この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。 日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Adobe Audition CC のエフェクトメニューおよびエフェクトラックに、以前のバージョンでは表示されていたプラグインが表示されません。

理由 (Reason)

Audition CC は、64 ビットアプリケーションです。32 ビット環境向けに設計されているプラグインは、ブリッジを使用して 64 ビットバージョンにアップグレードする必要があります。

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、以下のいずれかの操作を行います。

Windows の場合

jBridge をインストールします。jBridge は以下の Web サイトから入手可能です。

http://jstuff.wordpress.com/jbridge

VST プラグインをラップする必要はありません。Audition の「エフェクト」環境設定で、「jBridge を使用して 32 bit VST エフェクトをスキャン」にチェックを入れます。

Mac OS の場合

jBridgeM をインストールします。jBridge は以下の Web サイトから入手可能です。

http://jstuff.wordpress.com/jbridgem/

ユーティリティを使用して、Audition CC で利用可能な新しい VST ファイルを作成できます。

注意:

jBridge および jBridgeM は、いずれもシェアウェアですが、Demo 版も用意されています。

追加情報 (Additional Information)

64 ビットへの移行は、64 ビットオーディオのキャプチャと編集を意図したものではなく、メモリとハードウェアの向上を目的としています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー