内容 (What's Covered)

この文書では Adobe After Effects で、動画から静止画シーケンスを書き出す方法について説明します。

静止画シーケンスとして書き出す方法

Adobe After Effects では、ムービーを静止画のシーケンスとしてレンダリングして書き出すことができます。この場合、ムービーの各フレームは個別の静止画ファイルとして出力されます。

レンダリングと書き出しは、レンダキューパネルから行います。「レンダリング設定」から画質や解像度などを設定し、「出力モジュール」で静止画シーケンスファイル形式を選択してレンダリングを開始します。

  1. After Effects で既存のプロジェクトファイルを開きます。

  2. プロジェクトパネル(ウィンドウ/プロジェクト)から書き出すコンポジションを選択し、以下のいずれかの操作を行います。

    • コンポジション/レンダキューに追加 を選択します。
    • 選択したコンポジションをレンダキューパネルにドラッグ&ドロップします。
  3. レンダーキューパネルの「出力先」の横にある三角形をクリックして、ファイル名設定規則を選択し、保存場所を選択します。

  4. 「レンダリング設定」の右にある三角形をクリックして、レンダリング設定テンプレートを選択します。

  5. ログポップアップメニューからログの種類を選択します。

  6. 「出力モジュール」の右に表示されている設定名をクリックし、出力モジュール設定ウィンドウを表示します。

  7. メインオプションの「形式」から、書き出したい静止画シーケンス形式を選択します。

  8. その他の設定を行い、「OK」をクリックして出力モジュール設定ウィンドウを閉じます。

  9. レンダーキューパネルの右上隅にある「レンダリング」ボタンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー