この文書では、Adobe Illustrator でワープ効果を適用する方法について説明します。

A. ワープ効果とは

ワープ効果とは、画像をさまざまな形にゆがめたり、変形させることができる機能です。

ワープ効果を使用すると、パス、テキスト、メッシュ、ブレンド、およびラスター画像などを、さまざまな形にゆがめたり、変形させることができます。また、ワープ効果は、オブジェクトの外観を一時的に変更するだけなので、適用した後でもその効果をいつでも変更したり削除したりすることができます。

B. ワープの種類

ワープには、以下の 15 種類のスタイルが用意されています。

円弧 下弦 上弦 アーチ でこぼこ
貝殻(下向き) 貝殻(上向き) 波形 魚形
上昇 魚眼レンズ 膨張 絞り込み  

C. ワープの適用方法

  1. Illustrator を起動し、オブジェクトを作成します。

  2. 選択ツールで、変形したいオブジェクトを選択します。

  3. 効果/ワープ を選択し、ワープの形(スタイル)を選択します。(スタイルは後で変更できます)
  4. ワープオプション ダイアログボックスで、以下の項目を設定し、「OK」をクリックします。
    スタイル : ワープコマンドで選択したワープ効果が表示されます。ドロップダウンメニューから、他のワープに変更することができます。
    水平方向/垂直方向 : どちらの軸を基準にして曲げるかを指定します。
    カーブ : 適用する曲げの度合いを指定します。
    変形 (水平方向/垂直方向) : 水平方向、および垂直方向への変形度合いを指定します。
    プレビュー : 結果を確認しながら設定する場合に、チェックを入れます。

     

  5. オブジェクトにワープ効果が適用されます。

D 適用したワープ効果の編集

ワープを適用済みのアートワークでも、後からワープ効果を削除したり、設定を変更することができます。ワープ効果を編集するには、[アピアランス] パレットに表示されている効果をダブルクリックします。[ワープオプション] ダイアログボックスが表示され、設定を変更することができます。

  1. Illustrator を起動し、アートワークを開きます。
  2. ワープ効果を適用したオブジェクトを選択します。

  3. ウィンドウ/アピアランス を選択し、アピアランスパネルを開きます。
  4. アピアランスパネルに表示されているワープ効果名をダブルクリックします。

  5. 表示されたワープオプション ダイアログボックスで、設定を変更し、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー