Photoshop Elements で写真にコピーライトなどの透かし文字を入れる方法を説明します。

透かし文字はたとえば画像にコピーライトを入力するときなどに使います。ブログやホームページに自分で作成した画像を載せる際、無断使用を防止するためコピーライトの透かし文字を画像に入れておくとよいでしょう。

ここではバッチ処理機能の [ラベル] セクションを使用してコピーライトの透かし文字を適用します。

  1. バッチ処理をしてみよう」の手順 5 までの操作を行います。

    ※ 選択する写真は 1 枚でも問題ありません。

  2. 複数ファイルをバッチ処理ウィンドウが表示されたら、右側の [ラベル] セクションで透かし文字を設定します。

  3. プルダウンリストで [透かし] を選択し、[カステムテキスト] にコピーライトの文字を入力します。その他の項目も任意で設定します。

    ※ 不透明度やフォントの色は、透かし文字を配置する場所の色味によって目立つように変更してください。

  4. 設定が完了したら、ウィンドウ右下の [OK] をクリックします。

  5. 処理が完了したら、バッチ処理後の画像の保存先に指定したフォルダーを開き、画像を確認してみましょう。透かし文字が適用されていることが確認できます。

    以上で、写真に透かし文字を入力する手順は、完了です。

写真に透かし文字を入力することはできましたか?

バッチ処理で行うことができるので、複数枚を一括で適用することができて便利ですね。インターネット上に自分で作成した画像を載せる際は、ぜひコピーライトを入れてみてください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー