mbox.js コードの現在の機能により、統合 Target ツールから mbox.js コードを自動読み込みすると、後半に現在展開されているスクリプトが、ページのセクションに押し込まれて、スクリプトが壊れる場合があります。

この問題が発生していて、対象スクリプトの読み込み順を変更することで解決できない場合、DTM の Target ツールの手動コード設定に常に戻すことができます(これを行う場合は、ホストされているコードが保持され、ツール設定の「カスタム」エディターで使用可能になります)。

次に、エディターを開き、mbox.js コードから createGlobalMbox() 関数を移動して、他のスクリプトの問題を配列しないようにページ読み込みルールで配置することができます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー