この文書では、Adobe Illustrator のスマートガイドについて説明します。

A. スマートガイドとは

スマートガイドとは、オブジェクトやアートボードを作成または操作するときに一時的に表示されるガイドで、他のオブジェクトとの相対関係で作成、整列、編集、変形の際にスナップしたり、位置関係を示して作業を補佐します。

図中の黄緑の文字やラインがスマートガイドです。オブジェクトの移動などをすると、ガイドやガイドヒントが表示されます。

B. スマートガイドの使用方法

スマートガイドは必要に応じて表示/非表示の切り替えを行います。初期設定では表示するようになっているので、不要な場合は表示/スマートガイド をクリックして、チェックをはずします。

スマートガイドはオブジェクトの作成時の他、オブジェクトの編集、整列、変形(回転、拡大、縮小、シアーなど)、移動を行う場合にも使用できます。

注意:

「グリッドにスナップ」または「ピクセルプレビュー」を生かしている場合は、「スマートガイド」を選択しても、スマートガイドは使用できません。

C. スマートガイドのオプション設定

編集/環境設定/スマートガイド を選択し、表示された環境設定ダイアログボックスから、スマートガイドのオプションの設定を変更することが可能です。設定可能なオプションは以下の通りです。

  • カラー

    ガイドの色を指定します。
  • 整列ガイド

    幾何学的なオブジェクト、アートボードおよび裁ち落としの中心と端に沿って作成されるガイドラインを表示します。ガイドラインは、オブジェクトを移動したときや、ペンツールを使用して基本形状の描画などの操作を行ったとき、およびオブジェクトを変形したときに表示されます。
  • アンカーとパスのヒント表示

    パスが結合しており、かつアンカーポイントの中央にあるときに、情報を表示します。
  • オブジェクトのハイライト表示

    ポインターの下にあるオブジェクトがハイライト表示されます。ハイライト表示のカラーは、オブジェクトのレイヤーカラーと同じです。
  • 計測のヒント表示

    多くのツール(描画ツールや文字ツールなど)で、アンカーポイントにポインターを移動したときに、現在の位置に関する情報を表示します。オブジェクトを作成、選択、移動または変形するときに、オブジェクトの原点からの幅と高さ、または X と Y の移動距離が表示されます。描画ツールを使用しているときに Shift キーを押すと、開始位置が表示されます。

  • 変形ツール

    変形ツールを使用した拡大・縮小、回転、シアー時に情報が表示されます。
  • コンストラクションガイド

    新しいオブジェクトを描画するときにガイド線が表示されます。近くのオブジェクトのアンカーポイントから引くガイド線の角度を指定します。最大 6 個の角度を設定できます。選 択した「角度」ボックスに角度を入力し、角度ポップアップメニューから角度のセットを選択します。または、ポップアップメニューから角度のセットを選択して、ボックスの値の 1 つを変更して、角度のセットをカスタマイズします。プレビューに設定が反映されます。
  • スナップの許容値

    別のオブジェクトにポインターがどれだけ近付くとスマートガイドが機能するかを、ポイント数で指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー