この文書では、Adobe Illustrator で 2D オブジェクトから 3D オブジェクトを作成する方法について説明します。

A. 3D オブジェクトの作成

Illustrator で 2D から作成した 3D オブジェクトは、回転したり、明るさや陰影を設定したりできます。

3D シェイプは元の 2D オブジェクトに関連付けられているので、元の 2D オブジェクトを変更すると、3D シェイプにもその変更が自動的に反映されます。

A-1. 押し出し

2D オブジェクトを押し出すと、オブジェクトの Z 軸方向に奥行きが加わります。オブジェクトの Z 軸は、常にオブジェクトの正面に対して垂直になります。オブジェクトを押し出した後、正面と背面にフタをしたり外したりして、立体または空洞に見えるようにできます。さらに、ベベルのプロパティを追加して、オブジェクトの面の拡張や縮小を行えます。

  1. Illustrator で 2D のオブジェクトを描画します。

  2. 2D オブジェクトを選択した状態で、効果/3D/押し出し・ベベル を選択します。

  3. 3D 押し出し・ベベルオプション ダイアログボックスが表示されたら以下の設定を行い、「OK」をクリックします。
    ※ オプションをすべて表示するには、「詳細オプション」ボタンをクリックします。
    位置 : オブジェクトの回転方法および基準となる面を指定します。
    押し出し・ベベル : オブジェクトの奥行き、および、追加または切り抜くベベルの範囲を指定します。
    表面 : 光沢と陰影のない表面から、プラスチックのように見える光沢のある光のあたった表面まで、様々な表面を作成します。
    照明 : ライトの数を増やし、照度を調整し、オブジェクトの陰影のカラーを変更し、ライトの位置を移動して、ドラマチックな効果を加えます。
    マッピング : アートワークを 3D オブジェクトの表面にマッピングします。

  4. オブジェクトが 3D で表示されます。

A-2. 回転体

オブジェクトをグローバルな Y 軸 (回転軸) を中心に回転すると、パス (輪郭) の回転によって 3D オブジェクトが作成されます。回転軸は垂直方向に固定されているので、通常、作成しようとしている 3D オブジェクトを真正面から見た輪郭の半分を描く必要があります。その後、効果のダイアログボックスで 3D オブジェクトを回転し、向きを変えることができます。

  1. Illustrator を起動し、断面図となるオブジェクトを描画します。



  2. 効果/3D/回転体 を選択します。
  3. 3D 回転体オプション ダイアログボックスが表示されます。
  4. ダイアログボックスで以下の設定を行い、「OK」をクリックします。
    ※ オプションをすべて表示するには、「詳細オプション」ボタンをクリックします。
    位置 : オブジェクトの回転方法および基準となる面を指定します。
    回転体 : オブジェクトを回転させて 3D にする方法を決めます。
    表面 : 光沢と陰影のない表面から、プラスチックのように見える光沢のある光のあたった表面まで、様々な表面を作成します。
    照明 : ライトの数を増やし、照度を調整し、オブジェクトの陰影のカラーを変更し、ライトの位置を移動して、ドラマチックな効果を加えます。
    マッピング : アートワークを 3D オブジェクトの表面にマッピングします。

  5. オブジェクトが 3D で表示されます。

B. 3D オブジェクトへのマッピング

3D オブジェクトの各表面に、2D のアートワークをマップできます。ボトル形のオブジェクト上にラベルやテキストをマップしたり、オブジェクトの各面に異なるテクスチャをマップしたりできます。3D オブジェクトにマップできるのは、シンボルパネルに保存されている 2D アートワークのみです。

  1. Illustrator で 3D オブジェクトを作成します。
    ※ 3D オブジェクトを作成方法について詳しくは「A. 3D オブジェクトの作成」を確認してください。

  2. ウィンドウ/アピアランス を選択し、アピアランスパネルを表示します。
  3. アピアランスパネルで、「3D 押し出し・ベベル」効果または、「3D 回転体」効果をダブルクリックします。

  4. 3D 押し出し・ベベルオプション ダイアログボックス、または 3D 回転体オプション ダイアログボックスが表示されたら、下部の「マッピング」ボタンをクリックします。

  5. アートをマップ ダイアログボックスが表示されたら、選択した表面にマッピングするアートワークをシンボルポップアップメニューから選択します。

  6. マッピングする表面を選択するには、矢印のボタンをクリックするか、テキストボックスに表面番号を入力します。
    ※ 現在表示されている表面には、明るいグレーのマークが表示されます。オブジェクトの現在の位置では非表示になる表面には、濃いグレーのマークが表示されます。ダイアログボックスで表面を選択すると、ドキュメントウィンドウ内の対応する面が赤い輪郭線で囲まれます。

  7. アートのマッピングが終了したら、「OK」をクリックして、ダイアログボックスをすべて閉じます。
  8. 3D オブジェクトにアートワークがマッピングされます。

C. オブジェクトの回転

3D オブジェクトを回転したり、2D オブジェクトを 3D 空間で回転することができます。また、3D オブジェクトや 2D オブジェクトの遠近感を調整することもできます。

  1. Illustrator で回転させるオブジェクトを選択します。
  2. 効果/3D/回転 を選択します。
  3. 3D 回転オプション ダイアログボックスが表示されます。
  4. ダイアログボックスで以下の設定を行い、「OK」をクリックします。

    ※ オプションをすべて表示するには、「詳細オプション」ボタンをクリックします。

    位置 : オブジェクトの回転方法および基準となる面を指定します。

    表面 : 光沢と陰影のない表面から、プラスチックのように見える光沢のある光のあたった表面まで、様々な表面を作成します。



  5. オブジェクトが設定した位置や角度で表示されます。

     

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー