールバーにある「コピーを保存」ボタンを使用して PDF を保存します。

最後に保存したバージョンの復元

  1. ファイル/復帰を選択し、「復帰」をクリックします。

自動保存機能について

自動保存機能では、指定した場所にファイルの変更内容を累積的および定期的に保存することにより、作業内容が万一の停電で失われるのを防ぎます。自動保存によって元のファイルが変更されることはありません。Acrobat によって作成される自動保存ファイルには、開いたファイルが最後に自動保存されてから加えられたすべての変更内容が含まれます。自動保存ファイルに含まれる新しい情報の量は、Acrobat で自動保存ファイルを保存する頻度によって異なります。自動保存の間隔を 15 分に設定すると、問題が発生したときに、それまでの 14 分間の作業内容が失われます。頻繁に自動保存を行うことによってデータの消失を防ぐことができ、注釈を追加する場合など、文書に広範囲の変更を加える場合に特に便利です。

Acrobat を再起動したときに、元のファイルに自動保存の変更内容を適用できます。ファイルを閉じたり、手動で保存したり、またはファイルを最後に保存した状態に戻すと、自動保存ファイルは削除されます。

注意:

スクリーンリーダーなどの支援テクノロジーを使用する場合、ファイルを再読み込みしたときに作業していた場所がわからなくならないように、自動保存機能を無効にすることができます。

次の場合、自動保存機能は使用できません。

  • 文書のセキュリティが変更されている場合。文書の変更内容の自動保存を再度有効にするには、文書を保存する必要があります。

  • Web キャプチャ機能を使用して文書を作成した場合や大きな PDF から文書を抽出(ツール/ページ/抽出)した場合。変更内容の自動保存を有効にするには、文書を保存する必要があります。

  • Web ブラウザーで文書を表示している場合や、Object Linking and Embedding(OLE)をサポートしているコンテナ文書に文書が組み込まれている場合。このような文書は、デフォルトのファイルシステムの外部で表示されるため、自動保存をサポートできません。

失われた変更内容の復元

予期しない障害による変更内容の消失を防ぐには、自動保存機能を有効にします。これはデフォルトで有効です。

自動保存の設定

  1. 環境設定ダイアログボックスの「分類」から「文書」を選択します。
  2. 「文書の変更を一時ファイルに自動保存する間隔 xx 分 (1-99)」を選択し、分単位の時間を指定します。

予想外のシャットダウンが発生した後の消失した変更内容の復元

  1. Acrobat を起動するか、最後に作業していたファイルを開きます。
  2. 確認メッセージが表示されたら、「はい」をクリックして自動保存ファイルを開きます。複数のファイルを開いていた場合は、Acrobat ですべてのファイルが開きます。
  3. 作業していた元のファイルと同じ名前でファイルを保存します。

保存によるファイルサイズの削減

場合によっては、単に「その他の形式で保存」コマンドを使用するだけで PDF のファイルサイズを縮小できます。PDF のサイズを縮小すると、特に Web 上で開く場合などに、外観を変更することなくファイルのパフォーマンスが向上します。

ファイルサイズを縮小」コマンドは、画像のリサンプルおよび再圧縮、埋め込まれた Base-14 フォントの削除、埋め込まれていないフォントのサブセット埋め込みを行います。また、文書構造も圧縮し、個々のしおりなどの要素をクリーンアップします。ファイルサイズが既に可能な限り圧縮されている場合は、このコマンドを使用しても変化しません。

注意:

電子署名された文書のファイルサイズを縮小すると、署名が削除されます。

  1. PDF を 1 つ開くか、PDF ポートフォリオ内で 1 つまたは複数の PDF を選択します。
  2. ファイル/その他の形式で保存/サイズが縮小された PDF を選択します。
  3. 必要な互換対象バージョンを選択します。

    すべてのユーザーが Acrobat XI または Adobe Reader XI を使用している場合、互換対象を最新バージョンに限定することで、さらにファイルサイズを減らすことができます。

    注意:

    Acrobat Pro で「Acrobat 4.0 およびそれ以降」を選択した場合、文書に透明部分が含まれていると、透明部分は統合されます。

    注意:

    Acrobat Pro で「Acrobat 4.0 およびそれ以降」を選択した場合、文書に透明部分が含まれていると、透明でなくなります。

  4. (オプション)同じ設定を複数のファイルに適用するには、「複数に適用」をクリックし、ファイルを追加します。「OK」をクリックし、出力オプションダイアログボックスでフォルダーとファイル名を指定します。

    注意:

    複数に適用」ボタンは、PDF ポートフォリオでは使用できません。

変更を優先する点と品質を優先する点を細かく調整する場合、より多くのオプションを使用できる、Acrobat Pro の「PDF の最適化」を使用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー