この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

A. カタログとは

Adobe Photoshop Lightroom のカタログは、写真の保存場所や情報を保存し追跡するデータベースファイルです。写真の編集やレーティング、キーワード追加など、Photoshop Lightroom で行った写真に対する変更情報がカタログに保存され、元の写真が編集されることはありません。

注意:

Photoshop Lightroom のカタログはコレクションとは異なります。コレクションはカタログ内の構成ツールです。詳細については、Photoshop Lightroom ヘルプ「写真のコレクション」を参照してください。

Photoshop Lightroom 初回起動時、空のカタログファイル(Lightroom 5 Catalog.lrcat)が自動的に生成されます。初期設定のまま使用を開始する場合は、空のカタログファイルが開いた状態で「読み込み」ボタンをクリックします。

カタログの基本的な情報については、Photoshop Lightroom ヘルプ「Lightroom カタログの基本」を参照してください。

B. 新規カタログを作成または別のカタログを開く方法

  • 新規カタログの作成
    Photoshop Lightroom を起動し、ファイル/新規カタログを選択します。カタログの保存場所とカタログのファイル名を指定して、「作成」をクリックします。
  • 別のカタログを開く
    ファイル/カタログを開くを選択し、カタログの保存場所に移動して「開く」をクリックします。
  • Photoshop Lightroom 起動時に開くカタログを選択する
    編集/環境設定(Windows)または Lightroom/環境設定(Mac OS)を選択し、「一般」タブの「カタログ初期設定」セクションで Photoshop Lightroom 起動時のオプションを選択します。オプションについて詳しくは、Photoshop Lightroom ヘルプ「初期設定のカタログの変更」を参照してください。

注意:

何百万枚もの写真を扱いパフォーマンスを懸念する場合以外は、Photoshop Lightroom で複数のカタログを使用することを推奨していません。単一および複数のカタログ使用における賛否については、Adobe TV で Julieanne Kost 氏による Single or Multiple Catalogs in LR3?(英語)を参照してください。

C. Photoshop Lightroom の新しいバージョンで以前のカタログを開く方法

新しいバージョンの Photoshop Lightroom にアップグレードし、以前のバージョンで作成したカタログを開くと、Photoshop Lightroom によってカタログもアップグレードされます。アップグレードによって生成されたカタログファイルには、以前のバージョンのカタログで読み込んだ写真や関連付けられているメタデータなどの情報がすべて含まれます。また、以前のバージョンで作成したカタログファイルは元の状態のまま保持されます。

  1. Photoshop Lightroom を起動します。

  2. ファイル/カタログを開くを選択し、以前のバージョンで使用していたカタログファイル(*.lrcat)を選択して「開く」をクリックします。

  3. 再起動の確認メッセージが表示されたら「再起動」をクリックします。

  4. 「アップグレード」ボタンをクリックします。

注意:

カタログのアップグレード時に問題が発生する場合は、以前のバージョンの Photoshop Lightroom でカタログを開き、新規カタログとして書き出します。カタログの書き出しが完了したら、上記手順を再度行いカタログをアップグレードします。カタログの書き出し手順については、Photoshop Lightroom ヘルプ「カタログの組み合わせまたは結合」を参照してください。

D. カタログの保存場所

初期設定では Photoshop Lightroom によって以下のフォルダーにカタログが保存されます。

Windows : C:\Users\<ユーザー名>\Pictures\Lightroom

Mac OS : Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ピクチャ/Lightroom

Photoshop Lightroom のカタログおよびその他重要なファイルが保存されている場所については、以下の弊社技術文書を参照してください。

注意:

移動したカタログの保存場所が分からない場合は、Windows エクスプローラーまたは Mac OS の Finder で「lrcat」を検索してください。

E. ネットワーク上へのカタログ保存について

Photoshop Lightroom のカタログをネットワーク上に保存することはできませんが、写真を保存することはできます。Photoshop Lightroom のスマートプレビューを使用すると、写真が保存されているネットワークドライブやコンピューターに接続していない状態でも写真を編集できます。

F. カタログを移動する方法

Photoshop Lightroom のカタログは、コンピューター内のフォルダーや外付けハードディスク、異なるコンピューターに移動することができます。Windows エクスプローラーや Mac OS Finder を使用して、以下のファイルを新しい場所にドラッグ&ドロップまたはコピー&ペーストします。

  • カタログ : <カタログ名>.lrcat
  • プレビュー : <カタログ名> Previews.lrdata
  • スマートプレビュー(Lightroom 5 のみ): <カタログ名> Smart Previews.lrdata
    ※ スマートプレビューファイルは使用環境により存在しない場合があります。スマートプレビューファイルを手動で生成するには、ライブラリ/プレビュー/スマートプレビューを生成を選択します。

カタログを移動する際は、写真および Photoshop Lightroom のアプリケーションファイルを移動しないよう注意してください。カタログを移動した後に Photoshop Lightroom でカタログや写真が見つからない場合は、N. 見つからないカタログを検索する方法または O. カタログ内で見つからない写真を検索する方法を参照してください。

Windows から Mac OS など、異なるコンピューター間でカタログを移動するには、移動元のコンピューターで USB フラッシュメモリや外付けハードディスクなどの外部記憶媒体にカタログおよびプレビュー、写真などの必要なファイルをコピーします。必要なファイルをコピーした外部記憶媒体を移動先のコンピューターに接続し、任意の場所にコピーします。

異なるコンピューター間でカタログを移動する方法については、Adobe TV で Julieanne Kost 氏による How to migrate Lightroom to another computer(英語)も参照してください。

G. カタログ名を変更する方法

Photoshop Lightroom のカタログ名は、Windows エクスプローラー/Mac OS Finder で変更することができます。カタログ名を変更する場合は、付随するプレビューおよびスマートプレビューのファイル名も変更します。

  1. Photoshop Lightroom を終了します。

  2. Windows エスクプローラー/Mac OS Finder でカタログおよびプレビューファイルが保存されているフォルダーを開きます。

    ※ プレビューファイルはカタログと同じ場所に保存されています。

  3. カタログを含む 3 つのファイル名を変更します。例えば、Lightroom 5 Catalog というカタログ名を My trip catalog に変更する場合は、下記のように変更します。

    ※ プレビューファイルの「Previews」は必ず残してください。

    旧ファイル名 新ファイル名
    Lightroom 5 Catalog.lrcat My trip catalog.lrcat
    Lightroom 5 Catalog Previews.lrdata My trip catalog Previews.lrdata
    Lightroom 5 Catalog Smart Previews.lrdata My trip catalog Smart Previews.lrdata

    注意:

    スマートプレビュー(<カタログ名> Smart Previews.lrdata)は、Photoshop Lightroom 5 以降で生成されるファイルです。

名前を変更したカタログファイルがコンピューター内で見つからない場合は、N. 見つからないカタログを検索する方法を参照してください。

H. カタログのバックアップ

Photoshop Lightroom では、アプリケーション終了時にカタログのバックアップを自動的に作成できます。バックアップのタイミングは、1 ヶ月または 1 週間に 1 回など複数のオプションから選択できます。カタログのバックアップオプションを設定するには、以下の操作を行います。

  1. Photoshop Lightroom を起動し、編集(Windows)/Lightroom(Mac OS)メニューからカタログ設定を選択します。

  2. カタログ設定ダイアログボックスが表示されます。「一般」タブの「バックアップ」セクションでカタログのバックアップポップアップメニューから任意のバックアップスケジュールを選択し、「OK」をクリックします。

    注意:

    カタログのバックアップを手動で作成するには、カタログのバックアップポップアップメニューから Lightroom の次回終了時を選択します。

注意:

Mac OS の解凍ユーティリティが初期設定で 4 GB を超過するファイルを処理できず、その結果カタログが破損しているとレポートされるため、Mac OS 版 Photoshop Lightroom CC/6.1 では、4GB を超えるサイズのカタログは圧縮されません。

注意:

重要 : カタログのバックアップを作成しても、カタログに読み込んだ写真のオリジナルファイルや参照先はバックアップされません。カタログのバックアップと復元について詳しくは、Photoshop Lightroom ヘルプ「カタログのバックアップ」を参照してください。

I. カタログの最適化について

カタログの最適化では様々な処理が実行されます。

  • 処理速度を高速化するため、カタログ内のデータを再構築します。
  • 最速の処理を適用できるよう、データベースのデータがアップデートされます。

J. カタログの削除

Photoshop Lightroom のカタログを削除するには、Windows エクスプローラー/Mac OS Finder でカタログが保存されているフォルダーを開き、以下のファイルを削除します。

  • カタログ : <カタログ名>.lrcat
  • プレビュー : <カタログ名> Previews.lrdata
  • スマートプレビュー(Lightroom 5 のみ): <カタログ名> Smart Previews.lrdata

カタログを削除する際、写真や Photoshop Lightroom のアプリケーションファイルを削除しないよう注意してください。カタログから写真を削除する方法については、Photoshop Lightroom ヘルプ「カタログからの写真の削除」を参照してください。また、Photoshop Lightroom をアンインストールする方法については、文末の関連情報を参照してください。

K. カタログの統合または異なるカタログから写真を移動する方法

複数のカタログを統合または異なるカタログから写真を移動するには、以下の操作を行います。

  1. ファイル/カタログを開くを選択し、統合または写真を読み込むためのカタログを開きます。

  2. ファイル/別のカタログから読み込みを選択し、追加する写真を含むカタログを選択して「開く」(Windows)/「選択」(Mac OS)をクリックします。

    ※ 以前のバージョンで作成したカタログを選択した場合、カタログがバックグラウンドでアップグレードされます。

  3. カタログ"<カタログ名>"から読み込みダイアログボックスが表示されたら、以下の操作を行います。

    1. 「カタログの内容」セクションで読み込む写真が含まれているフォルダーにチェックを入れます。
    2. 「新しい写真」および「変更した既存の写真」セクションで処理方法を選択します。設定について詳しくは Photoshop Lightroom ヘルプ「他の Lightroom カタログからの写真の読み込み」を参照してください。
  4. 「読み込み」をクリックします。

  5. その他のカタログからも写真を追加する場合は、手順 1.~4. の操作を繰り返し行います。

注意:

カタログの統合については、Adobe TV で Julieanne Kost 氏の Merging individual catalogs into a master catalog(英語)も参照してください。

L. 複数のコンピューターで同一のカタログを使用する方法

ノートパソコンとデスクトップパソコンなど、複数のコンピューターで同一のカタログを使用する簡単な方法は、外付けハードディスクに Photoshop Lightroom のカタログおよび写真を保存することです。Photoshop Lightroom の環境設定で、外付けハードディスクに保存したカタログを開くよう設定しておきます。

M. カタログに読み込み可能な写真の枚数について

Photoshop Lightroom のカタログに読み込み可能な写真の枚数は特別に制限されていません。カタログ内のデータが大きく、Photoshop Lightroom の動作が遅くなる場合は、以下の弊社技術文書を参照してください。

N. カタログに読み込み可能な写真の最大サイズについて

Photoshop Lightroom 2 以降では縦または横の寸法が最大 65,000 ピクセル、または 512 メガピクセルまでサポートしています。

Photoshop Lightroom 1 では最大 10,000 x 10,000 ピクセルまで読み込み可能です。

O. 見つからないカタログを検索する方法

カタログを移動、または名前を変更した場合、Photoshop Lightroom の起動時に「Lightroom カタログが見つかりません」というメッセージが表示されることがあります。このダイアログボックスが表示された場合は以下の操作を行い、移動または名前を変更したカタログを開きます。

  1. 確認ダイアログボックスで「別のカタログを選択」ボタンをクリックします。

  2. カタログを選択ダイアログボックスに移動または名前を変更したカタログが表示されていない場合は、「別のカタログを選択」ボタンをクリックします。

  3. カタログが保存されているフォルダーを開き、カタログを選択して「開く」(Windows)/「選択」(Mac OS)をクリックします。

    ※ Photoshop Lightroom の初期設定では、以下の場所にカタログが保存されます。

    • Windows : C:\Users\<ユーザー名>\Pictures
    • Mac OS : Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ピクチャ/Lightroom
  4. カタログを選択ダイアログボックスで、手順 3. で選択したカタログを選択し「開く」をクリックします。

P. カタログ内で見つからない写真を検索する方法

Windows エクスプローラーや Mac OS Finder で写真やビデオを移動すると、Photoshop Lightroom のカタログで見つからないファイルとして検出される場合があります。カタログに読み込んだ写真が見つからない場合、ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップのサムネイルに エクスクラメーションマーク(Photoshop Lightroom 5)または  クエスチョンマーク(Photoshop Lightroom 4 以前)のアイコンで「写真が見つかりません」と表示されます。現像モジュールでは、写真のプレビュー上に「写真が見つかりません」(Photoshop Lightroom 5)または「"<ファイル名>"というファイルはオフラインになっているか、見つかりません」または「フォルダーが見つかりませんでした」(Photoshop Lightroom 4 以前)というメッセージが表示されます。

カタログ内で見つからないファイルを検索するには、以下の操作を行います。

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示で「写真が見つかりません」アイコンをクリックします。

  2. 確認ダイアログボックスが表示されます。「検索」ボタンをクリックして写真が保存されているフォルダーを開きます。

  3. 見つからないファイルと同じファイル名の写真を選択し、「選択」ボタンをクリックします。

「フォルダーが見つかりませんでした。」と表示される場合も同様の手順で検索できます。ライブラリモジュールのフォルダーパネルで クエスチョンマークが表示されているフォルダーを右クリック(Windows)/Control+クリック(Mac OS)し、見つからないフォルダーを検索を選択します。見つからないフォルダーを検索ダイアログボックスでフォルダーを選択し、「フォルダーの選択」または「選択」ボタンをクリックします。

注意:

カタログ内で写真やビデオが検出できなくなる問題を回避するには、オペレーティングシステムではなく、Photoshop Lightroom を使用してファイルやフォルダーを移動します。詳細については、Photoshop Lightroom ヘルプ「写真の他のフォルダーへの移動」または「Locate missing photos」、「見つからない写真の検索」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー