内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Illustrator でアートワークを Photoshop ファイル形式(PSD)に書き出す方法について説明します。アートワークを Illustrator から Photoshop ファイル形式で書き出すことによって、Illustrator と Photoshop の間でアートワークを簡単に共有することができます。

アートワークを Photoshop ファイル形式(.psd)で書き出す方法

Illustrator でアートワークを Photoshop ファイル形式に書き出すと、レイヤー、マスク、透明、複合シェイプ、スライス、イメージマップ、および編集可能な文字が、可能な限りそのまま保持されます。

ただし、アートワークに Photoshop ファイル形式に書き出すことができないデータが含まれている場合、レイヤーを結合するか、アートワークをラスタライズすることで、アートワークのアピアランス (見た目) が保持されます。また、この場合、適切な書き出しオプションを選択しても、レイヤー、サブレイヤー、複合シェイプ、編集可能なテキストが Photoshop ファイルに保存されない場合があります。

  1. Illustrator を起動し、アートワークを作成します。
  2. ファイル/書き出し を選択します。
  3. 書き出しダイアログボックスの「ファイルの種類」で「Photoshop(*.psd)」を選択します。

  4. 保存先を選択し、「書き出し」ボタンをクリックします。

  5. Photoshop 書き出しオプションダイアログボックスが表示されたら、以下の設定を行い、「OK」をクリックします。
    カラーモード : 書き出すファイルのカラーモードを指定します。CMYK ドキュメントを RGB モードで書き出す場合、または RGB ドキュメントを CMYK モードで書き出す場合などカラーモードを変更する場合、透明部分のアピアランスが予期しない結果になる可能性があります。カラーモードを変更する場合は、アートワークを統合画像として書き出す必要があります。ただし、統合画像として書き出す場合は [レイヤーを保持] オプションが使用できません。
    解像度 : 書き出すファイルの解像度を指定します。 
    統合画像 : すべてのレイヤーを結合し、Illustrator アートワークをラスタライズ画像として書き出します。このオプションを指定すると、アートワークのアピアランスが保持されます。 
    レイヤーを保持 : Illustrator の各上位レイヤーを、別々の Photoshop レイヤーとして書き出します。[編集機能を最大限に保持] が選択されていない場合、ネストレイヤーは上位レイヤーに統合されます。 
    テキストの編集機能を最大限に保持  Illustrator の各上位レイヤーの横組み/縦組みテキストを、Photoshop で編集可能なテキストとして書き出します。 ただし、ネストレイヤーのテキストは常にラスタライズされます。 
    編集機能を最大限に保持 : Illustrator の各上位レイヤーを Photoshop のレイヤーセットとして書き出し、サブレイヤーを Photoshop レイヤーとして書き出します。また、Illustrator の非表示のレイヤーも、Photoshop の非表示のレイヤーとして書き出されます。 
     注意: Illustrator では、グラフィックスタイル、破線およびブラシが適用された複合シェイプは書き出せません。 このような複合シェイプはラスタライズされます。
    アンチエイリアス : エッジのサンプリングを行い、アートワークのギザギザを取り除きます。このオプションをオフにしておくと、ラインアートをラスタライズするときにハードエッジが保持されます。
    ICC プロファイルを埋め込む : 書類にカラープロファイルを埋め込み、カラーマネジメントされた書類を作成します。

  6. 設定に応じて Photoshop ファイルが書き出されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー