内容 (What's Covered)

Adobe Audition CS6 で、特定の周波数を編集する方法について説明します。

スペクトル表示で作業する際は、長方形選択ツール、なげなわ選択ツール、ブラシ選択ツールなどを使用して、特定のスペクトル範囲のオーディオデータを選択できます。範囲選択した箇所をノイズやエコーなどのエフェクトを適用したり、音を削除したりといった編集することができます。

特定の周波数を編集する方法

  1. Audition を起動し、ファイル/開く から、オーディオファイルを読み込みます。

  2. ビュー/周波数をスペクトル表示を選択します。
    ※ ここでは例として、スペクトル表示にしています。

  3. 編集したい箇所を選択ツールで選択します。
    ※ ここでは例として、長方形選択ツールを使用します。

  4. 効果や調整など目的の編集をします。
    ※ ここでは例として、エフェクト/無音を選択します。

  5. 効果が適用されて、特定の周波数を編集できたか、確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー