内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Acrobat に付属しているソフトウェアである Acrobat Distiller について説明します。

A. Adobe Distiller とは

Acrobat Distiller は、Acrobat に付属しているソフトウェアで、PostScript ファイル (PSファイル) を PDF に変換するためのものです。PostScript ファイルは、Illustrator などの書き出し可能なアプリケーションで作成します。Acrobat Distiller では、PostScript ファイル以外のファイルを変換することはできません。

あらかじめ指定した設定で PDF を簡単に作成することができ、主に DTP、印刷関連のプロフェッショナルユーザーの方が使用します。Acrobat Distiller では、用意されている定義済みの設定ファイルを使用して、使用目的に応じた PDF に変換することができる他、PDF の品質やサイズをカスタマイズすることもできます。

Microsoft Office などから PDF を作成する際には、Acrobat Distiller 以外を使った方法が用意されています。詳細は次の文書をご参照ください。

- Acrobat を使用した PDF の作成方法について 

B. PostScript ファイルから PDF を作成

Acrobat Distiller ウィンドウから、PostScript ファイルを PDF に変換することができます。作成する PDF に文書を開いたり編集する際のパスワードを設定することも可能です。

  1. スタートメニューから Acrobat Distiller を起動します。

    ※ Acrobat から起動するには、ツール/印刷工程/ Acrobat Distiller を選択します。
  2. 「デフォルト設定」ポップアップメニューから、Adobe PDF 設定ファイルを選択します。



  3. 必要に応じて、設定/セキュリティ を選択し、暗号化レベルを設定します。



  4. 次のいずれかの方法を使用して PostScript ファイルを開くと、変換処理が開始されます。

     注意 : ファイルの変換が開始される前にキューを確認する場合は、以下の操作を実行する前に「一時停止」ボタンをクリックしておきます。「再開」ボタンをクリックするとキューが開始されます。

    ・ ファイル/開く を選択し、PostScript ファイルを選択して「開く」をクリックします。

    ・ PostScript ファイルを Acrobat Distiller ウィンドウにドラッグします。



  5. 変換処理が終了すると、PDF ファイルが作成されます。

C. PDF の設定

Acrobat Distiller ウィンドウで、文書を PDF ファイルに変換するための Adobe PDF 設定の編集を行うことができます。初期設定をカスタマイズするには、目的の出力に最も近い設定を選択して、PDF 作成の目的に応じて設定を変更します。カスタマイズした設定内容は保存することができ、配信することも可能なので、他のコンピュータやユーザと共有し、一貫した PDF 作成を行うことができます。

  1.  Acrobat Distiller を起動し、カスタム設定のひな形として使用する定義済みのオプションセットを、「デフォルト設定」ポップアップメニューから選択します。



  2. 設定/Adobe PDF 設定の編集 を選択します。



  3. Adobe PDF 設定ウィンドウで、設定をカスタマイズします。



  4. 次のいずれかの方法で、設定を保存します。

    ・ 「OK」をクリックして、カスタムプリセットファイルの複製を保存します。名前は自動的に変更されます。

    ・ 「名前を付けて保存」をクリックし、ファイルを説明する新しい名前を入力して、「保存」をクリックします。



    カスタムファイルは、以下の場所に保存されます。

    Windows(Vista 以外) : Documents and Settings¥[ ユーザー名]¥ApplicationData¥Adobe¥Adobe PDF¥Settings

    Windows Vista : ユーザー¥[ ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Adobe PDF¥Settings

    Mac OS : ユーザー/[ ユーザー名]/ ライブラリ/Application Support/Adobe/PDF/Settings 

D. 監視フォルダーの設定

Acrobat Distiller では、「監視フォルダー」に指定した特定のフォルダー内で PostScript ファイルを監視するように設定することができます。

監視フォルダーを設定すると、監視フォルダーとして指定したフォルダー内に「in」および「out」フォルダーが作成されます。Acrobat Distiller は「in」フォルダー内に PostScript ファイルを見つけると、自動的にそのファイルを PDF に変換し、変換した PDF ファイルは「out」フォルダーに保存されます。

  1.  Acrobat Distiller で、設定/監視フォルダーを選択します。



     
  2. 「フォルダーを追加」ボタンをクリックし、監視フォルダーとして指定するフォルダーを選択します。

    指定した場所に、「in」フォルダーと「out」フォルダーが自動的に作成されます。
  3. フォルダーに対してセキュリティオプションを定義するには、フォルダーを選択し、「セキュリティを編集」ボタンをクリックします。

    ※ セキュリティを設定したフォルダー名の前にはセキュリティアイコンが付きます。フォルダーに設定したセキュリティを解除するには、フォルダーを選択し、「セキュリティをクリア」ボタンをクリックします。



  4. 以下のいずれかの方法で、フォルダーの Adobe PDF 変換設定を設定します。

    ・ フォルダーに適用する Adobe PDF 設定を編集するには、フォルダーを選択し、「PDF 設定を編集」ボタンをクリックして、Adobe PDF 設定を編集します。「OK」をクリックすると、設定内容がfolder.joboptions として監視フォルダーに保存されます。

    ・ 既存の Adobe PDF 設定を使用するには、フォルダーを選択し、「PDF 設定を読み込み」ボタンをクリックします。任意の設定を選択し、「OK」をクリックします。
  5. ファイル処理を管理するためのオプションを設定します。

    ・ フォルダーをチェックする間隔を秒単位で指定します。

    ・ PostScript ファイルの変換後の処理を選択します。PDF ファイルと一緒に out フォルダーに移動、または削除を選択します。ログファイルも自動的に out フォルダーにコピーされます。

    ・ 一定の期間の経過後に PDF を削除するには、日数を入力します。PostScript ファイルおよびログファイルも同時に削除されます。



  6. 設定が完了したら、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー