バグ修正がリリースされた場合、通常、プロパティが公開されるとプロパティにおいて有効になります。したがって、バグを確認するには、プロパティで解決し、公開する必要があります。公開しないプロパティに未公開の変更がある場合は、「プロパティを編集」をクリックし、プロパティ設定の「詳細設定」を展開して「選択的発行」を有効にできます。これにより、公開を完了するために不要なすべての項目のチェック解除が有効になります。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー