この文書では、Adobe Illustrator でアートワークを配置する方法について説明します。

A. 配置方法の種類

Illustrator では、別のアプリケーションで作成したグラフィックを配置する場合、リンクか埋め込みのいずれかでアートワークを表示します。リンク配置と埋め込み配置では、Illustrator 上での表示は同じですが、オブジェクトやファイルの扱いに違いがあります。

A-1. リンク配置

リンク配置では、配置されたアートワークは元のファイルからリンクされているだけのため、Illustrator ドキュメントそのものには含まれません。このため、ドキュメントのサイズは埋め込み配置の場合より小さくなります。リンクされたアートワークは変形ツールや効果を使用して編集できますが、アートワークの各構成要素を選択して編集することはできません。また、リンク元のファイルが無くなるとアートワークを表示することができなくなります。

A-2. 埋め込み配置

埋め込み配置では、作成したファイルのコピー自体が Illustrator 書類に埋め込まれるので、リンク配置よりもファイルサイズは大きくなります。また、PDF、PSD、EPS などのファイル形式を埋め込んだ場合、Illustrator 上でオブジェクトを編集することが可能です。例えば、アートワークに含まれるベクトルデータを編集したり、元データのグループやレイヤー構造を保持したまま編集することも可能です。

※埋め込み配置した画像は、簡単に解除し、画像をすばやく編集可能な状態にしたり、他の人から受け取ったアートワークに埋め込まれたファイルを抽出したりすることができます。

B. アートワークの配置(読み込み)方法

  1. Illustrator を起動し、既存のドキュメントを開くか、新規ドキュメントを作成します。
  2. ファイル/配置 を選択し、配置ダイアログボックスを開きます。

  3. 配置ダイアログボックスで配置するファイルを選択し、次のいずれかの操作を行います。
    ・ 埋め込み配置を行う場合は、「配置」ボタンをクリックします。
    ・ リンク配置を行う場合は、「リンク」にチェックをいれ、「配置」ボタンをクリックします。

  4. ポインターがグラフィック配置アイコンに変わったら、ドキュメントをクリックして、アートワークが配置されます。

C. 複数のアートワークを配置(読み込み)する方法

  1. Illustrator を起動し、既存のドキュメントを開くか、新規ドキュメントを作成します。

  2. ファイル/配置 を選択し、配置ダイアログボックスを開きます。

  3. 配置ダイアログボックスで配置するファイルを「Shift(Option)」キーまたは、「Ctrl(Command)」キーを押しながら複数選択し、「配置」ボタンを押します。
    ※ 必要に応じて、下部にあるチェックボックスから「リンク」や「読み込みオプションを表示」を選択します。

  4. Illustrator ドキュメントで、ポインターがグラフィック配置アイコンに変わったら、以下の方法で配置します。
    ・配置したい位置にポインターを合わせクリックします。元のサイズで画像が配置されます。
    ・配置したい位置にポインターを合わせ、任意のサイズにドラックします。ドラックしたサイズで配置されます。   
    ※ 左向き矢印キーと右向き矢印キーを使用して、読み込んだファイルのリスト内を移動できます。小さくプレビューされるので、希望の順番で配置できます。

  5. ドキュメントにアートワークが配置されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー