この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

 

 

内容 (What's Covered)

 

A. ライセンス認証を再度行います

B. ライセンス認証情報を転送します

C. トラブルシューティング/初級編~中級編

C-1. ハードディスクの修復

C-2. ハードディスクの空き容量

C-3. Adobe LM Service の再起動

D. トラブルシューティング/上級編

D-1. dat ファイルのアクセス権の設定

D-2. RAID 環境におけるライセンス認証の問題

D-3. ハードディスクの再フォーマット

 

この文書は、Macintosh 版 Adobe Creative Suite 2.x、Adobe GoLive CS2、Adobe Illustrator CS2、Adobe InDesign CS2、および Adobe Photoshop CS2 のライセンス認証(アクティベーション)に関する問題を解決するのに役立ちます。ライセンス認証が問題なく完了した後も、ライセンスの確認は継続して行われています。ライセンス認証に関する問題はさまざまな形で現れます。

 

 

 注意 : この文書内における Adobe アプリケーションとは、Creative Suite 2.x、GoLive CS2、Illustrator CS2、InDesign CS2、Photoshop CS2 を指しています。

 

- Adobe アプリケーションから再度ライセンス認証を求められる場合は、A. ライセンス認証を再度行います を参照してください。

- Adobe アプリケーションの起動が遅い場合、起動に失敗する場合、または以下のようなエラーが発生する場合には、C. トラブルシューティング/初級編~中級編 を参照してください。

  • 「The license configuration data for Adobe Creative Suite is long longer usable.(この Adobe Creative Suite のライセンス設定データは無効です。)」

- Adobe アプリケーションが以下のようなエラーを返す場合、D. トラブルシューティング/上級編 を参照してください。

  • 「Current user account does not have the privileges to perform Product Activation,(現在のユーザアカウントには製品のライセンス認証を行う権限がありません。)」

 

上記のケースに該当しない現象の場合は、以下に記載の手順を順序どおりに行ってください。

 

ライセンス認証についての詳細は、以下の弊社 Web サイトを参照してください。

URL : http://www.adobe.com/jp/activation/

 

 A. ライセンス認証を再度行います

 

一度ライセンス認証が正常に完了した後でも、以下のいずれかの状況に該当する場合に再度ライセンス認証を求められることがあります。

 

- 「アーカイブしてからインストール」オプションを使用して Mac OS X をアップグレードした場合(例 : Mac OS X 10.3.x から 10.4 へのアップグレード)

- 「Macintosh HD/ライブラリ/Preferences/Adobe Systems/Product licenses_120」フォルダの dat ファイルが削除された場合

- Adobe アプリケーションをデュアルブート可能なコンピュータにインストールした場合

   ※ 物理的に複数のハードディスクが接続されている場合だけではなく、1 つのハードディスクを複数のパーティションに分割している場合も同様です。

   ※ それぞれのインストールされた複数のオペレーティングシステムのうち、1 つのシステム上でのみライセンス認証を行うことが可能です。

- Mac OS X の再インストール、またはハードディスクの再フォーマットを行った場合*

- ソフトウェアのライセンス認証を他のコンピュータに転送した場合

 

画面の指示に従って、Adobe 製品のライセンス認証を再び行ってください。ソフトウェアのライセンス認証の再実行については、Adobe アプリケーションのインストール CD に収録されている「ライセンス認証お読みください.html」を参照してください。

 

* この場合、電話によるライセンス認証がご利用いただけます。インターネット接続環境があれば、Adobe アプリケーションの起動時にライセンス認証を行うことも可能です。

電話によるライセンス認証の問い合わせ先については、以下の弊社 Web サイトを参照してください。

URL : http://www.adobe.com/jp/activation/phonenumbers.html

 

 B. ライセンス認証情報を転送します

 

アプリケーションを使用するコンピュータを変更する場合、あらかじめ元のコンピュータでライセンスの転送を行う必要があります。

ライセンス認証を転送せずに複数のコンピュータでライセンス認証を行おうとすると、以下のメッセージが表示されます。

  • 「この Adobe <アプリケーション名>のコピーに許可されたライセンス認証数を超えました。」

このメッセージが表示された場合は、認証済みのライセンスを転送してから、ライセンス認証を行います。

ライセンス認証情報を転送するには、以下の操作を行います。

  1. ライセンス認証済みの Adobe アプリケーションを起動します。
  2. [ヘルプ] メニューから [ライセンス認証を転送](Photoshop CS2/Illustrator CS2)/[ライセンス認証の転送](GoLive CS2)/[ライセンス認証の移行](InDesign CS2)を選択します。
  3. 「ライセンス認証を転送 - Adobe <アプリケーション名>」ウィンドウが表示されたら、[転送] をクリックします。
  4. 「認証」画面が表示されたら、ユーザアカウントの名前とパスワードを入力します。
  5. 「ライセンス認証の転送が完了しました」と表示されたら、[完了] をクリックします。

 

 C. トラブルシューティング/初級編~中級編

 

このセクションにある手順は、一般的なライセンス認証の問題を解決するのに役立ちます。以下のトラブルシューティングの多くは、管理者権限を持ったユーザアカウントでログインし行う必要があります。

管理者権限を持ったユーザアカウントでログインするには、以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行います。



    Mac OS X 10.4.x または 10.3.x の場合 :

    [アップル] メニューから [<ユーザアカウント名>のログアウト] を選択します。

    Mac OS X 10.2.8 の場合 :

    [アップル] メニューから [ログアウト] を選択します。
  2. 「すべてのアプリケーションを終了して、今すぐログアウトしてもよろしいですか?」と表示されたら [ログアウト] をクリックします。



  3. ログインパネルが表示されたら、管理者権限を持ったユーザアカウントを選択します。パスワードを入力し Return キーを押します。

 

 C-1. ハードディスクの修復

 

ハードディスクに破損や不良セクタが生じている場合、ライセンス認証の問題が起こります。Mac OS X に付属のディスクユーティリティ、あるいは Alsoft Disk Warrior などのサードパーティ製のディスクユーティリティを使用して、ハードディスクを修復してください。各ディスクユーティリティの詳細については、付属のマニュアルやヘルプを参照してください。

 

 C-2. ハードディスクの空き容量

 

Adobe LM Service が動作するために十分なハードディスクの空き容量がない場合、Adobe アプリケーションを起動できない可能性があります。その場合は、ハードディスク上の不要なファイルを削除するなどして、ハードディスクの空き容量を増やします。

 

 C-3. Adobe LM Service の再起動

 

Adobe LM Service が終了している場合、Adobe アプリケーションは起動しません。Adobe LM Service を再起動するには、コンピュータを再起動し、その後 Adobe アプリケーションを起動します。

 

 D. トラブルシューティング/上級編

 

これまでに紹介した手順で問題が解決しない場合、以下のトラブルシューティングを行ってください。これらのトラブルシューティングはすべて管理者権限でログインし行う必要があります。

 

 D-1. dat ファイルのアクセス権の設定

 

dat ファイル(*.dat)のアクセス権が適切でない設定に変更されている場合、アプリケーションが正常に起動しなくなります。その場合は、dat ファイルのアクセス権をデフォルトの設定値に戻します。

dat ファイル(*.dat)のアクセス権を確認するには、以下の操作を行います。

  1. 以下の場所にある「Product licenses_120」フォルダを開きます。

    - 「Macintosh HD/ライブラリ/Preferences/Adobe Systems」フォルダ内
  2. 「<英数字>.dat」ファイルを選択します。
  3. Finder の [ファイル] メニューから [情報を見る] を選択します。
  4. ["<英数字>.dat"の情報] ウィンドウが表示されたら、「所有権とアクセス権」セクションを表示します。

     注意 : 内容が表示されていない場合は、「所有権とアクセス権」および「詳細な情報」それぞれの左隣にある三角マークをクリックして展開してください。
  5. dat ファイルのアクセス権の設定が、以下の値になっているか確認します。

    - [権限] : [読み/書き]

    - [オーナー] : [<ユーザ名>]

    - [アクセス] : [読み/書き]

    - [グループ] : [admin]

    - [アクセス] : [読み/書き]

    - [その他] : [読み/書き]
  6. アクセス権が上記の設定と異なっている場合は、上記と同じ設定になるようにアクセス権を変更します。
  7. ["<英数字>.dat"の情報] ウィンドウを閉じます。

 

 D-2. RAID 環境におけるライセンス認証の問題

 

Adobe 製品のライセンス認証を行う際、製品のライセンスデータはハードディスク内の安全な場所に保存されます。ライセンスデータにはコンピュータを識別するための特別なパラメータが含まれています。RAID 環境に Adobe 製品をインストールした場合、この識別子の生成が正常に行われず、ライセンス認証時のエラーの原因となる場合があります。RAID 環境でライセンス認証のエラーが発生する場合は、ライセンス認証オプションの「後で認証する」を選択し、弊社カスタマーサービスまでお問い合わせください。

電話によるライセンス認証の問い合わせ先は、以下の弊社 Web サイトで確認することができます。

 

URL : http://www.adobe.com/jp/activation/phonenumbers.html

 

 D-3. ハードディスクの再フォーマット

 

ライセンス認証データが破損している場合、または破損しているセクタ上にライセンス認証データが保存されている場合は、ライセンス認証の際のエラーの原因になります。この問題を解決するには、ハードディスクを再フォーマットし、Mac OS X と Adobe アプリケーションのみをオリジナルのメディアからインストールします。ハードディスクの再フォーマットによってすべてのファイルは消去されるため、必要なデータは事前にバックアップを取ります。また、Mac OS X および Adobe アプリケーションのインストールメディアがお手元にあることをあらかじめご確認ください。

 

 注意 : 問題が解決するまでは、他のソフトウェアやハードウェアをシステムにインストールしないでください。また、バックアップイメージからの復元では問題が改善されない、もしくは同様の問題が再発する可能性があります。

 

ハードディスクを再フォーマットし、Mac OS X と Adobe アプリケーションを再インストールした後、問題が再発するか確認します。

問題が再発しない場合 :

他のアプリケーションを 1 つずつインストールし、それぞれのインストール後に問題が再発するか確認します。あるアプリケーションのインストール後に問題が再発した場合は、そのアプリケーションが原因となっている可能性があります。

問題が再発する場合 :

Mac OS X と Adobe アプリケーションのみをインストールした場合にも問題が発生する場合は、原因はハードウェアに関連しています。ハードディスクの破損などが原因となっている可能性がありますが、詳細はコンピュータの製造元にお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー