この文書では、Adobe Illustrator でクリッピングマスクを使用する方法について説明します。

A. クリッピングマスクとは

クリッピングマスクは、アートワークをマスクの形にクリップ(切り抜き)して、その内側にあるエリアのみが見えるようにします。クリッピングマスクは主に、画像から任意の箇所を切り抜いたように見せたり、画像の周りに表示される余白を透明にする場合に使用します。 

B. クリッピングマスクの作成 

オブジェクトをマスクするには、クリッピングマスクとして使用するオブジェクトと、マスクするオブジェクトを選択して、「クリッピングマスク」 コマンドを使用して作成します。クリッピングマスクを作成すると、マスクオブジェクトおよびマスクされるオブジェクトは、グループまたはレイヤーとしてレイヤーパネル上に表示されます。 

  1. Illustrator を起動し、マスクするオブジェクトと、マスクとして使用するオブジェクトを用意します。

  2. ウィンドウ/レイヤー を選択し、レイヤーパネルを開きます。
  3. レイヤーパネルで確認しながら、マスクとして使用するオブジェクトが前面に来るように重ねます。

  4. 選択ツールで両方のオブジェクトを選択します。

  5.  オブジェクト/クリッピングマスク/作成 を選択します。
  6. マスクとして使用するオブジェクトの形で切り抜かれて表示されます。

C. クリッピングマスクの変更

マスク項目は、パスや文字、またはパスや文字だけを含むグループやレイヤーから作成することができます。クリッピングマスクは、移動したり形を変えることができます。作成したクリッピングマスクを、後から再度変更することもできます。

  1. レイヤーパネルでクリッピングパスを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。
    ・ クリッピングパスの中心の基準点をダイレクト選択ツールでドラッグして、クリッピングパスを移動します。
    ・ ダイレクト選択ツールなどを使用して、クリッピングパスをリシェイプします。
    ・塗りと線をクリッピングパスに適用します。
     

D. Photoshop との連携

Adobe Photoshop で、ファイル/書き出し/Illustrator へのパス書き出し を選択すると、作成した画像のピクセルを除いて、パスとして書き出すことができます。このパスを Illustrator で読み込んで、クリッピングマスクを作成することもできます。 

また、Photoshop のペンツールなどで作成したパスは、コピー&ペーストやドラッグで、Illustrator に移動することができます。 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー