A. 概要

この文書では、デジタル ID を使用して PDF を暗号化し、暗号化された PDF を開くワークフローについて説明しています。デジタル ID によって暗号化された PDF は、暗号化の際に指定された受信者のみが開けます。受信者はあらかじめ PDF の送信者にデジタル ID を提供する必要があります。

デジタル ID で暗号化された PDF ファイルは、指定された受信者のみ開くことができます。指定されていないユーザーが PDF を開こうとすると、以下のエラーメッセージが表示されて PDF は開かれません。

  • 「この文書の暗号化にはデジタル ID が使用されましたが、解読するデジタル ID がありません。デジタル ID が正しくインストールされているかを確認するか、文書の作成者にお問い合わせください。」

B. デジタル ID を作成して書き出す(受信者)

  1. Acrobat または Adobe Reader を起動します。

  2. 編集/環境設定を選択します。

  3. 画面左の一覧から「署名」を選択し、「ID と信頼済み証明書」セクションの「詳細」ボタンをクリックします。

  4. デジタル ID と信頼済み証明書の設定ダイアログボックスが表示されたら、「ID を追加」をクリックします。

    注意:

    既に保存されている ID を使用する場合は、手順.9 に進んでください。

  5. デジタル ID を追加ダイアログボックスが表示されます。「今すぐデジタル ID を新規作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

  6. 「Self-Sign デジタル ID をどこに格納しますか?」と表示されたら、「新しい PKCS#12 デジタル ID ファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。

  7. 「Self-Sign 証明書の生成時に使用する ID 情報を入力します。」と表示されたら、署名に使用する情報を入力し、「次へ」をクリックします。

  8. デジタル ID に使用するパスワードを入力し、「完了」をクリックします。

    ※ 必要に応じて「参照」をクリックして保存場所を変更できます。

  9. 追加された ID を選択し、「書き出し」を選択します。

  10. データ交換ファイル - 書き出しオプションダイアログボックスが表示されたら、「データをファイルに保存」を選択し、「次へ」をクリックします。

  11. ファイルの保存ダイアログボックスが表示されたら、「ファイルの種類」から「Acrobat FDF データ交換(*.fdf)」を選択します。任意のファイル名と保存場所を指定して「保存」をクリックします。

  12. 「保存が完了しました。」と表示されたら、「OK」をクリックします。

以上でデジタル ID の作成と書き出しは完了です。書き出したファイルを、PDF の送信者に提供してください。

C. PDF を暗号化する(送信者)

  1. 受信した fdf ファイルをダブルクリックします。

  2. データ交換ファイル - 連絡先を取り込みダイアログボックスが表示されたら、「連絡先の信頼を設定」ボタンをクリックします。

  3. 連絡先設定を取り込みダイアログボックスが表示されたら、以下の操作を行います。

    • 「この証明書を信頼済みのルートとして使用」にチェックを入れます。
    • 「証明済み文書」にチェックを入れます。
    • その他、必要に応じてチェックを入れ、「OK」をクリックします。

  4. 取り込みの終了ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックします。

  5. 「閉じる」をクリックして、データ交換ファイルダイアログボックスを閉じます。

  6. Acrobat を起動し、暗号化する PDF ファイルを開きます。

  7. ファイル/プロパティを選択します。

  8. 「セキュリティ」タブを選択し、「セキュリティ方法」ポップアップメニューから「証明書によるセキュリティ」を選択します。

  9. 証明書によるセキュリティ設定ダイアログボックスが表示されたら、必要な項目を設定して「次へ」をクリックします。設定内容が不明な場合は初期設定のままでも問題ありません。

  10. 文書のセキュリティ - デジタル ID の選択ダイアログボックスが表示されたら、本人のデジタル ID が表示され選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。

  11. 「受信者の選択」画面が表示されます。画面右上の「検索」ボタンをクリックします。

  12. 受信者を検索ダイアログボックスが表示されたら、以下の操作を行います。

    1. 「すべてのディレクトリを検索」のチェックをはずします。
    2. 「ディレクトリ」ポップアップメニューから「信頼済み証明書」を選択します。
    3. 検索結果に表示される ID を選択し、「OK」をクリックします。
  13. 証明書によるセキュリティの設定ダイアログボックスに戻ったら、「次へ」をクリックします。

  14. 「このポリシーの概要をレビューしてください。」と表示されたら、表示内容を確認して「完了」をクリックします。

  15. 「セキュリティの設定は、文書を保存して閉じるまで適用されません。」と表示された場合は、「OK」をクリックします。

  16. 文書のプロパティダイアログボックスを閉じます。

  17. ファイル/名前を付けて保存を選択し、任意のファイル名と保存場所を指定して保存します。

以上でデジタル ID を使用した PDF の暗号化は完了です。保存した PDF を対象のユーザーに提供してください。

D. 暗号化された PDF ファイルを開く

自分がアクセスを許可されている場合、暗号化された PDF を開くと以下のようなメッセージが表示されます。

  • 「暗号化された文書を開くには、自分のデジタル ID にアクセスする必要があります。」

パスワードテキストボックスには、自分のデジタル ID 作成時に設定したパスワードを入力して、「OK」をクリックします。

暗号化された PDF を開くと、画面左には暗号化されていることを示す鍵のアイコンが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー