Adobe Soundbooth はビデオ編集者、Flash デザイナーなど、オーディオを専門としないクリエイティブプロフェッショナルのための扱いやすいオーディオ編集ツールでした。

一方、Adobe Audition は高いコントロール力を備えたオーディオプロフェッショナルのためのツールで、お客様からは Audition で提供されていたようなオーディオコントロールを求める声をいただいていました。

このため、Soundbooth は 2011年4月24日をもちまして販売を終了させていただき、プロフェッショナルなオーディオツールセットを望むお客様の声に応え、Adobe Creative Suite 5.5 Production Premium および Master Collection では、Soundbooth に代わり、クロスプラットフォーム対応の製品として Audition を提供させていただくこととなりました。

従来 Audition が持っていたパワーと正確なコントロールに、Soundbooth の最新のインターフェイスと効率的なワークフローが加わった Adobe Audition CS5.5 は、フル機能のオーディオツールを持った全く新しい製品となっております。

Soundbooth CS5 と Audition CS5.5 の機能の違い

  Soundbooth CS5 Audition Cs5.5 備考
Flash キューポイント出力 × AME CS5.5 でキューポイントの出力に対応。
Soundobooth スコア × Audition では、Soundbooth スコアでの楽曲制作には対応していません。
Resource Central からの効果音取得 Audition でも、Resource Central からの効果音取得が可能。
Premiere Pro との連携 Soundobooth では Premiere のオーディオトラック単位での連携に対し、Audition ではタイムライン全体の連携が可能。
5.1 サラウンド対応 ×  
OMF/XML 入出力 × 他社製編集ツールとの連携。
最大サンプリング周波数 96kHz 192kHz  

追加情報 (ADDITIONAL INFORMATION)

Audition 1.5/2/3 および Soundbooth CS3/CS4/CS5 から、Audition CS5.5 へのアップグレードが可能です。

詳しくは、こちらをご確認ください。

- Adobe Audition CS5.5 / 購入ガイド 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー