グラデーションマップを使い、写真の背景の色を変化させる簡単な方法を説明します。

グラデーションマップとは、画像の暗い部分から明るい部分にかけての明るさの移り変わりを、設定したグラデーション色に当てはめて表現するツールです。例えば人物写真の背景をモノクロやセピアにして、人物は写真の色味を残したり、写真内の明暗を別のグラデーションカラーに変化させて面白い写真にすることも可能です。

  1. Photoshop Elements を起動して、[写真の編集] をクリックします。

  2. 編集画面が表示されたら、編集する画像を開きます。

  3. 画面上部にある [エキスパート] をクリックして、エキスパート編集画面にします。

  4. [レイヤー] メニューの [新規調整レイヤー] にカーソルを合わせて [グラデーションマップ] を選択します。

  5. [新規レイヤー] 画面が表示されたら、[OK] をクリックします。

  6. [グラデーションマップ] 画面が表示されたら、白黒のグラデーションバーをクリックします。

    ※ グラデーションの左側が暗い影の部分に反映され、右側にいくにつれ明るい光の部分に反映されます。

  7. [グラデーションエディター] 画面が表示されたら、グラデーションの色を以下のように変更します。

    1. グラデーションのカラーバーの下にある [カラー分岐点] を選択します。
    2. [カラー] をクリックします。
    3. [カラーピッカー(ストップカラー)] 画面が表示されたら、適用する色を選択します。
    4. 色の明暗や彩度をクリックして選択します。画面右上が一番鮮やかな色です。
    5. [カラーピッカー(ストップカラー)] 画面の [OK] をクリックします。
  8. カラーの [分岐点] を以下のように追加します。追加したら色の変更は手順 7 と同様です。グラデーションのカラーバーの下にカーソルを合わせカーソルが変化したら、クリックします。

  9. [グラデーションエディター] 画面の [OK] をクリックします。

    グラデーションマップの設定は以上で完了です。

  10. 次に、元画像の色彩を部分的に表示させる方法を説明します。

    [レイヤー] パネルの [グラデーションマップ1] レイヤーを選択します。

  11. [カラー] の [描画色] を黒に設定します。

  12. 元画像の色彩を表示させたい部分を塗りつぶします。
    ※ここでは [ブラシツール] を使用します。[ツールオプション] を開きブラシのサイズやフチのシャープなブラシやソフトなブラシなど変更しながら塗りつぶしていくときれいに塗れます。

    以上で、元画像の色彩を部分的に表示させる手順は完了です。

背景は変更できましたか?

塗りつぶすグラデーションではなく、写真の明暗にグラデーションをかけていくので予想外の効果が生まれますね!いろいろグラデーションエディターを操作して試してみてください!

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー