イベントベースの mbox を作成するには、ルールの「JavaScript / サードパーティタグ」セクションのカスタムコードに mbox を Dynamic Mbox として実装します。この実装では、ページ読み込みルールの「Target」セクションにある組み込み UI フィールドの代わりに mboxUpdate が使用されます。このオプションは、Target ツールがインストールされている場合にのみ表示されます。 Dynamic Mbox については詳しくは、次の URL を参照してください。https://marketing.adobe.com/resources/help/ja_JP/rec/r_Creating_a_Dynamic_Mbox.html

ルールの条件が設定されたら、「JavaScript / サードパーティタグ」セクションに移動し、スクリプトセットを「非順次 JavaScript」に追加します。スクリプトを「グローバルに実行」に設定します。(「グローバルに実行」チェックボックスがオンになっていると、すべてのページでトリガーされることはありません。代わりに、タグの JavaScript スコープを参照します。)

次に、スクリプトエディターで、mboxDefine/mboxUpdate コードに追加します。例:

 

image2014-10-28 12_26_55

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー