探索検索で作成されたコンテンツ

sdi-color-horizontal scaled

Adobe DTM への移行を計画する

Adobe Analytics の詳細

現在の Adobe Analytics の実装がページ上の方法または別のタグ管理システムを介して導入されていても、この記事は DTM へ移行する際のオプションを理解するのに役立ちます。

第 1 段階 - 迅速な付加価値

分析コードの移行は長いプロセスであるため、DTM は既存の Adobe Analytics 実装を中断させることなく拡張する機能を提供します。

この機能は「既存のページコードがある」と呼ばれ、DTM プロパティの分析ツールの設定にあります。

Picture6

この機能にアクセスするには、ツール設定の「ライブラリ管理」セクションを展開します。

Picture7

この機能を有効にすると、DTM は既存の実装を活用し、イベントベースのルールと直接呼び出しルールを介して、追加の s.t() / s.tl() 呼び出しを送信できます。

この機能により、コードを移行する前に DTM の使用を開始して、Adobe Analytics の実装を拡張することが容易になります。

ただし、この方法では、次の制限事項に注意する必要があります。

  • DTM Adobe Analytics ツールで設定された変数と設定は有効になりません。
  • ページの読み込みルールで設定された Adobe Analytics の変数は有効になりません。

これらの制限は、DTM が AppMeasurement コードを提供し、s オブジェクトをインスタンス化するために、既存の実装に完全に依存しているので発生します。

第 2 段階 - 完全移行

DTM で統合された Adobe Analytics の機能を最大限に活用するには、Adobe Analytics コードを完全に移行することを推奨します。

この移行には、ページコード内のすべての s オブジェクト参照と、DTM が Adobe Analytics を展開しているページ上のスクリプトが含まれている必要があります。

Picture8

グローバルコードの移行

移行する最初の手順は、DTM プロパティの Adobe Analytics ツールの設定でグローバルコードを設定することです。

Picture9

AppMeasurement コード / s_code は、コード設定の下にあるツールの設定の「ライブラリ管理」セクションで設定されています。

第 1 段階から「既存のページコードがある」が既に活用されている場合、コード設定オプションを表示するため、このオプションをオフにする必要があります。この変更はステージングでのみ有効になるため、この変更をプロダクションに反映させる前に、移行したコードを十分に設定および精査することができます。

Picture10

カスタム設定オプションは、追加のツール設定を必要とせず、既存の AppMeasurement / s_code をそのまま参照することができるため、通常、最初の移行方法として推奨されています。

✓ カスタム - DTM でホストされている - 既存のコードをエディターに貼り付ける

Picture11

✓ カスタム - URL でホストされている - URL の場所で既存のコードを参照する

Picture12

「アドビが管理」オプションを使用すると、DTM は選択した AppMeasurement ベースのコードバージョンを自動的に提供し、ホストします。この方法を使用すると、コードのバージョンを簡単に更新できるので、非常に長期的なオプションとなります。

Picture13

コード設定オプションに関係なく、AppMeasurement コードに含まれていない項目は、提供されたインターフェースフィールドまたは「ページコードをカスタマイズ」エディターを使用して、ツールの設定で設定することができます。

提供されたインターフェイスフィールドは、カスタムコードの代わりにこれらのフィールドを活用することで、実装の全体的な複雑さを最終的に軽減させるので、グローバル設定と変数を設定するには優れた長期的なオプションです。

Picture14

注意:

ヒント:%dataElement% を構文を使用し、データ要素を直接任意のフィールドで活用することで、変数を動的に設定します。

「ページコードをカスタマイズ」エディターは、プラグインや条件付き設定などのコードを必要とする項目の便利な代替案です。ここに配置されたコードは、ホストされた AppMeasurement コード / s_code と連動して動作します。

Picture15

ページレベルのコードを移行する

ページレベルのコードを移行する

移行の次の手順は、DTM ルールで非グローバルコードを設定することです。

ここでは、各ルールタイプの概要と Adobe Analytics のトリガーを設定するそれらの一般的な使用方法について説明します。

ページ読み込みルール:すべてのページまたは特定のページでデフォルトのページビュービーコンに変数を追加します。

✓ 使用事例ープロモーションページの読み込み時に特定の eVar を送信します

イベントベースのルール:特定のユーザーインタラクションで s.t() または s.tl() ビーコンをトリガーします。

✓ の使用事例ーポップオーバーが有効になっているときに、特定のイベントでカスタムページビュービーコンを送信します

直接呼び出しー DOM イベントが検出できない場合に、シナリオで s.t() または s.tl() ビーコンをトリガーします。

✓ 使用事例ービデオが閲覧されたときに、特定のイベントで s.tl() ビーコンを送信します

コード移行のベストプラクティスに留意してください

前の記事で説明したように、Adobe Analytics コードの移行するには、次のベストプラクティスを覚えておくことが重要です。  

  1. システム的にプロセスの開発をします。
  2. 移行を十分に調べるために、低レベルのステージング環境から開始してください。
  3. 早期に IT 部門と連携してコードを削除してください。

注意:

Pro ヒント:プログレッシブ移行の可能なアプローチは、まだ完全に移行されなかったページを特定するためのフラグを決定することです。このフラグは、ツール設定の「ページコードをカスタマイズ」エディターで利用できます。「s.abort = true」を設定することにより、これらのページのデフォルトの DTM ビーコンを条件付きでキャンセルできます。

Picture16

このアプローチは Analytics ツールビーコンにのみ影響することに注意してください。Adobe Analytics を使用するように設定されたルールは、ルール自体で条件付きにする必要があります。

実稼動環境で利用する前に、ステージング環境でこのアプローチを完全に検証してください。

次に、5 つのパートから構成されるシリーズの、はじめにタグ管理システムの利点 - Dynamic Tag Management へのフォーカスを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー