この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。
日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

この文書では、Adobe Bridge CC の使用中に発生するパフォーマンスの低下やシステムエラーを解決するためのトラブルシューティングを紹介します。

Bridge 使用中のトラブルには、以下のような様々な現象があります。

  • 空白のダイアログボックスが表示されたり、ダイアログボックスがちらつく
  • 画面やカーソルのフリーズ
  • 「アプリケーション ”unknown” は予期せず終了しました。」エラー

デバイスドライバ、ソフトウェア、ハードウェア間の競合や特定のファイルの破損などの要因がシステムエラーを引き起こすこともあります。Bridge の作業中にシステムエラーが発生した場合でも、Bridge が原因とは限りません。Bridge は問題を確認するのに十分なだけのメモリおよびプロセッサーが要求されるアプリケーションです。

トラブルシューティングを行うには、以下の手順を上から順に行います。

A. Bridge を最新バージョンにアップデート

以下のいずれかの方法で、Bridge を最新版にアップデートします。

B. 環境設定および標準のワークスペースのリセット、キャッシュの削除

破損した環境設定やワークスペースには、Bridgeで予期しない動作を引き起こす可能性があります。キャッシュを削除すると、サムネイルのプレビュー表示の問題を修正することができます。

以下のいずれか、または複数の操作を実行して、環境設定およびワークスペースのリセット、キャッシュの削除を行います。

b-1. 設定をリセット

  1. Bridge を起動させてすぐに、設定をリセット ダイアログボックスが表示されるまで、以下のキーを押します。

    • Windows : Ctrl + Alt + Shift キー
    • Mac OS : Command + Option + Shift キー
  2. 「環境設定をリセット」、「すべてのサムネールのキャッシュをクリア」、「標準のワークスペースをリセット」の 3 つすべてのオプションを選択し、「OK」をクリックします。

b-2. 環境設定 ダイアログボックスからキャッシュを削除

以下の操作でも、キャッシュを削除することができます。

  1. Bridge を起動し、以下の操作を行います。

    • Windows : 編集/環境設定 を選択します。
    • Mac OS : Bridge/環境設定 を選択します。
  2. 「キャッシュ」を選択し、「キャッシュを削除」ボタンをクリックします。

b-3. キャッシュフォルダを手動で削除

  1. Bridge を起動し、以下の操作を行います。

    • Windows : 編集/環境設定 を選択します。
    • Mac OS : Bridge/環境設定 を選択します。
  2. 環境設定 ダイアログボックスが表示されたら「キャッシュ」を選択し、キャッシュフォルダーの場所を確認します。

  3. エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)でキャッシュフォルダーの場所を開きます。

  4. Cache フォルダーをごみ箱にドラッグして削除します。

C. スタートアップスクリプトの停止

破損したスタートアップスクリプトを検出した場合、Bridge がクラッシュしたり、起動できなくなります。問題の原因がスタートアップスクリプトにあるか確認するために、すべてのスタートアップスクリプトを無効にします。

  1. Bridge を起動し、編集/環境設定(Windows)、または Bridge/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスが表示されたら、「スタートアップスクリプト」を選択して開きます。

  3. 「すべてを無効化」ボタンをクリックし、「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

  4. スタートアップスクリプトを無効化して Bridge が正常に動作した場合は、問題のあるスクリプトを判別するために 1 つまたは少数グループに分けてスクリプトを有効化してみます。

    詳細については、ヘルプをご確認ください。

D. スキャン、ディスク管理アクティビティプログラムを一時的に無効化

ディスクアクティビティをスキャン、または管理するプログラムは、キャッシュファイルに書き込んだりインターネットと接続する際に、Bridge と競合する場合があります。一時的に以下のようなプログラムを無効にして Bridge を実行し、それでもまだクラッシュが発生するか、またはパフォーマンスが改善するか確認します。

  • ウィルス対策ソフトウェア(例 : MacAfee Virex、Norton Anti-Virus)
  • ファイアウォールソフトウェア(例 : ZoneAlarm)
  • バックグラウンドでハードディスクアクティビティを管理するソフトウェア(例 : Noton Utilities)
  • 削除されたファイルを格納したり、システムから一時ファイルを削除するソフトウェア(例 : Norton SystemWorks)

プログラムを無効化する方法については、それぞれのマニュアルを参照してください。ファイアウォールソフトウェアを無効にする場合は、システム管理者にお問い合わせください。

E. フォルダーパネルの無効化

フォルダーパネルが有効になっていると、Bridge の起動が遅くなる場合があります。フォルダーパネルを使用していない場合は、表示を無効にします。

  • フォルダーパネルを非表示にするには、Bridge を起動してウィンドウ/フォルダーパネルをクリックして選択を解除します。

F. プレビューパネル、メタデータパネルの無効化

プレビューパネルやメタデータパネルは、サムネールを表示する際や、現在表示している画像から別の画像へ移動する際にリソースを消費します。これらのパネルを利用していない場合は、表示を無効にします。

  • パネルを非表示にするには、Bridge を起動してウィンドウメニューから「プレビューパネル」および「メタデータパネル」をクリックして、選択を解除します。

G. 処理するファイルを縮小化

Bridge では大きなサイズのファイルをサムネール処理する際、パフォーマンスが低下することがあります。初期設定では、処理するファイルの最大サイズは 1000 MB に設定されています。環境設定ダイアログボックスでは、このサイズを縮小することができます。

  1. Bridge を起動し、編集/環境設定(Windows)、または Bridge/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスが表示されたら、「サムネール」を選択して開きます。

  3. 「パフォーマンスとファイル処理」セクションで、「処理するファイルの最大サイズ」に「100MB」などの値を入力します。

    詳細については、ヘルプをご確認ください。

H.バックグラウンドで実行されていないか確認 (Windows)

Bridge がサムネールを生成している最中にフォルダー内の画像を別のフォルダーに移動した場合、フリーズやクラッシュなどの問題が発生する可能性があります。クラッシュ後は Bridge を再起動する前に、バックグラウンドでまだファイルの処理が行われていないか確認します。

  1. Ctrl キー + Alt キー + Delete キーを押して、「タスクマネージャーの起動」を選択します。

  2. Windows タスクマネージャーダイアログボックスが表示されたら、「プロセス」タブをクリックして開きます。

  3. 「Bridge.exe」を選択して、「プロセスの終了」ボタンをクリックします。

I. 起動時に表示するフォルダーの変更

Bridge の初期設定では、前回の終了時に表示していたフォルダーを起動時に表示します。破損したフォルダー、あるいは破損した画像ファイルが含まれているフォルダーを読み込んだ場合、起動が遅くなったり、クラッシュすることがあります。

起動時に読み込むフォルダーを変更することで、起動時間を短縮したり、クラッシュを回避することができます。強制的に起動時にデスクトップを開くには、Bridge の環境設定をリセットします。環境設定をリセットする手順については、上記の手順 B. を参照してください。

J. 切断されたネットワーク上のフォルダーを参照していないか確認

起動時に開くように設定されているフォルダーが、切断されているネットワーク上にある場合、Bridge が起動しない可能性があります。切断されたネットワークドライブを参照しているために Bridge が起動しないと考えられる場合は、起動時に Bridge の環境設定をリセットします。環境設定をリセットすると、起動時にデスクトップが表示されます。環境設定をリセットする手順については、上記の手順 B. を参照してください。

K. グラフィックドライバのアップデート

最新版のドライバについては、ビデオカードの製造元にお問い合わせください。ビデオカードの製造元を確認するには、「デバイスマネージャー」(Windows)、または「システムプロファイラ」(Mac OS)でビデオカードのプロパティを表示します。表示方法については、OS のマニュアルを参照してください。

L. システムのトラブルシューティング

上記の解決方法で問題が改善されない場合は、一般的なシステムのトラブルシューティングを実行します。特に、最新版のソフトウェアを実行していること、最新版のビデオカードドライバがインストールされていることを確認してください。手順については、以下のページを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー