この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

 内容 (What's Covered)

A. システムの問題を確認します

B. 破損した文書のトラブルシューティング

C. 問題が解決しない場合

C-1. 異なる環境での検証

C-2. ユーザーフォーラム

C-3. 文書の再作成

Adobe InDesign  で文書の編集中にエラーや予期しない動作が発生した場合、編集中の文書が破損することがあります。InDesign がシステムクラッシュや停電によって強制終了した場合には、InDesign の自動修復機能により文書の破損を防ぐことができます。しかし、ソフトウェア間のコンフリクトやハードディスクの空き容量不足、あるいはウイルスなど、その他のシステムレベルの問題で発生する破損は防ぐことができません。

 この文書は、文書の破損を特定して問題を解決するための方法を紹介します。また、文書が破損する原因となるシステムレベルの問題を特定し、解決できる可能性があります。

A. システムの問題を確認します

 InDesign のエラーや予期しない動作は、コンピューターの潜在的な問題によって発生する可能性があります。文書が破損しているかどうかを確認する前に、お使いのコンピューターで問題が発生していないかを確認します。例えば、ディスクユーティリティの実行や、基本的なシステムメンテナンスを行うことによって、文書の破損に関連する潜在的な原因が改善される可能性があります。お使いのコンピューターでシステムのメンテナンスおよびトラブルシューティングを行う方法について詳しくは、コンピューターの製造元へ問い合わせるか、コンピューターに付属のマニュアルやヘルプを参照してください。

 

B. 破損した文書のトラブルシューティング

以下の操作を順序どおりに行います。

 注意 : 以下のトラブルシューティングを行う前に、文書のバックアップを作成してください。トラブルシューティングを行う際に、文書の編集や削除などの操作を行うため、文書のコピーをバックアップとして保存しておくことによって情報を簡単に復元することができます。文書がネットワークボリュームや CD やフラッシュドライブなどのリムーバブルメディアに保存されている場合は、ローカルハードディスクにコピーを保存してください。

 B-1. サポートデータベースの検索

頻繁に問題が発生している場合は、以下の弊社サポートデータベースを検索します。発生している問題によっては、技術文書に記載されている固有の解決方法に従い操作を行う必要があります。

サポートデータベース URL : http://www.adobe.com/go/support_faq_jp

 InDesign 文書を開けない場合は、以下のいずれかの文書を参照してください。

文書番号 227355 文書が開けない場合のトラブルシューティング(Windows 版 InDesign)

文書番号 cpsid_83984 文書が開けない場合のトラブルシューティング(Macintosh 版 InDesign)

 

 B-2. 最新のアップデーターをインストール

InDesign の[ヘルプ] メニューから [アップデート] を選択して最新バージョンをダウンロードし、インストールします。以下の弊社 Web サイトからアップデータおよびインストール手順を入手することもできます。

Windows : http://www.adobe.com/jp/support/downloads/idwin.html

Macintosh : http://www.adobe.com/jp/support/downloads/idmac.html

 

 B-3. 破損した環境設定ファイルのトラブルシューティング

InDesign の環境設定ファイル「InDesign SavedData」「InDesign Defaults」には、プラグインや、機能、アプリケーションの設定などが格納されています。環境設定ファイルが破損することにより、InDesign 文書での作業中に予期しない動作が発生する場合があります。問題の原因が環境設定ファイルの破損によるものかどうかは、環境設定ファイルを再作成することによって簡単に特定することができます。

 注意 : InDesign 環境設定ファイルを再作成すると、カスタマイズした設定が削除されるため、アプリケーションの設定が初期化されます。環境設定ファイルの再作成を行う前に必ず InDesign を終了し、InDesign が正しく動作していないことを確認してください。

InDesign 環境設定ファイルを再作成するには、以下のいずれかの操作を行います。

ショートカットキーを使用して再作成する場合 :

  1. InDesign を終了します。
  2. 以下のキーを押しながら InDesign を起動します。

    Windows : Crtl + Alt + Shift キー

    Macintosh : Control + Option + Command + Shift キー

     
  3. 「InDesign 環境設定ファイルを削除しますか?」と表示されたら [はい] をクリックします。





     
  4. 環境設定ファイルが削除され、InDesign が起動します。起動時に環境設定ファイルが再作成されます。

手動で再作成する場合 :

  1. InDesign を含む、すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップして移動します。



    InDesign CS3 の場合 :

    Windows Vista

    - C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\InDesign\Version 5.0-J\InDesign Defaults

    - C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\InDesign\Version 5.0-J\Caches\InDesign SavedData

    Windows XP

    - C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Adobe\InDesign\Version 5.0-J\InDesign Defaults

    - C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Adobe\InDesign\Version 5.0-J\Caches\InDesign SavedData

    Macintosh

    - Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe InDesign/Version 5.0-J/InDesign Defaults

    - Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Caches/Adobe InDesign/Version 5.0-J/InDesign SavedData



    InDesign CS4/CS5 の場合 :

    Windows 7/Vista

    - C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\InDesign\Version <6.0 または 7.0>-J\ja_JP\InDesign Defaults

    - C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\InDesign\Version <6.0 または 7.0>-J\ja_JP\Caches\InDesign SavedData

    Windows XP

    - C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Adobe\InDesign\Version <6.0 または 7.0>-J\ja_JP\InDesign Defaults

    - C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Adobe\InDesign\Version <6.0 または 7.0>-J\ja_JP\Caches\InDesign SavedData

    Macintosh

    - Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe InDesign/Version <6.0 または 7.0>-J/ja_JP/InDesign Defaults

    - Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Caches/Adobe InDesign/Version <6.0 または 7.0>-J/ja_JP/InDesign SavedData

     
  3. InDesign を起動します。起動時に環境設定ファイルが再作成されます。

環境設定ファイルの再作成後も問題が再現する場合、環境設定ファイルの破損が原因ではありません。手動で再作成を行った場合は、新しく作成されたファイルを削除し、手順 2. で移動したファイルを元の場所に戻すことでカスタマイズした設定を復元することができます。

 

 B-4. InDesign 互換形式での書き出し

InDesign CS3 の場合 :

文書を InDesign 互換形式(*.inx)で書き出すことによって文書内のデータが再構築されるため、破損したデータが修復される可能性があります。

以下の操作を行います。

  1. InDesign で文書を開きます。
  2. [ファイル] メニューから [書き出し] を選択します。
  3. [ファイルの種類](Windows)/[フォーマット](Macintosh)ポップアップメニューから [InDesign 互換]を選択します。
  4. ファイル名と保存先を指定して [保存] をクリックします。
  5. 手順 4. で書き出したファイルを InDesign で開きます。

InDesign CS4/CS5 の場合 :

文書を InDesign マークアップ形式(*.idml)で書き出すことによって文書内のデータが再構築されるため、破損したデータが修復される可能性があります。

以下の操作を行います。

  1. InDesign で文書を開きます。
  2. [ファイル] メニューから [書き出し] を選択します。
  3. [ファイルの種類](Windows)/[フォーマット](Macintosh)ポップアップメニューから [InDesign マークアップ(IDML)]を選択します。
  4. ファイル名と保存先を指定して [保存] をクリックします。
  5. 手順 4. で書き出したファイルを InDesign で開きます。

 

 B-5. 変換した文書の検証

Adobe PageMaker や QuarkXPress、または以前のバージョンの InDesign のファイルを変換した文書で問題が発生している場合、元のファイルを InDesign で再度読み込み、文書の再変換を行います。再変換後も問題が再現する場合は、ファイルを作成したアプリケーションでファイルを開き、データが破損していないか確認します。破損した PageMaker または QuarkXPress ファイルは、InDesign でも破損したまま変換される可能性があります。

PageMaker 文書が破損した場合のトラブルシューティングについては、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 215627 破損した文書に対するトラブルシューティング(PageMaker)

QuarkXPress 文書で問題が発生している場合は、以下の弊社技術文書および Quark 社 Web サイトを参照してください。

文書番号 232960 QuarkXPress 3.3 ~ 4.11 ファイルを開く(InDesign CS3)

文書番号 219980 QuarkXPress 3.3/4.x 文書を開く際のエラーまたはフリーズのトラブルシューティング(InDesign CS/2.0)

Quark 社 Web サイト

URL : http://www.quark.co.jp/service/

 

 B-6. スタイルの破損を検証

InDesign で作成した文字スタイルや段落スタイル、または他の文書から読み込んだスタイルが破損していることによって問題が発生する場合があります。スタイルの破損を検証するには、文書からスタイルを削除して文書を上書き保存します。

文字スタイルを削除するには、以下の操作を行います。

  1. InDesign で文書を開きます。
  2. [書式] メニューから [文字スタイル] を選択します。
  3. [文字スタイル] パネルで、[なし] 以外の項目をすべて選択します。

    ※ 複数のスタイルを同時に選択するには、Ctrl キー(Windows)/Command キー(Macintosh)を押しながら項目をクリックします。
  4. パネルメニューから [スタイルを削除] を選択します。

段落スタイルを削除するには、以下の操作を行います。

  1. InDesign で文書を開きます。
  2. [書式] メニューから [段落スタイル] を選択します。
  3. [段落スタイル] パネルで、[なし] 以外の項目をすべて選択します。

    ※ 複数のスタイルを同時に選択するには、Ctrl キー(Windows)/Command キー(Macintosh)を押しながら項目をクリックします。
  4. パネルメニューから [スタイルを削除] を選択します。

 

 B-7. フォントの破損を検証

発生する問題が破損したフォントに関連しているかどうかを特定するために、文書で使用しているフォントをすべて Arial または Times New Roman などの標準的なフォントに変更します。詳細については、以下の弊社技術文書を参照してください。

文書番号 223209 環境にないフォントに関するトラブルシューティング(InDesign CS/CS2)

フォントを変更して問題が解決した場合、以前使用していたフォントが破損しているか、または 1992 年より以前に作成された古いフォントである可能性があります。フォントを再インストールするか、製造元から最新バージョンのフォントを入手してインストールします。

 

  B-8. オブジェクトやグラフィックの破損を検証

マスターページまたは文書のページに含まれるオブジェクトやグラフィックが破損していることによって問題が発生する場合があります。文書からページを削除して問題が解決するか確認します。以下の操作を行う前に、あらかじめ空のページやペーストボードに配置されている不必要なオブジェクトおよびグラフィックを削除し、削除後も問題が再現することを確認してください。

 注意 : 以下の操作を行う前に、必ず文書のコピーを保存してバックアップを作成してください。

ページを削除するには、以下の操作を行います。

  1. InDesign で文書を開きます。
  2. [ページ] パネルを表示し、選択ツールで削除するページを選択します。

    ※ 複数のページを選択するには、Ctrl キー(Windows)/Command キー(Macintosh)、または Shift キーを押しながらページまたはスプレッドをクリックして選択します。
  3. [ページ] パネルでゴミ箱のアイコンをクリックします。
  4. 確認のメッセージが表示されたら [OK] をクリックします。
  5. 問題を再現します。

問題が再現する場合 :

残りのページに含まれている要素が破損している可能性があります。問題が再現しなくなるまで手順 2. ~ 5. の操作を繰り返し行い、原因となるページを特定します。

問題が再現しない場合 :

削除したページに問題の原因となる要素が含まれている可能性があります。文書を保存せずに閉じて再度開くか、バックアップした文書のコピーを開き、上記手順で削除していないページを削除します。残りのページで問題が再現することを確認したら、問題が再現しなくなるまで手順 2. ~ 5. の操作を繰り返し行い、原因となるページを特定します。

問題の原因となるページが特定できた場合は、ページに配置されているグラフィックや InDesign で描画したオブジェクト、テキストフレームなどを削除し、再配置または再作成します。

 

  B-9. ページの破損を検証

既存の文書から新規文書にページをコピーすることによって、ページ単位の破損を特定することができます。新規文書にページをコピーし、問題が再現するか確認します。特定のページをコピーした後に問題が再現する場合は、コピー元のページを文書から削除してページを再作成します。

以下の操作を行います。

  1. InDesign で文書を開きます。
  2. [ファイル] メニューから [新規] - [ドキュメント] を選択します。
  3. [新規ドキュメント] ダイアログボックスで必要な設定を行い [OK] をクリックします。
  4. [ウインドウ] メニューから [アレンジ] - [横に並べて表示] または [縦に並べて表示](InDesign CS3)/[並べて表示](InDesign CS4/CS5)を選択します。
  5. 既存文書のウインドウを選択します。
  6. [ページ] パネルでページまたはスプレッドを 1 つ選択し、新規文書のウインドウにドラッグ&ドロップします。
  7. [ページを挿入] ダイアログボックスが表示されたら [OK] をクリックします。
  8. ページがコピーされたら、新規文書を保存して問題を再現します。

問題が再現する場合 :

どのページをコピーしても問題が再現する場合、マスターページや文書内のページ構造が問題の原因ではありません。必要に応じて、B-6. または B-7. の手順を繰り返し行います。

問題が再現しない場合 :

既存文書に含まれるページのいずれかが問題の原因となっている可能性があります。問題が再現するまで上記手順 5. ~ 8. の操作を繰り返し行い、原因となるページまたはスプレッドを特定します。問題が発生するページまたはスプレッドが特定できた場合は、既存の文書から原因となるページまたはスプレッドを削除し、再作成します。

 

 B-10. 文書の他のコピーを入手します

メディアの破損やネットワーク上の問題によって文書が破損する場合があります。メールや FTP、または CD や Iomega 社 Zip ディスクなどのリムーバブルメディア経由で文書を受け取っている場合は、異なる方法で文書を再度入手します。メールの添付ファイルとして文書を受け取っている場合は、文書内のデータを保護するために、WinZip、あるいは Smith Micro 社 StuffIt を使用して文書を圧縮して再送信してもらうよう依頼してください。

 

 C. 問題が解決しない場合

上記のトラブルシューティングをすべて行っても問題が改善されない場合は、以下のいずれか、または複数の操作を行います。

 C-1. 異なる環境での検証

異なるコンピューターで文書を開き、問題が再現するか確認します。問題が再現しない場合、ソフトウェアまたはハードウェアのコンフリクトなど、以前使用していたコンピューターで固有の問題が発生している可能性があります。

 

 C-2. ユーザーフォーラム

以下の弊社ユーザーフォーラムにおいて、弊社製品を使用しているユーザーから同じような問題が報告されているかを参照することができます。

URL : http://www.adobe.com/jp/support/forums/

 

 C-3. 文書の再作成

上記すべての操作を行っても問題が解決しない場合は、文書を再作成します。定期的にバックアップを作成して、読み込んだ要素が問題の原因となっていないか検証を行ってください。

 

文書番号 232357 文書作成の推奨ワークフロー(InDesign CS2/CS3)

文書番号 223212 使用している InDesign のバージョンよりも新しい InDesign で作成されたファイルが開けない

文書番号 227355 文書が開けない場合のトラブルシューティング(Windows 版 InDesign)

文書番号 cpsid_83984 文書が開けない場合のトラブルシューティング(Macintosh 版 InDesign)

文書番号 233916 Windows XP でのシステムエラーまたはフリーズ発生時のトラブルシューティング(InDesign CS3)

文書番号 233803 Windows Vista でのシステムエラーまたはフリーズ発生時のトラブルシューティング(InDesign CS3)

文書番号 231438 システムエラーまたはフリーズ発生時のトラブルシューティング (Macintosh 版 InDesign CS3)

文書番号 234581 システムエラーまたはフリーズ発生時のトラブルシューティング(Windows 版 InDesign CS4/InCopy CS4)

文書番号 234592 システムエラーまたはフリーズ発生時のトラブルシューティング(Macintosh 版 InDesign CS4/InCopy CS4)

文書番号 cpsid_84656 おかしいなと思ったら:Windows 版 InDesign CS5

文書番号 cpsid_84654 おかしいなと思ったら:Macintosh 版 InDesign CS5

文書番号 219980 QuarkXPress 3.3/4.x 文書を開く際のエラーまたはフリーズのトラブルシューティング(InDesign CS/2.0)

Troubleshoot damaged InDesign documents*(TechNote kb403982)

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー