この文書では、Adobe Illustrator のブラシツールについて説明します。

A. ブラシの選択方法

ブラシツールは、ツールパネルで選択することで利用できます。また、個々のブラシは、新規でオリジナルを作成するほか、ブラシパネルやブラシライブラリから選択したり、既存ブラシを変更したりして利用します。

ブラシパネルを表示するには、ウィンドウ/ブラシ を選択します。ブラシパネルのオプションメニューから、新規ブラシを作成したり、プリセットブラシを開いたりできます。

B. ブラシの種類

Illustrator のブラシには、カリグラフィブラシ、散布ブラシ、アートブラシ、パターンブラシ、絵筆ブラシの 5 種類があります。ブラシツールを使って、様々な線でパスを描いたり、作成したパスにブラシストロークを適用することができます。各ブラシは、ダブルクリックすることでオプションダイアログボックスが表示され、設定を変更することが可能です。

  

B-1. カリグラフィブラシ

ペン先が斜めにカットされたカリグラフィペンで描いたような線を、パスの中心を基準に作成します。

  • 角度 : ブラシの回転角度を設定します。プレビューボックス内の矢印をドラッグするか、「角度」ボックスに値を入力します。
  • 真円率 : ブラシの丸みを設定します。プレビューボックス内で黒い点を外側または内側にドラッグするか、「真円率」テキストボックスに値を入力します。この値を大きくするほど、ペン先が丸くなります。
  • 直径 : ブラシの直径を設定します。直径スライダーを使用するか、値を「直径」ボックスに入力します。
    各オプションの右側にあるポップアップメニューで、ブラシの形状の変位を調整します。

B-2. 散布ブラシ

グラフィックなどのオブジェクトをパスに沿ってランダムに散布します。 

  • サイズ : オブジェクトのサイズを指定します。
  • 間隔 : 散布オブジェクト間の間隔を指定します。
  • 散布 : 各散布オブジェクトとパスとの距離を指定します。この値が高いほど、オブジェクトがパスから離れた位置に散布されます。
  • 回転 : 散布オブジェクトの回転角度を指定します。
  • 回転の基準 : ページまたはパスを基準にした散布オブジェクトの回転角度を設定します。例えば、「ページ」を選択すると、回転角度が 0 度の場合、オブジェクトの上部とページの上部が同じ向きになります。「パス」を選択すると、回転角度が 0 度の場合、オブジェクトはパスに対して垂直になります。各オプションの右側にあるポップアップメニューで、ブラシの形状の変位を調整します。



B-3. アートブラシ

チョークや木炭で描いたような線を描くことができます。ブラシのストロークはパスの長さに合わせて伸縮します。

  • : オブジェクトを元の幅を基準にして調整します。「幅」オプションのスライダーを使用して幅を指定できます。アートブラシの幅ポップアップメニューには、拡大・縮小の変位を調整できるペンタブレットのオプションとして、筆圧、スタイラスホイール、傾き、方位、回転があります。初期設定のアートブラシの線幅は 100 %です。
  • ブラシ伸縮オプション : 伸縮するオブジェクトの縦横比を維持します。「縦横比を保持して拡大・縮小」、「ストロークの長さに合わせて伸縮」および「ガイド間で伸縮」のオプションを使用できます。
  • 方向 : ブラシパスを作成する場合のオブジェクトの方向を指定します。矢印をクリックして方向を設定します。 はアートの左側を線の終端にします。 はアートの右側を線の終端にします。 はアートの上側を線の終端にします。 はアートの下側を線の終端にします。
  • 軸に沿って反転、軸を基準に反転 : パスを基準にしてオブジェクトの方向を決定します。
  • 彩色 : 線の色および彩色方法を選択します。ポップアップメニューから様々な彩色方法から選択できます。「色合い」、「色合いと陰影」および「色相のシフト」の各オプションを利用できます。
  • 折り重なり : オブジェクト境界の結合部および折り目が重ならないようにするには、重なりの調整ボタン を選択します。

B-4. パターンブラシ

パスの形状にしたがって、定義されたパターンで描画されます。パターンはサイド、内角、外角、パターンの最初、パターンの最後の 5 つのタイルで定義されます。

  • 拡大・縮小 : 元のサイズを基準にしてタイルのサイズを調整します。「拡大・縮小」オプションのスライダーを使用して拡大・縮小を指定します。パターンブラシの「拡大・縮小」ドロップダウンリストには、拡大・縮小の変位を調整できるペンタブレットのオプションとして、筆圧、スタイラスホイール、傾き、方位、回転があります。
  • 間隔 : タイルの間隔を調整します。
  • タイルのボタン : パスの各部分に異なるパターンを適用できます。定義するタイルのボタンをクリックし、スクロールリストからパターンスウォッチを選択します。必要に応じてこの手順を繰り返し、残りのタイルにパターンスウォッチを適用します。
  • 軸に沿って反転、軸を基準に反転 : パスを基準にしてパターンの方向を指定します。
  • フィット : パスの形に合わせてタイルを配置する方法を指定します。「タイルを伸ばしてフィット」を選択すると、パスに合わせてパターンタイルが伸縮されます。このオプションを選択すると、パターンが不均等になる場合があります。「間隔をあけてパスにフィット」を選択すると、パスに合わせてパターンタイルの間に空白が挿入されます。「中心をずらしてフィット」を選択すると、タイルが中心線以外の位置でパス上に配置されます。このオプションを選択すると、パターンがパスの中心ではなく、わずかに内側や外側にずれて適用されて、パターンが均等になります。
  • 彩色 : 線の色および彩色方法を選択します。ドロップダウンリストを使用して、様々な彩色方法から選択できます。「色合い」、「色合いと陰影」および「色相のシフト」の各オプションを利用できます。

A-5. 絵筆ブラシ

本物の絵筆のようなブラシストロークを作成します。 

  • 形状 : パスの描画アピアランスが異なる 10 種類の絵筆ブラシから選択します。
  • サイズ : ブラシサイズはブラシの直径です。物理的なブラシと同様に、絵筆ブラシの直径は、毛とハンドルのつなぎ目(フェルール)で計測されます。絵筆のサイズは、スライダーを使用するか、提供されているテキストフィールドにサイズを直接入力することで、指定できます。範囲は 1 mm ~ 10 mm です。元のブラシ定義からのブラシサイズは、ブラシパネルのブラシプレビューに表示されます。
  • 毛の長さ : 毛の長さは、毛とハンドルのつなぎ目から毛先までの長さです。毛の長さは、他の絵筆ブラシのオプションと同様に、毛の長さスライダーをドラッグするか、「毛の長さ」フィールドに目的の値(25 ~ 300 %)を指定して、設定で

    きます。
  • 毛の密度 : 毛の密度は、ブラシの付け根の一定のエリア内にある毛の量です。この属性は、他の絵筆ブラシオプションと同様に設定できます。値の範囲は 1 ~ 100 %で、ブラシのサイズと毛の長さによって算出されます。
  • 毛の太さ : 毛の太さは、非常に細かい太さから粗い太さまで(1 ~ 100 %)指定できます。毛の太さも、他の絵筆ブラシの設定と同様に、スライダーをドラッグするか、太さを示す値をフィールドに入力して指定します。
  • ペイントの不透明度 : 使用するペイントの不透明度を設定できます。ペイントの不透明度は、1 %(半透明)~ 100 %

    (不透明)で指定できます。指定した不透明度の値が、ブラシで使用できる最大限の不透明度になります。数字キー(0

    ~ 9)は、100%(=0)、10%(=1)、90%(=9)というように絵筆ブラシストロークの不透明度を設定するショートカットとして使用できます。それ以外の場合、例えば 35 と連続して入力した場合、不透明度は 35 %に設定されます。356 と連続して入力した場合、不透明度の値は 56(最後の 2 桁)に設定されます。00 で終わる数字はすべて 100 %に設定されます。
  • 硬さ : 硬さは、ブラシの柔軟性を示します。毛の硬さの値を低く設定すると、毛はしなやかになります。値を高く設定すると硬くなります。毛の硬さは、1 ~ 100 %の範囲で指定できます。



C. ブラシライブラリ

ブラシライブラリは、Illustrator に付属のプリセットブラシの集まりです。複数のブラシライブラリを開き、その中から必要なブラシを選択できます。Illustrator には、以下のような多数のプリセットブラシが用意されています。

ブラシのグループ 1 ブラシのグループ 2 ブラシの数
アート アート_インク 23
アート アート_カリグラフィ 27
アート アート_スクロールペン 12
アート アート_ペイントブラシ 18
アート アート_木炭・鉛筆 19
アート アート_水彩 12
ベクトルパック グランジブラシベクトルパック 7
ベクトルパック 手書きブラシベクトルパック 7
ボーダー ボーダー_デコレーション 29
ボーダー ボーダー_ノベルティ 30
ボーダー ボーダー_フレーム 9
ボーダー ボーダー_プリミティブ 17
ボーダー ボーダー_ライン 16
ボーダー ボーダー_幾何学模様 20
ボーダー ボーダー_破線 16
ワコム 6D ブラシ 6d アートペンブラシ 24
画像ブラシ 画像ブラシライブラリ 10
矢印 パターン矢印 40
矢印 矢印_標準 33
矢印 矢印_特殊 36
絵筆ブラシ 絵筆ブラシライブラリ 14
装飾 装飾_バナーとシール 23
装飾 装飾_分割線 24
装飾 装飾_散布 39
装飾 豪華なカールブラシとフローラルブラシのセット 56

D. オリジナルブラシの作成方法

Illustrator では、独自の設定で新しく、カリグラフィブラシ、散布ブラシ、アートブラシ、パターンブラシおよび絵筆ブラシを作成することができます。作成オプションはブラシによって異なります。また、散布ブラシ、アートブラシおよびパターンブラシについては、使用するアートワークを作成する必要があります。

  1. Illustrator を起動し、ウィンドウ/ブラシ を選択して、ブラシパネルを開きます。
  2. 散布ブラシ、アートブラシ、パターンブラシを作成する場合は、アートワークを作成し、選択します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ブラシパネルの新規ブラシボタン をクリックします。
    • ブラシパネルのオプションメニューから、「新規ブラシ」を選択します。
    • 選択したアートワークをブラシパネルにドラッグします。

  4. 新規ブラシダイアログボックスで作成するブラシの種類を選択し、「OK」をクリックします。

  5. 各ブラシのオプションダイアログボックスが表示されるため、設定を行い、「OK」をクリックします。
    ※ 各ブラシのオプション設定については、こちらをご確認ください。

  6. ブラシパネルに新しく追加されます。

 

手順説明の動画

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー