この文書では、Adobe Illustrator のアピアランス属性について説明します。

A. アピアランス属性について

アピアランスとはオブジェクトの外観のことで、アピアランス属性を変更することで基本構造は変更せずに外観だけを変更することができます。アピアランス属性には、塗り、線、透明度および効果があります。 

オブジェクトのアピアランス属性は、アピアランスパネルで簡単に変更することができます。オブジェクトを選択すると、そのオブジェクトに割り当てられている属性がアピアランスパネルに表示され、項目への属性のコピー、属性の複製や変更、属性の重なり順の変更、属性の削除などを行うことができます。アピアランスパネルに表示されているフィルタや効果の属性は、ドラッグ&ドロップで簡単に別のオブジェクトに適用することができます。

 

B. アピアランスに効果を追加

  1. Illustrator を起動し、オブジェクトを描画します。
  2. ウィンドウ/アピアランス を選択します。
  3. 効果を追加するオブジェクトを選択します。
  4. 効果メニューや、アピアランスパネルの「新規効果を追加」ボタンから、効果を追加します。

C. アピアランス属性の保存

作成したアピアランス属性のセットは、名前をつけてグラフィックスタイルパネルに保存することができます。アピアランスの属性のセットを保存することによって、同じアピアランス属性のオブジェクトを簡単に作成することができます。 

  1. Illustrator でオブジェクトを作成し、アピアランスに効果を適用します。
  2. ウィンドウ/アピアランス を選択して、アピアランス パネルを表示します。
  3. ウィンドウ/グラフィックスタイル を選択して、グラフィックスタイル パネルを表示します。
  4. アピアランス パネルの上部にあるサムネールをグラフィックスタイル パネルにドラッグします。
     

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー