この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What`s Covered)

Adobe Digital Publishing Suite を使用したコンテンツ、およびアプリケーション開発に関連するクラッシュログを取得する方法は 2 通りあります。

A. ローカルのデバイスからログを取得

カスタム Viewer を使用する際、または Adobe Content Viewer を使用してコンテンツの確認を行う際に強制終了が発生する場合は、弊社テクニカルサポートにエラーログを送付してください。デバイスとコンピューターを同期し、エラーが発生した日付のログを確認します。ログファイルは以下の場所に保存されます。

  • Windows 7/Vista の場合

    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Apple computer\Logs\CrashReporter\MobileDevice\<デバイス名>
  • Windows XP の場合

    C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Apple computer\Logs\CrashReporter\MobileDevice\<デバイス名>
  • Mac OS の場合

    Users/<ユーザー名>/Library/Logs/CrashReporter/MobileDevice/<デバイス名>

上記のパスには、Windows の初期設定で非表示になっている隠しフォルダーが含まれています。また、Mac OS X 10.7 では、ユーザーライブラリフォルダーが初期設定で非表示になっています。上記のパスが見つからない場合は、以下の文書を参照して、隠しフォルダーまたはライブラリフォルダーにアクセスしてください。

B. リモートエンドユーザーのログファイルを取得

カスタム Viewer アプリケーションを使用しているユーザーのクラッシュログは、iTunes Connect Web サイトから取得することができます。

  1. 開発者登録を行っている ID を使用して、iTunes Connect にログインします。

    URL : http://itunesconnect.apple.com
  2. 「Manage Your Application」をクリックします。
  3. 該当するアプリケーション名をクリックします。
  4. 「View Details」をクリックします。
  5. iTunes OS のバージョンごとに、タブが分かれています。それぞれのタブで以下の操作を行います。
    1. 「Crash Report」をクリックします。
    2. 「Download Crash Logs」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー