注意:

最新版の Acrobat をご利用の場合は、こちら をご覧ください。

内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Acrobat を使用した PDF ファイルの作成方法について説明しています。

一般的に PDF ファイルは、Microsoft Office で作成したファイルや CAD ファイル、リッチテキストファイルなど、PDF 形式以外の既存のドキュメントを変換して作成します。Acrobat には複数の変換方法が用意されておりますが、変換方法によってそれぞれ利点や制限があります。

A. Acrobat の「作成」メニュー

Acrobat を起動し、「ファイル」メニューまたは作成ツールバーから変換を行う方法です。

ファイルから PDF

コンピューター内に保存されているファイルを選択して PDF に変換します。

スキャナーから PDF

スキャナーから取り込んだイメージを PDF に変換します。新聞などの印刷物をテキストデータとして取り込む OCR などの処理を行う場合に便利です。

ファイル/作成/スキャナーから PDF/プリセットを設定を選択し、解像度やカラーモード、OCR の実行などのスキャン時の設定を指定することができます。

Web ページから PDF

インターネット上のページを PDF に変換します。頻繁に更新される Web  ページの情報を保存しておく場合などに便利です。「複数レベルをキャプチャ」を選択することで、単一ページだけではなく、ディレクトリ内のページを自動で取得して変換することもできます。

クリップボードから PDF

システム上でコピーした情報を PDF に変換します。例えば、テキストファイルや電子メールなどの一部をコピーしてからこの処理を行うと、ファイルやメール本文全体ではなく、コピーされた部分だけが PDF に変換されます。

B. 印刷コマンド

ファイルメニューに印刷またはプリントコマンドがあるアプリケーションであれば、どのアプリケーションからでも PDF ファイルを生成することができます。例えば Windows のメモ帳や Mac OS のテキストエディットで作成したデータなども PDF 形式で保存することができます。また、PDF の変換設定も用途に応じて変更し、プリセットとして保存することができます。

なお、Adobe PDF プリンターには、初期設定で複数のプリセット(PDF/A、PDF/X、プレス品質、雑誌広告送稿用など)が用意されているため、PDF 設定の変更は必ずしも必要な手順ではありません。用意されているプリセットが用途に適していない場合は、必要に応じて PDF 設定を変更してください。

B-1. 印刷コマンドから PDF を作成

このセクションでは、B-1. で設定したプリセットを指定して、PDF を作成する手順について説明しています。以下の手順では、例として Windows はメモ帳から、Mac OS はテキストエディットから PDF を作成しています。

Windows の場合

  1. メモ帳を起動し、ファイルを作成するか、または PDF に変換するファイルを開きます。
  2. ファイル/印刷を選択します。
  3. 印刷に使用するプリンターとして「Adobe PDF」を選択し、「詳細設定」をクリックします。





     
  4. 「Adobe PDF 設定」タブの「PDF 設定」ポップアップメニューから、B-1. で保存したプリセットを選択し、「OK」をクリックします。
  5. 「印刷」をクリックし、PDF 変換を実行します。

Mac OS の場合

  1. テキストエディットを起動し、ファイルを作成するか、または PDF に変換するファイルを開きます。
  2. ファイル/プリントを選択します。
  3. 画面左下の「PDF」ポップアップメニューから「Save as Adobe PDF」を選択します。





     
  4. Adobe PDF として保存ダイアログボックスが表示されたら、「Adobe PDF の設定」ポップアップメニューから、B-1. で保存したプリセットを選択し、「続ける」をクリックします。
  5. 「保存」ダイアログボックスが表示されたら、PDF ファイルの保存場所とファイル名を指定し、「保存」をクリックします。

 注意 : この機能は、文書作成アプリケーションや画像編集アプリケーションなど、印刷用のコマンドが実装されているほとんどすべてのアプリケーションから使用することができますが、Microsoft Office や Autodesk AutoCAD などの一部のソフトウェアには専用のプラグイン(PDFMaker)がインストールされます。これらのソフトウェアでも、上記のように印刷用コマンドから PDF 変換を行うこともできますが、PDFMaker でサポートされる機能の多くがプリントコマンドでは使用できません。Office アプリケーションや AutoCAD、Lotus Notes などで変換を行う場合は、E. プラグインを利用した変換(PDFMaker)の手順を推奨します。

B-2. PDF 設定の変更

PDF 変換設定を変更するには、以下のいずれかの操作を行います。

Windows の場合

  1. スタートメニューから「デバイスとプリンター」(Windows 7)/「プリンター」(Windows Vista)/「プリンターと Fax」(Windows XP)を選択します。
  2. Adobe PDF を右クリックし、「印刷設定」を選択します。
  3. 「Adobe PDF 設定」タブで「編集」ボタンをクリックします。





     
  4.  画面左にカテゴリが表示されます。画像のダウンサンプルやフォントの埋め込み、カラーマネジメントなどの設定を用途に合わせて変更してください。
  5. 設定が完了したら、画面下部の「名前を付けて保存」をクリックします。





     
  6. 保存場所は変更せずに、ファイル名のみ指定して「保存」をクリックします。





     
  7. 指定したプリセット名がダイアログボックスのタイトルバーに表示されます。「OK」をクリックして閉じます。





     
  8. Adobe PDF 印刷設定ダイアログボックスの「PDF 設定」ポップアップメニューに、保存したプリセットの名前が表示されます。



Mac OS の場合

  1. Finder で移動/アプリケーションを選択します。
  2. Adobe Acrobat X Pro フォルダーを開きます。
  3. Acrobat Disitller をダブルクリックして起動します。





     
  4. 設定/Adobe PDF 設定の編集を選択します。
  5.  画面上部にカテゴリが表示されます。画像のダウンサンプルやフォントの埋め込み、カラーマネジメントなどの設定を用途に合わせて変更してください。
  6. 設定が完了したら、画面下部の「別名で保存」をクリックします。





     
  7. 保存場所は変更せずに、ファイル名のみ指定して「保存」をクリックします。





     
  8. Acrobat Distiller 画面で、保存したプリセットの名前が表示されます。



 注意 : プリセットは拡張子 joboption のファイルとして保存され、保存場所は自動的に以下のフォルダーが指定されます。以下の場所以外に保存したプリセットは、PDF 書き出し時に選択することができませんのでご注意ください。

  • Windows 7/Vista : C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe PDF\Settings
  • Windows XP : C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Adobe\Adobe PDF\Settings
  • Mac OS : Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Adobe PDF/Settings

C. ファイルを右クリック(Windows のみ)

Windows 版 Acrobat をインストールすると、ファイルを右クリックして表示されるメニューに「Adobe PDF に変換」コマンドが表示されるようになります。変換時に設定を調整することはできませんが、手早くファイルを PDF に変換する場合に適しています。

 

D. ファイルをドラッグ&ドロップ

ファイルを Acrobat アプリケーションアイコン、または Acrobat アプリケーションウィンドウ内に直接ドラッグ&ドロップします。変換時に設定を調整することはできませんが、手早くファイルを PDF に変換する場合に適しています。

E. PDFMaker からの作成(Windows)

Microsoft Office、AutoCAD、Lotus Notes など、特定のサードパーティ製アプリケーションには PDFMaker という専用のプラグインがインストールされます。これらのプラグインを使用して、Acrobat を起動することなく、PDF 変換を実行することができます。

Office アプリケーションの場合、Acrobat リボンが追加され、「PDF を作成」ボタンから PDF 変換を実行することができます。

また「環境設定」ボタンからは、しおりやハイパーリンク、電子メールの自動アーカイブなど、Office アプリケーション固有の PDF 変換設定を行うことができます。

設定項目や設定方法、変換の手順などは、アプリケーションによって異なります。詳細については、Acrobat ヘルプ「PDFMaker による PDF の作成(Windows)」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー