Adobe Fireworks では、デザインツールや制作管理ツールを使用して、品質と画像サイズのバランスがとれた Web グラフィックスを作成することができます。

Fireworks を使えば、Web や様々な種類のデバイス(スマートフォンからキオスク端末、組み込みディスプレイまで)に対して高度に最適化された表現力豊かなグラフィックスを作成できます。ベクトルモードとビットマップモードの両方で編集可能な Web サイト、ユーザーインターフェイス、リッチプロトタイプを作成できます。

[ 主な特長 ]

充実したデザインツール群

画面ベースのデザインを対象とした使いやすいデザインツール

ベクトル画像とビットマップ画像の両方の作成、編集はもちろん、Adobe Photoshop や Illustrator のネイティブファイルを読み込んで編集することも可能です。変更内容はいつでも編集可能で、最終出力は表示解像度に応じて最適化されます。

自動シェイプとスタイル

自動シェイプを使用すると、星形、矢印、多角形などの多彩なシェープ形状のオブジェクトをすばやく作成・編集できます。

また、オブジェクトやテキストには、あらかじめ用意されている多種のスタイルや独自に作成したスタイルを適用することができます。

テキストをパスに結合

テキストとパスを同時に選択して、[パス上に結合] コマンドを選択するだけで、テキストとパスを結合することができます。結合後もパスのアンカーポイントを移動することが可能なので、テキストの配置や形状などを調整することができます。テキストの内容も変更可能です。

↑ top

高速なワークフロー

一連のコマンドの保存

履歴パネル上で一連の編集操作を保存しておくことで、コマンドとして Fireworks 上の画像や文書に対して繰り返し適用できます。

Adobe Kuler との連携

Fireworks から Web ホスティングサービスの Adobe Kuler に掲載された最新の配色テーマへダイレクトにアクセスし、作成中の Web デザインなどにこれらを適用できます。自分の好みの配色テーマを作成したり、自分で使用するために、Kuler にテーマをアップロードすることも可能です。

Kuler パネルは、Adobe Photoshop、Adobe Flash Professional、Adobe InDesign、Adobe Illustrator および Adobe Fireworks で使用できます。

↑ top

ベクトル(ベクター)とビットマップの両方を編集

ベクトル(ベクター)とビットマップ画像の両方が作成・編集ができます。また、Photoshop や Illustrator のファイルをダイレクトに読み込み、編集することが可能です。

文字処理の改善

強化された Adobe テキストエンジンにより、高品質の文字デザインを生成できます。Adobe Illustrator や Photoshop から 2 バイト文字を正しくコピー、貼り付けしたり、テキストをパス内でフロート状態にするなど、様々な改善が行われています。

↑ top

洗練されたプロトタイプを作成

複数のページをサポート

新しいページパネルを利用して、単一の文書 (PNG ファイル) 内に複数のページを作成できます。ページ間でレイヤーを共有することも可能です。各ページには独自のスライス、レイヤー、フレーム、アニメーション、キャンバス設定が適用できるので、プロトタイプ上で Web サイトの流れの再現も簡単です。

複数のレイヤーをサポート

単一の Fireworks (PNG) ファイル内に、複数の Web レイヤーを含めておくことができます。また Web レイヤーのページ間での共有や、どのページに Web レイヤーを含めるかを指定するといったことも可能です。1 つのレイヤーを編集し、編集内容をグローバルに適用することもできます。

階層的にレイヤーを整理

新採用の階層的なレイヤー構成を使用して、プロトタイプの整理・管理ができます。また、Photoshop のレイヤー構成に似た、この機能を利用すると、レイヤーやページの管理がさらに簡単におこなえます。

CSS および HTML のエクスポート

充実したグラフィック環境で Web ページの完全なデザインを作成し、その後、わずかワンステップで、外部スタイルシートを含む標準規格準拠の CSS ベースレイアウトを書き出すことができます。異なるスライスタイプで前景と背景のグラフィックスを統合したり、反復画像を利用したりできます。

Adobe PDF ファイルの書き出し

Fireworks で作成したデザインカンプから、保護された PDF ドキュメントを生成し、顧客とのコミュニケーション効果を改善するために使用できます。オプションで設定可能なパスワード保護をかけることで、デザインの安全性がさらに高まります。PDF の表示に対するパスワードはもちろん、印刷、コピー、注釈付けといった操作に対するパスワードを個別に設定することも可能です。

↑ top

 他の Adobe 製品との連携

Photoshop との連携

階層化されたレイヤー、レイヤーエフェクト、ブレンドモードを維持したまま、Photoshop (PSD) ファイルの読み込みが可能です。また、Photoshop で適用されているエフェクトを Fireworks 上で再調整したり、Fireworks (PNG)ファイルを Photoshop (PSD) フォーマットで保存することもできます。

Illustrator からの読み込み

レイヤー、グループ、カラー情報といったグラフィックの情報データを維持したままで、Illustrator (AI) ファイルの読み込みが可能です。Web ページのデザイン要素を編集する際の作業を軽減。最大 100 個のアートボードを含んだ Illustrator ファイルを Fireworks に直接読み込めます。その際、テキストやグラフィック要素が損なわれることはなく、編集機能も保たれます。

Dreamweaver との間でのコピー & ペースト

Fireworks で作成したオブジェクトをコピーし、Dreamweaver の HTML 文書へダイレクトにペーストができます。

Flash への書き出し

ベクトル (ベクター) 形状、ビットマップ、アニメーション、複数のステートが備わったボタンなどを維持したままで、Fireworks (PNG) ファイルを Flash へダイレクトに書き出し、Flash 上で編集することができます。ベクトル、ビットマップ、アニメーション、複数のステートなどを編集可能状態に保ちながら、Fireworks PNG ファイルをダイレクトに書き出せます。

Adobe Bridge との連携

Adobe Bridge では、Illustrator や Photoshop のネイティブファイルや Flash ムービーを直接プレビューすることができます。また、サブフォルダを展開して表示したり、複数画像をスタックとしてまとめたりすることができるため、より自由で効率的なファイル管理を実現します。複数ファイルを並べて表示することも可能なので、画像の比較や精査の作業にも役立ちます。

Adobe PDF ファイルの書き出し

Fireworks で作成したデザインカンプから、保護された PDF ドキュメントを生成し、顧客とのコミュニケーション効果を改善するために使用できます。オプションで設定可能なパスワード保護をかけることで、デザインの安全性がさらに高まります。PDF の表示に対するパスワードはもちろん、印刷、コピー、注釈付けといった操作に対するパスワードを個別に設定することも可能です。

↑ top

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー