この文書では、画像トレース、ライブペイントの概要および使用方法について説明します。

A. 画像トレース

画像トレースは、手書きの画像や、写真などのビットマップ画像を、瞬時にベクトルグラフィックへ変換する機能です。手書きのスケッチをスキャナで取り込んで、すぐに Illustrator での編集を開始することが可能になります。変換後の色数やぼかしのオプションをプレビューしながら設定することが可能です。 

A-1. 画像トレースの実行

  1. Illustrator を起動し、トレースする画像を開きます。
  2. 選択ツールで画像を選択します。

  3. ウィンドウ/画像トレース を選択して、画像トレースパネルを表示します。トレースの値を調整して画像をトレースします。

A-2. 画像トレースパネル

画像トレースパネルは、ウィンドウ/画像トレース を選択して表示します。
画像トレースパネルでは、トレースの値を設定して、画像をトレースすることができます。トレース前に設定を変更することも、トレース実行後の結果を見て設定内容を調整することも可能です。また、プリセットを使用したり、プリセットから変更を加えて使用したり、独自の設定をプリセットとして保存することもできます。「詳細」をクリックするとより細かい設定項目が表示されます。

B. ライブペイント

ライブペイントは、パス内やパスの重なり合った部分など、閉じられている領域に塗り絵のようにカラーを適用できる機能です。 隙間オプションを使用すれば、パスが閉じていない箇所を検出し、隙間を埋めることができます。手書きスケッチにも、正確にカラーを適用することが可能です。 

B-1. ライブペイントグループの作成

  1. Illustrator を起動し、ライブペイントを行うファイルを開くか、または新規作成します。

  2. Step text
  3. オブジェクト/ライブペイント/作成 を選択します。
  4. ツールパネルから、ライブペイントツールを選択します。

  5. スウォッチパネルから適用するカラーを選択します。
  6. ライブペイントグループのペイント可能な部分にカーソルを近づけると、輪郭線が囲まれます。クリックしてペイントします。

B-2. 隙間オプション

ベクトルグラフィックでは、隙間のある領域を塗りつぶすとはみ出してしまいます。ライブペイントの隙間オプションでは、ライブペイントグループ内の隙間を自動的に検出し、ペイントが隙間からはみ出さないようにパスで閉じることができます。 

  • 表示/ライブペイントの隙間を表示 を選択すると、検出された隙間を強調表示します。
  • オブジェクト/ライブペイント/隙間オプション を選択し、オプションを指定します。
    隙間の検出 : 選択すると、ライブペイントのパスの隙間が認識され、その隙間へのペイントの流し込みが防止されます。これを選択すると、大きく複雑なライブペイントグループの処理が遅くなる場合があります。この場合は、「パスで隙間を閉じる」を選択することで、再び処理を早くすることができます。
    塗りの許容サイズ :閉じたい隙間のサイズを設定します。
    カスタム : 「塗りの許容サイズ」にカスタムの隙間サイズを指定します。
    隙間のプレビューカラー : ライブペイントグループ内の隙間をプレビューするためのカラーを設定します。メニューからカラーを選択するか、隙間のプレビューカラーメニュー横のカラーボックスをクリックしてカスタムカラーを指定することもできます。
    パスで隙間を閉じる : ボタンをクリックすると、隙間へのペイントの流れ込みが防止されるのではなく、ペイントされていないパスがライブペイントグループに挿入されて隙間が閉じます。これらのパスはペイントされないので、閉じられても隙間は残っているように見えます。
    プレビュー : 選択したプレビューカラーに基づいた色付きの線として、ライブペイントグループ内で現在検出されている隙間を表示します。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー