探索検索で作成されたコンテンツ

sdi-color-horizontal scaled

初回ユーザーのための DTM の基本

Dynamic Tag Management(DTM)インターフェイスの概要。

ダッシュボード

「ホーム/ダッシュボード」

ログイン後に DTM に表示される最初のページは、ダッシュボードです。ダッシュボードには、アクセス権を持つすべての会社のリストが含まれています。

fisrt photo

会社概要

「ホーム/ダッシュボード/会社概要」

ダッシュボードから会社にクリックすると、会社の概要ページに移動します。

1 つの会社のみにアクセスできる場合は、ログイン時のダッシュボードの概要ページではなく、会社の概要ページにデフォルトで移動します。

before if you only have access to

DTM では、Web プロパティは、会社が Web プロパティのコレクションであるときに、ツール、ルール、そしてデータ要素のコレクションです。

会社のすべての Web プロパティは、会社の概要ページからアクセスできます。

管理レベルのユーザーは、「プロパティを追加」をクリックして、会社概要ページから新しい Web プロパティを追加できます。Web プロパティの設定時に必要なフィールドは、必要に応じて、後で変更できる「名前」および「URL」のみです。

管理者レベルのユーザーは、「ユーザー」と「グループ」タブを使用して、会社の概要ページからユーザーを管理およびプロビジョニングすることもできます。

プロパティの概要

会社サマリ>プロパティの概要

会社の概要ページから任意のプロパティをクリックすると、プロパティの概要ページに移動します。

プロパティの概要ページでは、プロパティ設定の概要について説明します。これは、主要なプロパティコンポーネント - ツール、ルール、データ要素、パブリッシュワークフロー、およびプロパティ埋め込みコードへの懸け橋としての役割を果たします。

「プロパティの概要/インストールされているツール」

DTM ツールは、サイトへのソリューションの迅速なデプロイメントを可能にする組み込みの統合機能です。

After Prop Overview Installed Tools

現在、DTM は、アドビのソリューション用と、Google Analytics および Nielsen 用のツール統合を提供します。これらの統合はそれぞれ、特定のソリューションを容易に構成およびデプロイメントできるように一意に設計されています。

Before Pro Tip

注意:

Pro ヒント:ネイティブの統合が設定されていないサードパーティツール/タグは、以下で説明している「JavaScript / サードパーティタグ」セクションを介したルールで実装できます。

規則

「プロパティの概要/ルール」

プロパティの概要ページから「ルール」タブをクリックすると、プロパティルールに移動できます。

rules 1

DTM のルールは、ツール、タグ、スクリプト、および html を条件的に実行するために使用されます。

タイプにかかわらず、DTM のルールには、条件とトリガーの 2 つの主要コンポーネントがあります。条件は、ルールが発火する実行シナリオを示し、トリガーはルールが発火された時に実行されるアイテムを示します。

rules2

DTM には 3 つのタイプのルールがあります - イベントベース、ページロード、直接呼び出し

イベントベースのルールが実行されているインタラクションです。例えば、ユーザーが特定のボタンをクリックしたときを追跡したい場合、イベントベースのルールを使用します。

ページロードのルールは、ページロードと関連付けられています。例えば、サイトの特定のページの読み込み時に特定のコードブロックを追加したい場合は、ページロードルールを使用します。

ダイレクトコールルールは、DTM が DOM でイベントを検出できないときのシナリオで指標されます。

例えば、DOM で検出できない AJAX イベントを追跡したい場合は、ダイレクトコールルールを使用します。

ルールタイプにかかわらず、条件が満たされた場合はトリガーが実行されます。

すべてのルールタイプには、サードパーティ販売者のタグまたはその他のカスタム JavaScript や HTML を「JavaScript / Third Party Tags」のモーダルでトリガーするオプションがあります。

image 3

その他のトリガーモーダルは、ツールがプロパティに追加されたときにルールで有効になります。例えば、プロパティに Adobe Analytics ツールと Google Universal Analytics ツールが含まれている場合、このプロパティのルールには、これらのツールのオプションのトリガーモーダルが含まれます。

image 4

各ツールのモーダルには、特定のツールのトリガーをカスタマイズするための簡単な方法が用意されています。

データ要素

プロパティ概要//ルール/データ要素

「ルール」タブの「データ要素」タブをクリックすると、データ要素の概要ページが表示されます。

image 6

データ要素は、DTM でデータマッピングを構築するために使用されます。一般的なデータポイントをデータ要素として定義すると、それらのデータポイントが、DTM のルールやツール内で簡単にキャプチャおよび活用できます。

image 7

ワークフロー

DTM の重要な概念は、ステージング用ライブラリと実稼働用ライブラリの両方を持つ単一の Web プロパティというアイデアです。

ステージング用ライブラリには、Web プロパティに設定したすべてのルール、ツールおよびデータ要素が含まれています。実稼働用ライブラリには、承認および発行されたルール、ツールおよびデータ要素のみが含まれています。

プロパティ概要/「承認」タブ

ルール、ツール、またはデータ要素がプロパティに追加または変更される、承認が自動的に生成されます。

image 8

プロパティの概要/履歴

アイテムが承認されると、「履歴」タブの「未公開の変更」キューで使用できるようになります。アイテムが公開されると、そのアイテムは実稼働ライブラリで使用できるようになります。

Picture1

このライブラリと関連ワークフローでは、実稼働に影響を与えることなく、ステージングでより効果的なテストを実現できます。  

インストール

プロパティの概要/タブを埋め込む

「埋め込み」タブをクリックすると、DTM インストールページに移動します。

このタブには、使用可能なオプションをホストする様々なライブラリが含まれています。デフォルトでは、このプロパティは Akamai ホストを使用します。通常、このメソッドはほとんどの組織で使用できますが、DTM ライブラリの提供を追加で制御する場合、2 つのセルフホスティングオプションを使用できます。

image 10

「埋め込み」タブの「ヘッダーコード」セクションを展開すると、プロパティのステージングおよび実稼動の埋め込みコードが表示されます。

image 11

ステージング用の埋め込みコードと実稼働用の埋め込みコードがあることに注意してください。これは、上記のステージングライブラリと実稼動ライブラリを DTM が区別する方法です。ステージング埋め込みコードがインストールされると、ステージングライブラリが読み込まれます。プロダクションの埋め込みコードがインストールされると、実稼働ライブラリが読み込まれます。

ヘッダーとフッターの埋め込みコードがサイトに正しくインストールされていると、各ページ読み込み時に、関連付けられた DTM ライブラリが自動的にロードされます。

注意:

ヒントを次に示します:Web コンソールでテストするために DTM の切り替えのプラグインを活用してください。これにより、ページ上でどの DTM が実行されるかが分かり、ステージングライブラリにローカルに切り替えて、より効果的なテストを行うことができます。

詳細情報:https://marketing.adobe.com/resources/help/ja_JP/dtm/search_discovery_plugins.html

5 つの Getting Started シリーズをスタートするDTM テクニカルアーキテクチャおよびホスティング

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー