内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Illustrator でオブジェクトの一部を消去する方法について説明します。

消しゴムツール

Illustrator でオブジェクトの一部を消去するには、消しゴムツールを使用します。消しゴムツールでは、Photoshop でピクセルを消去するのと同じくらい簡単に、アートワーク内の領域を消去することができます。消去する幅や形状、および滑らかさを指定することもできます。消去した部分には新しいアンカーポイントが生成されるので、複雑なシェイプの作成にも威力を発揮します。

消しゴムツールオプション

ツールパネルのツールをダブルクリックすると、消しゴムツールのオプションを変更できます。オプションでは、以下のような設定で消去する幅、形状および滑らかさをコントロールできます。

角度

ツールの回転角度を設定します。 プレビューボックス内の矢印をドラッグするか、「角度」テキストボックスに値を入力することで変更できます。

真円率

ツールの丸みを設定します。 プレビューボックス内で黒い点を外側または内側にドラッグするか、「真円率」テキストボックスに値を入力します。 この値を大きくするほど、ペン先が丸くなります。

サイズ

ツールのサイズを設定します。 サイズスライダを使用するか、「サイズ」テキストボックスに値を入力し、各オプションの右側にあるポップアップメニューで、ツールの形状の変位を調整します。

  • 固定

    決められた角度、丸みまたは直径を使用します。
  • ランダム

    角度、丸みまたは直径がランダムに変位します。 「変位」テキストボックスに、ブラシの特性の変化する範囲を指定する値を入力します。 例えば、「サイズ」を 15 に設定して、変位を 5 に設定した場合、ブラシの直径は 10 ~ 20 の範囲で変化します。
  • 筆圧

    描画するペンの筆圧に基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。 このオプションは、直径とあわせて使用すると便利です。 グラフィックタブレットが利用できる場合にのみ使用可能です。 オリジナルの値に対してブラシの特性がどのように変化するかを指定する値を「変位」テキストボックスに入力します。 例えば、「真円率」を 75%に設定して、「変位」を 25%に設定した場合、最低筆圧で 50%、最高筆圧で 100%の真円率が適用されます。 筆圧が低いほど、ブラシストロークが鋭くなります。
  • スタイラスホイール

    スタイラスホイールの操作に基づいて直径が変化します。
  • 傾き

    描画するペンの傾きに基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。 このオプションは、真円率とあわせて使用すると便利です。 ペンの傾きの方向を検出できるグラフィックタブレットがある場合にのみ使用可能です。
  • 方位

    描画するペンの筆圧に基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。 このオプションは、カリグラフィブラシの角度を制御するために使用すると便利です。特にペイントブラシに類似したブラシを使用している場合に便利です。 ペンの垂直に対する近さを検出できるグラフィックタブレットがある場合にのみ使用可能です。
  • 回転

    描画するペンの先端の回転方法に基づいて、角度、丸みまたは直径が変化します。 このオプションは、カリグラフィブラシの角度を制御するために使用すると便利です。特にフラットペンに類似したブラシを使用している場合に便利です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー