この文書は、Adobe Photoshop Elements で画像の背景を透明にするさまざまな方法を紹介します。画像の背景を透明にすると、その下にあるオブジェクトが透けて見え、また透明を含む画像は Web などでも多く利用されています。

 Photoshop Elements では、透明領域は以下の画像のように白とグレーの市松模様で表示されます。

画像の背景を透明にする

背景を透明にするには、以下の A.~D. のいずれかの操作を行います。

※透明を保持したまま保存できるファイル形式については、E. を参照してください。

A. 新規ファイル作成時に背景を透明にする

新規ファイルを作成する際に背景を透明にするには、以下の操作を行います。

  1. Photoshop Elements を起動します。

  2. ファイル/新規 を選択します。

  3. 新規ダイアログボックスの「プリセット」セクションで、カンバスカラーを「透明」に設定します。

  4. 「OK」をクリックすると、背景が透明の状態で新規ファイルが開きます。

B. 背景を範囲選択で消去して透明にする

透過する領域を範囲選択し、消去することで透明にするには、以下の操作を行います。

  1. Photoshop Elements を起動します。

  2. レイヤーパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/レイヤー を選択し、レイヤーパネルを表示します。

  3. レイヤーパネルにある「背景」レイヤーをダブルクリックします。

  4. 新規レイヤーダイアログボックスが表示されたら、名前はそのままで「OK」をクリックします。

  5. 画像内で、透明にしない領域を「クイック選択ツール」で選択します。

  6. 選択範囲/選択範囲を反転 を選択します。

  7. 透過する領域だけが選択された状態になります。

  8. キーボードの Delete キーを押すと、背景が透明化されます。

C. 「背景消しゴムツール」を使用して背景を透明にする

「背景消しゴムツール」を使用すると、画像内をドラッグするだけで背景を透明化することができます。背景消しゴムツールを使用して背景を透明にするには、以下の操作を行います。

  1. ツールボックス内の「消しゴムツール」を選択します。

  2. 画面下のツールオプションで、「背景消しゴムツール」を選択します。

  3. 画像をドラッグすると、ドラッグした領域だけが透明になります。

D. 「マジック消しゴムツール」を使用して背景を透明にする

「マジック消しゴムツール」は、隣接する同じ色合いの領域を一度にまとめて消去することができます。 マジック消しゴムツールを使用して背景を透明にするには、以下の操作を行います。

  1. ツールボックス内の「消しゴムツール」を選択します。

  2. 画面下のツールオプションで、「マジック消しゴムツール」を選択します。

  3. 透明にする領域をクリックすると、クリックした色の領域が消去されます。

    注意:

    注意:マジック消しゴムツールは、背景が単色の場合に使用すると一度に消去することができます。背景が複雑な場合は、背景消しゴムツールを使用するか、範囲選択で消去することをお勧めします。

E. 背景を透過した場合の適切な Web 用保存形式

ウェブ上で利用される多くの画像は、主に以下の形式でアップロードされます。

  • JPEG 形式
  • GIF 形式
  • PNG 形式

この中で透明機能をサポートしているのは、GIF 形式 と PNG 形式です。JPEG 形式は透明をサポートしていないため、保存する際には注意が必要です。

透明を含む GIF 形式 または PNG 形式として保存するには、以下の a. または b. のいずれかを行います。

a. Web 用に保存ダイアログボックスを使用する方法

  1. ファイル/Web 用に保存 を選択します。

  2. Web 用に保存ダイアログボックスが表示されたら、プリセットセクションの中のプルダウンメニューから「GIF」、「PNG-8」、「PNG-24」のいずれかを選択し、「透明部分」のチェックを入れます。

    ※ ここでは「PNG-24」を選択します。

    注意:

    注意: PNG-8 形式はブラウザーによっては対応していない場合があります。PNG-24 形式は写真に適した形式で、ファイルサイズは大きくなりますが、最大1600万色もの色を表示することができます。

  3. 必要に応じてサイズなどの設定を行い、「保存」ボタンをクリックします。

b. 名前をつけて保存ダイアログボックスを使用する方法

  1. ファイル/別名で保存 を選択します。

  2. 名前をつけて保存ダイアログボックスが表示されたら、ファイルの種類から「CompuServe GIF(*.GIF)」または「PNG(*.PNG;*.PNS)」を選択します。

  3. 「保存」ボタンをクリックします。

    • CompuServe GIF の場合 :
      インデックスカラーダイアログボックスが表示されたら、「透明」にチェックを入れて「OK」をクリックします。次に表示される GIF オプションダイアログボックスでは、「標準」を選択して「OK」をクリックします。

    注意:

    インターレースとは、回線速度が遅い場合に画像をモザイク状から徐々に表示していく表示形式です。

    • PNG の場合 :
      PNG オプションダイアログボックスが表示されたら、圧縮セクションでいずれかを選択し、インターレースセクションでは「なし」を選択して「OK」をクリックします。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー