Photoshop Elements のクイック補正機能を使えば、写真を簡単に補正することができます。

コントラストを調整して、より鮮明な写真に仕上げたり、カラーを補正して、一味違う雰囲気の写真に仕上げたりできます。 初めてでも簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください!  

クイック補正機能を使ってみる

まずは、クイック補正機能を使って簡単に明るさを調整できるので暗く写ってしまった写真を明るくしてみましょう!

  1. Photoshop Elements を起動して、[写真の編集] ボタンをクリックします。

  2. 編集画面が表示されたら、編集する写真を開きます。

  3. 画面上部の [クイック] タブをクリックし、クイック編集モードにします。

    ※画面左上の [表示] プルダウンメニューから、必要に応じてプレビュー表示の切り替えができます。 補正前・補正後のいずれかの写真を表示、または補正前後の写真を並べて表示することができます。

    ※ [編集] メニューから [復帰] を選択し、補正前の画像に戻すことができます。

  4. パネルに表示されている、[スマート補正] をクリックし、スライダーや9枚のプレビュー画像、自動ボタンなどで最適な調整をします。

    ※思いどおりの結果にならなかった場合は、[編集] メニューから [復帰] を選択し、補正前の画像に戻すことができます。

  5. 手順4と同様に、各補正を重ねていくと理想の補正ができます。 ここでは例として、[露光補正] と [ライティング] を足していきます。

    写真が明るく補正されました!

追加情報 (Additional Information)

そのほかの画像補正オプションで補正した例は、以下のとおりです。

  • [露光量] 光の量を調整して明るくしたり暗くしたりできます。
  • [ライティング] 影(シャドウ)の部分と明るい(ハイライト)部分、その中間の部分を薄くしたり濃くしたりできます。
  • [カラー] 画像の色味や鮮やかさを調整できます。
  • [バランス] たとえば、蛍光灯の下で撮った青みがかった人物画像を、血色のよい肌色にすることができます。
  • [シャープ] ちょっとボケてしまった画像をピントを合わせたように調整できます。

画像補正オプションについてもっと詳しく知りたい方は、Photoshop Elements ヘルプ「クイック補正でのカラーの補正」を参照してください。

画像補正はうまくいきましたか?失敗したら編集メニューから復帰を選択して、何度でもチャレンジしてみてくださいね。 クイック補正機能で素早く簡単に写真をきれいにして、素敵に仕上げられるようになるといいですね。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー