有効な AEM ライセンスとサポート契約をお持ちのお客様は、数が限定された個人ユーザーアカウントを利用して AEM サポートポータル(別称 DayCare)にアクセスしていただけます。個人ユーザーアカウントをお持ちの方は、サポートリクエストを十分に適格な形式で提出する必要があります。そのため、AEM の技術的な製品トレーニングに参加するか、それと同等の AEM 製品経験を持っている必要があります。

アカウントリクエスト

新しいお客様のための新しい AEM 会社アカウント

お客様がアドビとの AEM のメンテナンスとサポート(M&S)契約を結ばれると、その契約の代表担当者様宛てに歓迎のメールをお送りします。このメールには、御社との契約に関連付けられている個人ユーザーアカウントについての情報が記載されています。

しばらく経っても代表担当者様にこのメールが届かなかった場合は、アドビのカスタマーサポート(cuscare@adobe.com)にメールでお問い合わせください。お問い合わせのメールには、お問い合わせのメッセージのほかに次の情報をご記入ください。

  • 組織名
  • 連絡先の電話番号
  • 担当者様の氏名(英語でお願いします)
  • 肩書、電話番号、電子メールアドレス

注意:AEM サポートポータルへのアクセスには、Adobe ID が必要です。アドビが初めて個人ユーザーアカウントを作成する際、既存の Adobe ID がない場合は、その連絡先のメールアドレスを使って Adobe ID を自動的に作成します。その場合、新しく作成された Adobe ID のパスワードのリセット方法については、このページ [1] を参照してください。指定したメールアドレスの Adobe ID が既にある場合は、AEM サポートポータルへのアクセスがその Adobe ID に対して自動的に許可されます。パスワードに問題がある場合は、このページを参照してください。

新しい AEM サポートポータルのユーザーアカウント

アドビの AEM サポートとのやり取りを担当される方は、AEM サポートポータルのユーザーアカウントを持つことが認定されている必要があります。認定されるには、(1)製品とサポートについての適切なトレーニングを受けるか、(2)ライセンスを持つアドビまたは Day 製品の技術的基礎、システム管理、製品の構成について同等の経験を持っている必要があります。

ユーザーアカウントを申請する際には、担当者について次の情報をお送りください。

  • AEM の関連業務についてのスキルや知識のレベル(トレーニングを受けた、AEM を使った経験があるか、など)
  • その担当者が持つ有効な Adobe ID(勤務先の電子メールアドレスと同じ)
  • 担当者のフルネームと電話番号。

AEM サポートポータルの新しいユーザーアカウントを申請するには、社内で既にユーザーアカウントを持っている人がサポートポータルで直接アカウントのリクエストチケットを提出してください。このチケットは、お客様の該当するセクションで作成するようにしてください。

お客様のセクションには、AEM サポートポータルの既存のユーザーアカウントでアクセスします。

アドビパートナーを使用して AEM プロジェクトを実装する場合は、パートナーがお客様に代わってチケットを提出できるよう、お客様のポータルのセクションへのアクセスをパートナーに提供する必要がある場合があります。パートナーから提出されたすべての問題は、必要に応じてあとで参照できるようにしておくと便利です。

AEM の認定パートナーでないパートナーのためにポータルのセクションへのアクセスを申請するには、お客様のポータルの該当するセクションで直接アカウントのリクエストチケットを提出してください。このチケットには、該当するユーザーのフルネームと、関連する AEM CQ サポートポータルのセクション(会社名)を明記するようにしてください。この担当者は既に、AEM CQ サポートポータルのアカウントを持っている必要があります。

パートナーが AEM 認定パートナーである場合は、自身の会社のサポートアカウントを使用することができます。AEM 認定パートナーは、パートナーリストで検索できます。

AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントのパスワードをリセットする

AEM CQ サポートポータルの既存のユーザーアカウントのパスワードのリセットを申請するときは、ユーザー ID、フルネーム、関連するユーザーの電子メールアドレスをお知らせください。ただし、これは以前の標準的な AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントの場合にのみ必要となります。Adobe ID ベースの新しいユーザーアカウントの場合は必要ありません。通常はパスワードをリセットする代わりに、Adobe ID の資格情報を使用してユーザーアカウントを移行させます。

AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントが Adobe ID ベースであれば、www.acrobat.com のログインページにある「パスワードを忘れた場合」のリンクを使ってパスワードを自分でリセットできます。

以前の標準的な AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントのパスワードのリセットを申請するには、お客様のサポートポータルの該当するセクションで別のアカウントを使って直接アカウントのリクエストチケットを提出してください。

AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントのパスワードをリセットする

AEM CQ サポートポータルの既存のユーザーアカウントのパスワードのリセットを申請するときは、ユーザー ID、フルネーム、関連するユーザーの電子メールアドレスをお知らせください。ただし、これは以前の標準的な AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントの場合にのみ必要となります。Adobe ID ベースの新しいユーザーアカウントの場合は必要ありません。通常はパスワードをリセットする代わりに、Adobe ID の資格情報を使用してユーザーアカウントを移行させます。

AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントが Adobe ID ベースであれば、www.acrobat.com のログインページにある「パスワードを忘れた場合」のリンクを使ってパスワードを自分でリセットできます。

以前の標準的な AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントのパスワードのリセットを申請するには、お客様のサポートポータルの該当するセクションで別のアカウントを使って直接アカウントのリクエストチケットを提出してください。

AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントを無効にする

AEM CQ サポートポータルの既存のユーザーアカウントのパスワードのリセットを申請するときは、ユーザー ID、フルネーム、関連するユーザーの電子メールアドレスをお知らせください。ただし、これは以前の標準的な AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントの場合にのみ必要となります。Adobe ID ベースの新しいユーザーアカウントの場合は必要ありません。通常はパスワードをリセットする代わりに、Adobe ID の資格情報を使用してユーザーアカウントを移行させます。

AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントが Adobe ID ベースであれば、www.acrobat.com のログインページにある「パスワードを忘れた場合」のリンクを使ってパスワードを自分でリセットできます。

以前の標準的な AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントのパスワードのリセットを申請するには、お客様のサポートポータルの該当するセクションで別のアカウントを使って直接アカウントのリクエストチケットを提出してください。

AEM CQ サポートポータルのセクションでの新規プロジェクト

AEM CQ サポートポータルのセクションで追加プロジェクトを申請するときは、新規プロジェクトの名前、場所(複数の場合)、システム情報をお知らせください。

AEM CQ サポートポータルのセクションで新規プロジェクトを申請するときは、お客様のサポートポータルの該当するセクションで直接アカウントのリクエストチケットを提出し、適切な情報をお知らせください。

サポートポータルへのアクセス

http://helpx.adobe.com/jp/marketing-cloud/contact-support.html を開きます。

サポートリクエストチケットの提出

注:サポートリクエストチケットを提出する前に、http://helpx.adobe.com/jp/experience-manager/kb/how-to-fully-qualify-a-ticket.html にあるドキュメントを参照してください。

Q&A

Adobe-ID の認証情報で AEM CQ サポートポータルにアクセスできない場合

ユーザーアカウントを既にお持ちであることを確認してください。

ユーザーアカウントがあなたの Adobe-ID に結び付けられていることを確認してください。

パスワードが正しいことを確認してください。http://www.acrobat.com や http://www.adobe.com でログインできるかを試してください。

Adobe ID をすべて小文字で入力したことを確認してください。

あなたの Adobe ID が検証済みである(電子メールアドレスが検証されている)ことを確認してください。電子メールアドレスの検証が済んでいない場合は、AEM CQ サポートポータルにログインしようとした際に検証のためのメールが届くはずです。残念ながらこのことをログイン時に確認することは出来ず、パスワードがまちがっているときと同じポップアップウィンドウが表示されます。

ユーザーアカウントが以前の標準的な AEM CQ サポートポータルのユーザーアカウントではないことを確認してください。

それでもログインできない場合は、ユーザーアカウントを確認しますので、cuscare@adobe.com までメールでお問い合わせください。

AEM CQ サポートポータルのユーザープロパティでは、ユーザー名、メールアドレス、パスワードの変更はおこなえません。http://www.acrobat.com または http://www.adobe.com のアカウント管理をご利用ください。

 

以前のユーザーアカウントを Adobe ID の認証情報でログインできるアカウントに移行させたい場合

以前の標準的な AEM CQ サポートポータル(別称 DayCare)のユーザーアカウント(ユーザー ID がメールアドレスではない)をお持ちの場合は、Adobe-ID の認証情報に結び付けられたユーザーアカウントへの移行を申請することができます。

AEM CQ サポートポータルでアカウントのリクエストチケットを提出するか、cuscare@adobe.com までメールでお知らせください。

 

複数の人が使用する汎用のユーザーアカウントを申請したい場合

残念ながら、AEM CQ サポートポータルでは書き込みアクセスを持つ汎用のユーザーアカウントを作成することはできません。ただし、読み取り専用のアクセスだけで十分な場合は、汎用のユーザーアカウントを作成できます。

 

他のシステムへのアクセス

PackageShare

PackageShare へのアクセスの入手については、http://dev.day.com/docs/jp/cq/current/administering/package_manager.html#Access20Package%20Share で説明しています。

PackageShare に関するその他の質問については、packageshare@adobe.com までお問い合わせください。

Adobe Licensing Website(licensing.adobe.com)からライセンスキーと AEM バイナリをダウンロードするには:

LWS(licensing.adobe.com)に関する質問やアカウントのリクエストについては、カスタマーケア(cuscare@adobe.com)までお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー